映画評「お葬式」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1984年日本映画 監督・伊丹十三
ネタバレあり

1984年に日本に突然天才監督が登場した。伊丹十三である。元々俳優として十分名の知られた存在であり、それ以上に戦前の天才監督・伊丹万作の息子ということで、デビュー作とは言え注目度は高かったが、期待以上の腕前を披露したのがこの作品である。20年ぶりの再鑑賞。

男優・山崎努が女優である妻・宮本信子の父親の急死で、急遽葬式の仕切ることになるが、式の手順やら僧侶との対応など分からぬことばかりで目を白黒、やがて親類縁者どもが次々と押し寄せ、さらには愛人までも姿を見せてんやわんやの大騒ぎの果て、何とか義父の骨を収めて一同を見送る。

色々と注目すべきところのある作品で、まず【葬儀のやり方のすべて】といったマニュアル的要素が挙げられる。この映画から既に伊丹監督作品=マニュアル映画という公式は作られていたことになる。その後この路線を継承する脚本家(一色伸幸など)が現れ、日本映画にハリウッド的娯楽映画が続々と現れるようになる。その意味でもこの作品は後世に残る作品と言って良い。

それから人間観察の面白さと確かさがある。お経の間人々が足をもじもじさせたり、子供たちが喧嘩したりするのはよく見かける風景だが、何と言っても傑作なのは、死人の兄に扮する大滝秀治の言動で「死体は北枕」と言っていつまでも方角を確認している場面など抱腹絶倒だ。

「マルサの女」以降の作品に比べてオフ・ビート感が強く、バランスを崩しているのではないかと思える部分もあるが、初演出としては全く上出来と感嘆せざるをえない。監督夫人だった宮本信子も抜群。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

viva jiji
2006年07月06日 14:04
この傑作はずーっとずーっともう一度(観れば4回目)観たいと思い続けてレンタル屋さんから帰る頃、「あら、また忘れたわ!」作品なのです。伊丹十三はもし私の知り合いだったら金輪際つきあいたくないキャラ(彼のエッセイは総て読了、前夫人の時から彼のファン!)ですがプロフェッサーのおっしゃる通り稀に見る「天才」であり「根性なし!」です。「タンポポ」を愛でる方は多いのですが私は絶対この「お葬式」!“高瀬春菜とのシーンは、いらない”とかゴチャゴチャ言われてますが本作の全シーン、ことごとく「にっぽん人の」「お葬式の」「映画」そのものです!
オカピー
2006年07月06日 21:14
viva jijiさん、こんばんは。
私も「タンポポ」派なのですが、公開された時は「お葬式」のキネマ旬報1位に対し「タンポポ」はベスト10圏外でやや残念だった記憶があります。かのImdbでもアカデミー賞を取った作品が高く評価されるのを見ても、やはり皆さん権威には弱い。それだけ作品を見抜く自信がないから、寄らば大樹の陰になってしまう。故に「たかがベスト10、されどベスト10」と思うところであります。
そこへ行くとviva jijiさんは映画を観るスタンスがはっきりしていてかつ正確で、素晴らしいです。どしどしコメントを寄せてくださいね。
最近コメント欠乏症なんです。

この記事へのトラックバック