映画評「ミスティック・リバー」

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2003年アメリカ映画 監督クリント・イーストウッド
ネタバレあり

昨年度「キネマ旬報」「スクリーン」両誌で1位になった堂々たるクリント・イーストウッドのスリラーであるが、手ごたえはあったものの感服するところまでは行かなかった。

70年代ボストン、3少年が悪さをしているところへ刑事と思われる中年男性が現れ、少年の一人デイヴを【車】で連れて行く。少年は4日後戻ってくるが、その間監禁されて性的暴行を受けていた。
 彼が沈黙を守ったまま25年の年月が過ぎた今3人は深い交流もなくそれぞれの人生を歩んでいるが、服役経験があるが現在は雑貨屋を営むジミー(ショーン・ペン)の19歳になる娘が殺され、デイヴ(ティム・ロビンズ)が容疑者の一人として、ショーン(ケヴィン・ベーコン)が捜査担当刑事ということで3人が無理やりに結び付けられることになる。

彼らの運命が、観客だけがよく知っているデイヴの少年時代の事件に翻弄される、という物語なのだが、「あの【車】に乗ったのがデイヴでなかったら」という言葉が何度も吐かれるように、【車】に拘りすぎ些かご丁寧すぎはしないか。こんな言葉を繰り返さなくても運命の皮肉とデイヴのトラウマは十分語られたと思う。

それに加え、序盤プロローグから娘の殺人の輪郭が分かるまで思わせぶりでもたれ気味である。その思わせぶりで暗いムードを出そうとしたならまして感心しない。そんなことが気になってどうにも重苦しくて仕方がなかったが、裏返して彼らの妻の物語と思ってみると納得できる部分もある。

年齢的に中堅にいる三人の男優の演技は充実。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ユカリーヌ(月影の舞)
2005年11月29日 16:06
「思わせぶりでもたれ気味」というのも確かに
ありますね。
映画としは、いい映画だと思いますが
心情的なはやはり後味は悪いですね。
ぶーすか
2007年01月14日 10:44
TB&コメント有難うございます。ところで「ケルト文化」とこの作品の接点に全然気がつきませんでした。どういうところで出て来たのでしょう…。もう数回見直せば私にもわかるのかも知れませんが…1度の観賞ではさっぱりわかりませんでした^^;)。
ぶーすか
2007年01月14日 10:46
すみません、上のコメントは「ミリオンダラー・ベイビー」 へのコメントでした^^;)。
モカ
2019年11月08日 10:42
こんにちは。

これはデニス・ルヘインの原作が出たときに読みました。
重た~い、過去を引きずる系ミステリーでしたが、映画になった時は期待して観に行った記憶があります。


 >「あの【車】に乗ったのがデイヴでなかったら」という言葉が何度も吐かれるように、【車】に拘りすぎ些かご丁寧すぎはしないか。

 確かに、原作でも「もしあの車に乗っていたのが自分なら」という二人の思いが何度も語られていたように思います。
 「思い」として文章で語られているとそんなにくどくない事が真面目に映像化して口に出して喋らせてしまうと、煩く感じるのかもしれませんね。
 心の中の思いをセリフじゃなくて表現できれば評価も上がっていたでしょうに・・・多分、この話は、人の運命はほんのちょっとの事で変わってしまって、それはどうしようもない事である、みたいなテーマなんでしょうね。

 しかし、映画も本も20年近くたった今となってはすっかり忘れておりました。
 この頃読んだミステリーがこれ系の話が多くて、いい加減ウンザリしてしまいました。現実社会を反映しているから仕方ないのかもしれませんが。 
昔からこの手の犯罪は今と変わらずあったんでしょうが、闇に葬られていたんでしょうね。

日本でも東野圭吾の「白夜行」とか天童荒太の「永遠の仔」とか。「永遠の仔」は良かったですが、東野のは気にいらなくてゴミ箱に投げ捨ててしまいました。
本をゴミ箱に捨てるなんて酷い事をしたもんです。この頃もう一冊ゴミ箱行になったのが「マディソン郡の橋」でした。
 だから「マディソン郡・・」の映画は見ていないんです。

 デニス・ルヘインはこれの後、「シャッター・アイランド」も映画になりましたね。 大掛かりに騙される話でした。
 この2冊しか読んでませんが、他にも映画化作品があるかもですね。 
「こういうのを書いてたら作者は儲かるなぁ~」と関西人は嫉妬と羨望の目でみてしまいますね。
 
オカピー
2019年11月08日 21:43
モカさん、こんにちは。

>心の中の思いをセリフじゃなくて表現できれば評価も上がっていたでしょう
少なくとも僕はそのように思いましたね。

>本をゴミ箱に捨てるなんて酷い事をしたもんです。
本当に捨てたんですか? そりゃ大胆だっ!

>だから「マディソン郡・・」の映画は見ていないんです。
僕は割合好きなんですよ。特に一場面がお気に入りでした。小説は新聞に取り上げられていた頃から興味が湧かなかったなあ。

>デニス・ルヘイン
日本では未公開に終わった「ゴーン・ベイビー・ゴーン」もそうみたいです。俳優ベン・アフレックの監督作品で、割合完成度が高かったです。

>「シャッター・アイランド」
余り評価しなかった。しかし、「シックス・センス」の時と違って模倣作品が生まれなかったのは良かったと思います。

>「こういうのを書いてたら作者は儲かるなぁ~」と関西人は
羨ましいですよねえ。ちょっとしたアイデアがあり、文才があれば大金持ち。純文学作家は割が合わないですね。最近は芥川賞を獲ると、それなりに売れるので、昔と違いますが。
2019年11月09日 13:46
この映画では変質者二人の描き方がうまかったのが印象に残っています。役者もうまいのですが、二人の家の中の様子とか、やはりイーストウッドの演出が効いている。イーストウッドは、こういういかがわしいというか、変態臭が漂う場面の撮り方がうまいなといつも思います。
オカピー
2019年11月09日 21:22
nesskoさん、こんにちは。

>イーストウッドは、こういういかがわしいというか、
>変態臭が漂う場面の撮り方がうまいなといつも思います。

最初の監督作品が変質者の女が怖がらせる「恐怖のメロディ」だったのは、偶然ではないのかもしれませんね。

世評が余りに良く構えて観てしまったので、物足りなく思うところがあったわけですが、nesskoさんが指摘する箇所を注意して見直す必要があるようですね。
モカ
2019年11月10日 17:04
こんにちは。

私ももう一回観たくなりました。 これは原作のほうが良いんですが、さすがにもう一度読む元気はないです。

うちはスカパーセレクト5をやめて、U-NEXT無料視聴中ですが、今、見放題で配信されていますので観てみます。
配信の方がプロジェクターで観るのが簡単なのでこれからはこっち方向でいきそうです。


オカピー
2019年11月10日 21:17
モカさん、こんにちは。

>これは原作のほうが良いんですが、
>さすがにもう一度読む元気はないです。

僕はいずれ原作を読んでみましょうかね。図書館にありました。


>配信の方がプロジェクターで観るのが簡単なので
>これからはこっち方向でいきそうです。

そういうものですか。
プロジェクターはアナログ時代に家にありましたが、新時代のことは解りません^^;
モカ
2019年11月11日 14:53
 こんにちは。

>僕はいずれ原作を読んでみましょうかね。

 ぜひぜひ! その暁には感想などお聞かせください。

昨夜早速U-NEXTで再鑑賞致しました。きっかけをくださってありがとうございます。 観て良かったです!
前回は本を読んだ記憶が残っていた時期だったので、どうしても
素直に映画だけを見ていなかったかもしれません。

いやいや、良かったですよ! ホントに!
そんなに何回も「あの車に乗っていたのが自分なら・・」とは言ってませんでしたよ。  
お1人様一回限りでした。その辺イーストウッド監督は厳しいんじゃありませんか? 「男は何回も同じ事を言うな」とか。

