プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「シュレック2」

<<   作成日時 : 2005/12/10 16:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2004年アメリカ映画 監督アンドリュー・アダムスン、キリー・アズベリー、コンラッド・ヴァーノン
ネタバレあり

童話の定石的な設定を180度逆転させた展開が実に可笑しかったCGアニメの続編。

前作で怪物シュレックと結ばれたフィオナ姫は、王と王妃の要請に応えて母国へ戻ることにするが、怪物であることにコンプレックスを持つシュレックは躊躇する。城で予想通りの反応に憮然、息子プリンス・チャーミングを姫の婿としたい、言わばライバルである妖精のゴッドマザーの薬を奪って見目うるわしい人間に変身するが、その隙にチャーミングが新生シュレックを騙って姫に接近、しかも姫は最初にキスした男性に惚れ込む薬を飲まされてしまう。虜となっていたシュレックはお伽の国の仲間たちに救出され、姫のピンチを阻止しに向かう。

今回は「長靴をはいた猫」が童話代表として新たに加わり楽しませてくれるが、それ以外はどうもいけません。今回は童話よりも有名な映画のパロディーを繰り広げるのに夢中になった感じで面白味が薄い。パロディーがいけないということではないが、言わばパロディー集の場合は基礎となる物語がつまらないのではお笑いが上滑りするだけ。常識的な発想を逆転させ幹がしっかりしていた第1作とはそこが決定的に違うのである。続編を作るのは難しいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
<シュレック2> 
2004年 アメリカ 93分 監督 アンドリュー・アダムソン  ケリー・アズベリー    コンラッド・ヴァーノン 脚本 J・デヴィッド・ステム  ジョー・スティルマン    デヴィッド・N・ワイス  アンドリュー・アダムソン 音楽 ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ 出演 シュレック:マイク・マイヤーズ:濱田雅功    ドンキー:エディ・マーフィ:山寺宏一    フィオナ姫:キャメロン・ディアス:藤原紀香    長靴をはいたネコ:アントニオ・バンデラス:竹中直人    ... ...続きを見る
楽蜻庵別館
2005/12/21 00:14
シュレック2
今回の紹介映画は、大ヒットしたアニメ映画シュレックの第二段です。 シュレック2 ...続きを見る
映画・DVD・映画館レビュー
2007/05/21 11:01
シュレック2
原題 SHREK 2 製作年度 2004年 製作国 アメリカ 上映時間 93分 監督 アンドリュー・アダムソン 、ケリー・アズベリー 、コンラッド・ヴァーノン 声の出演 マイク・マイヤーズ 、エディ・マーフィ 、キャメロン・ディアス 、アントニオ・バンデラス ...続きを見る
スーパーヅカン
2007/06/25 22:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「シュレック2」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる