映画評「タンポポ」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1985年日本映画 監督・伊丹十三
ネタバレあり

伊丹十三監督第二作。初鑑賞当時伊丹作品の中で一番感心したのが実はこの作品だが、今観ると些か散漫であります。

タンクローリーの運転手・山崎努が相棒・渡辺謙と、たんぽぽ(宮本信子)が営む寂れたラーメン屋・来々軒に立ち寄り、成り行きでラーメン作りを指南することになる、というお話が、「シェーン」のような股旅西部劇を思わせる設定の下で展開する。

次々とラーメンに関する蘊蓄が紹介され、強力な助っ人を得て、店名も女主人の名から<タンポポ>と変えて新装開店。店の成功を見取った彼は去っていく。

85年当時高級料理でもないラーメンをテーマにこんなに面白い作品が出来るものかと感心したが、今の若い人は多分そう驚かないだろう。しかし、当時は食べ物をかくもなめるように扱う映像はなかったのでそれこそ驚いたものである。世界的に見てもグルメ映画なる分野が本格化するのはこの作品以降であるということを頭に入れて鑑賞してもらいたいですね。デンマーク映画「バベットの晩餐会」などもこれより後。

本筋とは関係ないところで食べ物にまつわる幾多の挿話が漫談的に紹介されるが、漫談のような扱いではなくきちんと紹介されるヤクザ・役所広司の物語は本筋との関係においてどう理解したものか。

それはともかく、この映画がパロディー的に扱っているのは西部劇だけではなく、サイレント時代の邦画、終戦直後の邦画、果てはアラン・レネなのかなと想像させる演出まで披露され、映画マニアほど楽しめる作品に仕立てられている。

エンドタイトルのバックは母乳を飲む赤子。ははあ、これが人間にとっての最初のグルメ体験、てなところですかな。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『タンポポ』この映画を見て!

    Excerpt: 第130回『タンポポ』  今回紹介する作品は見た後に無性にラーメンが食べたくなる『タンポポ』です。初監督作品「お葬式」で高い評価を受けた伊丹十三の監督の第2作目に当たるこの作品。伊丹監督は食べ物を素材.. Weblog: オン・ザ・ブリッジ racked: 2006-11-24 00:06
  • タンポポ

    Excerpt: 基本は寂れたラーメン店をよみがえらせる話です。 食にまつわる話が多々あり、どれもこれも楽しいです。 コメディ映画として上出来です。こういう作品がめっきり減りましたね。 Weblog: 娯楽の殿堂 racked: 2007-02-07 05:58