 きっと先生は予告とかの惹句を何度も聞いて耳に残ってしまったんだと思います。

 私はイーストウッドに何の思い入れもない人間なんですが、よくできてるなぁ、と感心しましたよ。老人二人が全く居眠りせずにしっかり見てましたもの。
 役者がみんな上手いから場面場面にリアリティーがあって、不幸の連鎖のようなラストにも説得力がありました。



オカピー
2019年11月12日 10:50
モカさん、こんにちは。

>きっかけをくださってありがとうございます。
僕からも、nesskoさんに感謝したいところです。

>素直に映画だけを見ていなかったかもしれません。
そういうことはあるかもしれません。それもまた人情。

>老人二人が全く居眠りせずにしっかり見てましたもの。
あははは。それは良かったです。
僕も心を入れ替えて(笑)、観なおしてみましょうかねえ。しかし、原作と併せてということになるので、来年ですね(笑)。

この記事へのトラックバック

  • <ミスティック・リバー〔PG-12指定〕> 

    Excerpt: 2003年 アメリカ クリント・イーストウッド監督 139分 D・ルヘインの同名小説の映画化。 ジミー、デイブ、ショーンは幼馴染み。 ある日路上で遊んでいて、コンクリートが乾かないうちに自分た.. Weblog: 楽蜻庵別館 racked: 2005-11-21 15:51
  • ミスティック・リバー

    Excerpt: ワーナー・ホーム・ビデオ ミスティック・リバー 特別版 〈2枚組〉 (2003) 出演 ショーン・ペン (ジミー・マーカム)     ティム・ロビンス (デイブ・ボイル)   .. Weblog: ベルの映画レビューの部屋 racked: 2005-11-23 17:25
  • ミスティック・リバー

    Excerpt: 「ミスティック・リバー」★★★★★ 2003年アメリカ 監督 Weblog: いつか深夜特急に乗って racked: 2005-11-23 19:41
  • ミスティック・リバー

    Excerpt: 「ミスティック・リバー」? ★ややネタバレあり★     2003年/アメリカ/サスペンス ??????? 製作・監督・音楽:クリント・イーストウッド ?????? 原作:デニス・ルへイン ?.. Weblog: 月影の舞 racked: 2005-11-24 11:36
  • ★★★「ミスティック・リバー」ショーン・ペン、ティム・ロビン...

    Excerpt: 私にとって大失敗だったのは、先に原作を読んでしまったことだ。原作は、奥深い人物描写、人間の愚かさ、運命の悪戯、人生の残酷さ、余韻ある結末と、2回読まずにはいられない魅力があった。でもこの映画は、人物描.. Weblog: こぶたのベイブウ映画日記 racked: 2005-12-03 02:44
  • 『ミスティック・リバー』~映画と原作の関係2

    Excerpt: 『クラッシュ』での映画君のコメントを読んで、どうしても 『ミスティック・リバー』(2003年)について書きたくなった。 なぜかというと、イーストウッドのことが好きな井筒監督でさえ、 この映画のこ.. Weblog: Dead Movie Society★映画三昧★ racked: 2006-03-15 03:52
  • ミスティック・リバー

    Excerpt: 川が淀みながらも悠然と流れている・・・いつの日も変わらずに・・・ Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-10-02 17:51
  • ミスティック・リバー

    Excerpt: (2003/クリント・イーストウッド監督/ショーン・ペン、ティム・ロビンス、ケヴィン・ベーコン)  アメリカ北東部の町。3人の少年が路上でホッケーをして遊んでいる。ジミー、ショーン、デイヴ。リーダー.. Weblog: ::: SCREEN ::: racked: 2006-10-02 19:37
  • 「ミリオンダラー・ベイビー」「ミスティック・リバー」

    Excerpt: ●ミリオンダラー・ベイビー ★★★★ 【地上波】クリント・イーストウッド監督、主演。ヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマン共演。第77回アカデミー賞の作品賞、監督賞、主演女優賞、助演男優賞の主要4.. Weblog: ぶーすかヘッドルーム・ブログ版 racked: 2007-01-14 07:46
  • 【ミスティック・リバー】

    Excerpt: メンバーは凄い! メンバーは・・・ 評価 : 5/10 Weblog: Watch IT! racked: 2008-07-28 23:04