映画評「模倣犯」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2002年日本映画 監督・森田芳光
ネタバレだらけ、未見の人読むべからず

宮部みゆきの同名原作はベストセラーということだが、映画を観る時に<百害あって一利なし>なので、原則的に戦後の文学は(映画を観る前には)読まないことにしている。

豆腐屋を営む山崎努が孫娘(伊東美咲)の失踪に遭う。捜査の進展のないまま10ヵ月後、連続女性殺人事件の一つとして女性の片腕とショルダーバッグが発見される。彼の孫娘のものだった。これが前半部分で、山崎努のナレーションを中心に進み、非常にミステリアスな展開で興味をそそる。

3分の1強を過ぎた頃から飲食店を営む藤井隆が登場して、作品はミステリーで言う倒叙型の展開に変る。些かまだるっこいし、サイト掲示板かチャットの書き込みが用いられすぎてうるさいが、この形而上的とも取れる羅列的な言葉の意味は無視したほうが良いだろう。無意味とは言わないまでも分りにくくなるだけである。

藤井は犯人ではなく、サイコな真犯人ピース(中居正広)とその相棒・津田寛治の二人に利用されていたことが判明。犯罪事件関係の女性記者・木村佳乃の夫を別荘に呼び出して殺害、その殺害犯として彼を利用したのである。その死体をトランクに詰めた車を津田が運転するが、車には細工がしており崖から落下する。車には藤井もこっそり乗り込んでいた為一石三鳥的に事件が進む。

その後中居はマスメディアを利用する露出作戦を敢行、コメンテーターとして事件を解説するまでに至る。以前の事件の繋がりで中居を疑い始めた女性記者はTVの討論番組で嘘の事件をでっちあげ彼をその模倣犯と罵倒する。計画的に自分が真犯人であることを告白した中居は自爆、その後彼の子供を山崎に託す幕切れは両義的で評価に迷うのだが、多くの方が言っていることは見当違いである(下記参照)。

この映画に対する世間の評価は異様に低い。バッシングと言って良いほどである。しかし、その評価の低さは的を射たものではない。

原作と映画版を比較するのは大いに結構であるが、<原作よりつまらないから映画として劣る>ということには100%ならない。それはあくまで原作との比較であり、映画としての評価にならないことなどは小学生でも分かろうというものだが、鬼の首でも取ったようにこきおろすのは一体どういう料簡だろうか。原作と比較してこき下ろしたい人は、映画を話す場所ではなく、小説あるいは宮部みゆきを語り合う場所で爆発させて戴きたいものである。

次に学芸会並みと評されることも多い中居正広の演技。恐らくは主にその台詞回しを指しているのだろうが、終始無表情を強制させられるような演技に名演の類は期待できるものではない。抜群とは言えないとしても、その限りでは十分合格範囲である。

訳が分らないという人も多いが、中盤の書き込みに惑わされなければさほど難解ではない。これはヒッチコックが「ロープ」で扱ったものと全く同一のテーマ、即ち、自分の天才性を完全犯罪という形で世に示そうとして結局失敗するという物語だが、「ロープ」にはなかった新味としてはマスコミへの露出がある。
 彼の生い立ちなどは実際にはヒッチコックの言うマクガフィン(無意味な仕掛け)に過ぎない。原作者の意図はいざ知らず、映画版ではその程度の扱いであるし、(ジャンルによって異なるが)社会性の有無など映画の評価に基本的に関係がない。

最後の爆破がちゃちという人もいる。しかし、監督の森田芳光がここをハリウッド映画のようにリアルで迫力満点に作る気など毛頭もなかったことは、彼の死体の残骸が黒い紙切れのようにゆっくり舞っていることを見れば容易に分ろうというものである。体が爆発すれば血と肉片だらけになり、とてもではないが映画的な映像にはならないという判断ではないか。
 但し、監督の意図はともかく、笑いを誘ってしまうので、この場面は失敗に帰したようである。

最後に山崎努の元に赤ん坊が届けられるラスト・シーンの意味。
 かなり両義的なものであるが、一つは、死んだ後も老人を苦しめようという主人公・ピースの悪魔的な魂胆を示す。
 もう一つは僕の勝手な解釈だが、森田芳光の観客との知能合戦である。「(一見)安直な幕切れはTVの長編ミステリーへの強烈な皮肉なのだが、それが分るかな」といった程度の。多分殆どの人が負けた。

