映画評「永遠のモータウン」

☆☆☆(6点/10点満点中)
2002年アメリカ映画 監督ポール・ジャストマン
ネタバレあり

ミラクルズ、シュープリームズ、マーサ・リーヴズ、テンプテーションズが活躍していた60年代全盛期のモータウン・サウンドはビートルズ・サウンドに次いで好きな音楽と言って良い。だから、モータウンの【影】に惹かれてこの作品を見ることにした。

簡単に言えば、全盛期のモータウン・サウンドにはジャズの素養のある優れたミュージシャンからなるザ・ファンク・ブラザーズなる偉大なバンドがいたという紹介である。64年の第1次ブリティッシュ・インベージョンはモータウン・サウンドの逆輸入だった、というのは尤もな意見であるし、正しいと思う。そうした古いお話の間に再結成されたファンク・ブラザーズの演奏を挟むという形式で展開する。

モータウンがデトロイトからロサンジェルスに移転した為全員が失業状態になり、メンバーの一人はわざわざ券を買って新しいモータウン・サウンドを聞きに出かけまもなく死んだ、という最後の語りが胸を打つ。

ご贔屓のマーサ・リーヴズは語るだけで、これまたご贔屓「ヒート・ウェーブ」を歌わなかったのが残念。代わりに歌った若い白人歌手(ジョーン・オズボーン)もなかなか良かったですがね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 永遠のモータウン

    Excerpt: 「永遠のモータウン」★★★(盛岡フォーラム2) 2002年ア Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2005-11-14 20:17
  • <永遠のモータウン> 

    Excerpt: 2002年 アメリカ 109分 監督 ポール・ジャストマン 撮影 ダグラス・ミルサム  ロン・ストラットン 音楽 アラン・スラツキー 出演 ファンク・ブラザーズ    スティーヴィー・ワンダ.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2005-11-15 01:40
  • 永遠のモータウン。

    Excerpt: 夢の外にいる。 某雑誌で森山未來くんが涙したと言うてた「永遠のモータウン」を見ました。えりは、それ以外に何の予備知識もなかってん。正直、「ん?モータウン??て、なんや?」て言うぐらい。音楽好きはもち.. Weblog: 耳の中には星の砂の忘れ物 racked: 2005-11-21 20:55
  • 職人技

    Excerpt: ジェームス・ジェマーソン/伝説のモータウン・ベースメロディもグルーヴも極上!こんな演奏が可能なら、一番カッコいい楽器はベースだ!ホントにそう思った。実際にベースも買ったし、レッスンも受けた。でも、結局.. Weblog: ♪音楽浄土♪ racked: 2005-11-23 23:29
  • 映画『永遠のモータウン』を観て

    Excerpt: 人気blogランキングへこの映画について【この映画について】この映画にはストーリーという名のものは存在しない。というよりもこのタイトルを観てピンと来る人も多いだろう。そう、... Weblog: KINTYRE’SDIARY racked: 2010-10-08 22:02