「話題性(原作及び中居正広の出演)に乗じた駄作」と評した人がいるが、僕はこう言いたい、「話題性に乗じて悪口の言い放題」と。恐らく原作が無名で中居が出演しなければ、これほど酷評されることはなかったであろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

FROST
2005年12月22日 01:55
どうもオカピーさん今晩は。結構高得点ですね、レビューを読んで理解しました。この映画の前半はサイコな雰囲気がぷんぷんしてて好きなんですよ。特に小池栄子を殺した津田寛治のために偽装の手紙を書くシーンで、中居の台詞に歌うような抑揚がついてるあたりすごいなと。そう思っただけに、後半のテレビ出演から自爆があんまりつまらなくてがっかりでした。全体的に見るとやっぱり△以下かなぁ。
オカピー
2005年12月22日 14:22
FROSTさん、こんにちは。
実際は6点でも良かったのでしょうが、世の酷評に反して予想外に楽しめたので、知らず高得点に繋がったような気がします。
私も前半はたいそう気に入っていて、「これはとんでもない傑作では?」などと観ていましたが、後半は竜頭蛇尾で、まあまあになってしまいました。原作ファンは映画を観るべきではないですね。観るなら悪態をつくべきではないですし、少なくともそれをもって映画評などと言ってもらっては困ります。
2006年04月23日 10:24
 オカピーさん、こんにちは。TBとコメントをありがとうございました。なぜ、このように罵倒され放題、中傷だらけの不毛な意見ばかりで、映画評が埋め尽くされてしまうのか、理解できないほど、不当な扱いをされていますね。
 「踊る阿呆と観る阿呆」とは言いますが、映画ファンは「観てナンボ」ですから、悪口言いたい放題の「踊る阿呆(観てないんじゃないかな、このひとたち)」の戯言には付き合う必要は無いですね。
 これに「読んだ阿呆(小説ファン)」が加わると、さらに訳が解らない意見が寄せられたりします。小説ファンのサイトで言えばよい意見を、映画サイトに言ってもまったく無意味です。
オカピー
2006年04月24日 01:08
 用心棒さん、こんばんは。
 私にしてもこの作品を絶賛しているわけではないのですが、少人数が良い出したらそれこそ悪口雑言の連鎖で、宮部みゆきが監督の森田芳光に対し怒っているといった噂も飛びましたが、あれは原作派によるデマでしょう。何故なら宮部自身が森田を指名したのですから、もしそれが本当だとしたら彼女も問題です。爆笑問題の出演も原作ファンには文字通り問題だったでしょう。 
chibisaru
2006年10月08日 17:11
こんにちは。
原作を読んでましたが、前半はとても面白く感じられました。
後半でのピースの描き方がどうにも中途半端で残念。
ピースの生い立ちじゃなくて、なんていうんだろう、観客さえもが犯人だとわかっていてもピースの魅力に参ってしまいそうなくらいの人物に仕立て上げていてくれたら、もっと面白くなったような気がしてなりません。

自爆シーンに関しては、監督の意図がわかりつつも失笑しただけになってしまいました。

子供のシーンは、捨て子を簡単に養子に出来るのだろうか?手続きは?などと現実的なことを考えてしまいとってつけたような印象。事件が終わっても豆腐屋の主人には、事件を忘れなくさせてやろうというような魂胆のように思えてなりませんでした。子供がいる限り思い出すであろう辛さを一生味わえとでもいっているかのようでした。
オカピー
2006年10月09日 01:56
chibisaruさん、こんばんは。
ピースについては中居君の限界でしょう。しかし、世間で言われているほど「こんなひどい映画観たことがない」というほどに彼が貢献しているとも思われませんよね。

幕切れの意味は、死んだ後もいじめてやろうということでしょう。
とってつけたような印象も一つは計算のうちでしょうね。「TVの長編ミステリーなんてのは所詮こんなもんだぜ」という。

しかし、60年間も映画批評をやってきた登川直樹さんというベテランの映画批評家がかなり買っていましたよ。私もそこまでは買わないですが、60年もやってこられた実績は無視すべきではないと思いますね。この作品にはそれだけの潜在能力があるということですよ。
yusa
2006年10月09日 03:11
はじめまして。

中居正広は悪くなかったと思います。
が、本・演出があまりに酷い。
もし山崎努がいなければと思うと恐ろしくなりますよ。

「無名監督が無名原作を無名出演者で撮っていたならばこのような低評価は・・・」
なんてのは無意味な仮定です。
そうでない以上、厳しい評価に晒されるのは当然のことでしょう。

余談ですが、何万本見たとか何十年批評してきたとかでどうこういうのは
心の中だけにしたほうがいいですよ。
実際、単なる古典偏重主義にすぎない自称映画通もいれば、最近映画を見始めた高校生でもドキっとするような鋭い見方をするひともいますしね。
オカピー
2006年10月09日 20:54
yusaさん、貴重なご意見、有難うございます。
が、反論をする前に、文章はよくお読みになること、よく理解すること、そして反論の仕方を勉強してくださいな。

映画が最終の形で現れたものにより評価されるのは当然であります。
本作がバッシングされた理由は原作を根拠し、有名役者を根拠にしたものである。観客が頭の中で偏見に捉われて評価している事実をそういう反語の形で批判しているのです。
現に私は原作を読まず中居に偏見なくこの映画を観ましたが、私は仮定の存在ではない。手も足もついている人間です。要は、映画の実力とは別のところ(原作への傾倒と役者への偏見)で評価が下され、それも依存体質的な若者が他人の酷評に乗って実力とはかけ離れた評価が大勢を占めた、ということです。

理論が「本と演出がひどい」という貴殿の偏見でスタートしている。
私がその意見は基本的に間違っているというところからスタートしている以上、貴殿はそこを論破すべきでしょう。(続く)
オカピー
2006年10月09日 20:55
そもそも「ひどい」と言うからには、1カット、1シーンをつぶさにノートにでも書き取った上での評価でしょうね? そうした言葉はそれくらい努力を重ねずに軽々に言うものではありませんよ。

本作の演技陣は脚本と演出に遥かに及ばないというのが私の考え。しかし、多くの方が曰うように、中居が映画を無価値にしたとは全く思っていないというだけ。中居は大嫌いです。その辺りは勘違いされないで戴きたい。

経歴は自慢のために書いたわけではありません。同じことを書いても経験によって意味が違ってくるから書いているのです。
古い映画が好きな人は多い。しかし、映画は新旧ではなく、良い悪いで語るべきであります。その一方で、古い映画を大事にしない人は映画を語る資格がないのは言うまでもない。例えば、単なる古典の作り直しに過ぎない「パルプ・フィクション」を新しい映画などと奉っているのを観れば、いかに古い映画を観ていない映画ファン、映画批評家が多いか解る。(続く)
オカピー
2006年10月09日 21:02
映画評で重要なのは、鋭い意見ではなく、精度の高い論評です。人生経験も映画経験の薄い高校生には、鋭い意見を発することは出来ても精度の高い批評は到底無理です。大人になってもいないのに、大人の世界が解るわけもないでしょう。
2006年10月16日 12:19
 オカピーさん、お久しぶりです。TB行ってなかったんですね。すぐに打ち返しました。申し訳ありません。
 しかしまたエライ中傷を平気で書き込む人もいるのですね。よく読めば、映画を愛するが故に全ての映画に対して公平で、作品に対して厳しい事を述べたり、反対に良い点や及第の部分は擁護するのは冷静な映画評者としての自分に忠実だからだというのが理解できるはずなのですけどね。
 批評姿勢を理解していただけないのは本当に残念ですね。なんだか哀しい気分になりました。ではまた。
 
 
オカピー
2006年10月16日 21:01
 用心棒さん、こんばんは。
 異論に目くじらたてるほど狭量ではありませんが、文章を理解しないで攻撃してくるのは腹立たしいですね。拙い文章とは言え、理解できないはずもないのですが、意図的ならもっと悪質。
 私が30余年かけて映画そして映画批評にかけてけた思いは、それで生活をしている人と何ら変わるところもありません。10000本の映画評を書いてきた矜持があります。映画に限らず批評は、絶対的なものなどありえず、常に過去との対比で精度が高まっていくものでしょう。
 映画への愛情と映画批評への理解が感じられない残念なコメントでしたね。 
2006年10月16日 22:03
 こんばんは。『サラバンド』は観に行かれるんですか。関西は来年元旦から公開予定です。

 全ての新作映画はそれまでの過去の映画のDNAを必ず受け継いでいるわけで、単独で成立する映画はただの一本も存在しません。またクラシック映画を貶す人々が多いのも嘆かわしい限りです。
 話題作やモノクロ映画を批判するのは一向に構わないんですよ。ただ否定するならば、その論拠を示してくれれば良いのです。否定する者に限って、書き逃げをしてオーナーに不愉快な思いをさせる輩が多いような気がしますね。
 映画ジャンキーとしては楽しい映画を楽しく見たい。それに尽きます。個人的には映画を見たい気持ちが強く大きくなると、書くことよりも見ることを優先してしまいます。そのためしょっちゅう更新が滞ってしまいます。怠け者の自分に比べ、オカピーさんは毎日更新されるので本当に感心しております。ではまた。
オカピー
2006年10月17日 14:49
 用心棒さん、こんにちは。
 「サラバンド」・・・渋谷は遠いですね。体調が良ければ遠路はるばる行きたいものです。

>単独で成立する映画はただの一本も存在しません。
 その通り。リュミエール兄弟とエジソンが最初に作った映画以外は。

私も観るほうを優先したいですが、こうなったら意地でも書いてやる、といった感じです。用心棒さんは私より大分長い研究文スタイルですから、毎日は無理ですよ。こちらは本質、核心だけついておけばとりあえずOKというつもりで書いています。最近愚痴が尾びれ背びれとしてついていますけどね(笑)。
2006年10月17日 21:51
 こんばんは。
>尾びれ背びれ
 たしかにつきますね(笑い)。そういうときは良いものを見て、英気を養うのが一番ですね。『サラバンド』は『ある結婚の風景』の続編なので恐さもありますが、ベルイマン監督最後の作品になる可能性が高いそうなので、劇場に行ってきます。多分書けないでしょうけど。
 話は変わりますが、明後日に『ブラック・ダリア』を観に行く予定でいます。デ・パルマ監督なのでどうかなあとは思いますが、原作との違いをいい意味で楽しんできます。ではまた。
オカピー
2006年10月19日 03:09
 用心棒さん、こんばんは。
 あれっ、トムさんと同じ日に同じ映画を観るとは。トムさんは18日でしたか。「ブラック・ダリア」の事件はその昔話を聞いたことがあります。
 劇場用映画は20年ぶりくらいでしょう。さすがのベルイマンも年を食ってはいないか心配です。「ある結婚の風景」は映画館で短縮版を、TVで完全版を観ました。<神の不在>をテーマにしていた頃のベルイマンの方が好きですけど、まずは見事なものです。

この記事へのトラックバック

  • 模倣犯

    Excerpt: 東宝 模倣犯 (2002) 出演 中居正広 (網川浩一/ピース)     藤井隆 (高井和明)     津田寛治 (栗橋浩美)     木村佳乃 (前畑滋子)     山崎努.. Weblog: ベルの映画レビューの部屋 racked: 2005-12-21 14:00
  • #659 模倣犯

    Excerpt: 製作:島谷能成、亀井修、安永義郎、棚次隆 プロデューサー:本間英行 アソシエイト・プロデューサー:市川南、春名慶、堀口慎 監督:森田芳光 脚色:森田芳光 原作:宮部みゆき 撮影:北.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-10-08 16:20
  • 『模倣犯』(2002) 自分の意見を持つ者は異端か?世間体など気にせずに、冷静に見ましょう。

    Excerpt:  映画を評価する時、もっとも一般的なやり方として、ストーリーが「面白かった」、「つまんなかった」で済ましてしまい、「何故、面白かったのか」、もしくは「何故つまらなかったのか」ということまで、突き詰めて.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2006-10-16 11:58