映画評「“アイデンティティ”」

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2003年アメリカ映画 監督ジェームズ・マンゴールド
ネタバレあり、未見の人は読むべからず

アイデアが抜群なホラー映画。殊勲者は監督ではなく脚本のマイケル・クーニーである。

大雨の日、交通事故を起こしてしまった運転手ジョン・キューザックが被害者の女性とその家族と共にモーテル直行する。雨で病院への道も絶たれ、携帯電話も役に立たない極限状況だったからである。そこへ刑事レイ・リオッタと護送中の犯人、故郷に戻って出直そうとしている美人アマンダ・ピートなど計10人が客として留まる羽目になるのだが、運転手の雇い主である女優レベッカ・デモーネーが殺されたのを皮切りに次々と客が怪死、逃亡した犯人が犯人と思われたが本人も殺され、モーテルの主人(のふりをしている男)に疑いがかかる。が、その後も次々の怪死が続き、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」を思わせる展開になる。

実はこれはバーチャルな事件であり、実際には何も起こっていないことが終盤明らかになる。が、それでも観客は最後まで手を抜いて観ることができない。それほど作劇が鮮やかであり、アイデアが優秀なのである。
 つまり、これは多重人格者の中の各人格同士の戦いであり、明日に死刑を控えた死刑囚最後の聞き取りの中で彼の頭の中で起こっている事件であり、最後に凶悪な人格が死んだ時彼の死刑は中止になる。
 具体的に言えば、(犯人の頭の中で)刑事と思われていた男が意外な正体を現し、アマンダ一人を残し彼が死んだ時凶悪な人格は消え、(現実の世界で)処刑は中止となり、犯人はアマンダの人格で病院へ護送されていく。

というお話なのだが、これでお話は終わらない。さらに驚くべきどんでん返しが待っているのだが、個人的には護送の段階で終わるべきだと思っている。確かにびっくりなのだが、後味が悪くなった(後味の良いホラーというのは殆どないわけではあるが、出来栄えの判断という意味において)。

しかし、多重人格者の頭の中の出来事なので【ご都合主義】は存在しない。バーチャルなのにその中の人物の生死が意味をなし、その一挙手一投足に手に汗を握らなければならないという作品は全く初めて。全くうまい手を考えたものだと、感心するしかない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

keiko
2005年10月24日 15:15
すみません。TBもらっていきます~。
私はこれも辛口批評になっちゃってます・・w難しい映画が苦手なせいですねw
ユカリーヌ(月影の舞)
2005年10月25日 11:06
TBありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
これはほんとにアイディアに感心して
うなりました。

人物の生死に意味をなし~
という表現のうまいですね。
確かに、それが重要なポイントなんですね。
オカピー
2005年10月25日 20:50
ユカリーヌさん、こんばんは!
TB入っていないみたいです?
この作品は、サスペンスとして観ないと矛盾や破綻を感じてしまいますね。バーチャルの人物の生死とそれを体験している人物の生死を直結させた初めての作品と思います。
ユカリーヌ(月影の舞)
2005年10月26日 12:11
オカピーさん
こちらにコメントいただいてありがとう
ございました。
TBすぐに反映されないのかと思ってましたが、
TBできてないのですね。
何度か試みたのですが、やはりTBできません。
すいません、コメントのみで。

オカピー
2005年10月26日 17:15
>ユカリーヌさん
おかしいですねえ。ブロックしていないのですが。ユカリーヌさんの感想には共感しましたので、是非TBを入れたかったですが、仕方がありません。
shake
2006年08月16日 01:09
こんばんは。初めてのパターンだったので、見事に騙されました。
よく注意してみていれば、気づいたのでしょうけれど。。。
ラストについては、私も同意見です。車の中で真犯人が登場してすぐ、くらいで終わっていれば韻を含んでいてよかったですよね。
TBさせていただきます。
オカピー
2006年08月16日 03:26
shakeさん、こんにちは。
私がこの作品を絶賛するのは、最初のどんでん返しの後も興味を続かせることが出来た設定です。ヴァーチャル・リアリティーの中で進行するお話に見事に<現実的な意味>をもたらしたのです。
「マトリックス」を始め、これまでの仮想現実ものは、いくら世間的に評判をとろうとも、結局その<現実的な意味>という壁に跳ね返されていたように思いますが、本作は超えました。その意味でもっと評価されても良い作品ですが、そこまで分析できない観客が多いようですね。
kimion20002000
2008年04月16日 22:11
僕も単なる準B級のサスペンスホラーかと思っていたんですが・・・。
脚本が緻密でうまいですねぇ。シナリオ学校のテキストとなる作品だと思います。
オカピー
2008年04月17日 15:38
kimion20002000さん、TB&コメント有難うございます。

その割にkimionさん、星が少ないんだから(笑)。
良い脚本ですねえ。
そこで注目してみた脚本のマイケル・クーニー氏ですが、やはりこうした秀逸なアイデアはそうそう出るものではないようで、「Re;プレイ」は策に溺れた感じで面白くなかったです。しょぼ~ん。
ボー
2008年12月04日 01:30
こんばんは! そちらからのTBができないとなると、何となくこちらの気がひけますが、TBしております。(笑)
脚本の勝利ですね。びっくりしました。こんな手があったかと。

以下ネタばれですが…

ラストがどうなったか、もしかして分からないというのは、ありませんか?
クルマが止まったところの遠景で終わっていましたよね。バッドエンドじゃない可能性は、ないでしょうか?

ところで、我が家でリンクさせていただきましたので、私が見た映画が見当たりましたら、また、おじゃまします!(追い払わないでください)
オカピー
2008年12月04日 02:14
ボーさん、こんばんは!

>脚本の勝利
正に。
僕は本作は「セルラー」のような純娯楽作が大手映画雑誌などのベスト10に食い込んでもらいたいと思っていますが、そこまでの度量が評論家にないんですよねえ。問題作ばかりが映画じゃないだろうに。

>バッドエンドじゃない可能性
う~ん、思いがけない人物が残っていた、という時点でバッドエンドだと僕は思いましたが。
全体的なドラマツルギーを考えて、車が止まったこと自体が<それ>を示すと僕は考えました。
直接描写がないので、勿論、こちらの想像と違う終わり方もあり得るわけですが、それなら護送のまま遠のいて行くだけで良いのではないでしょうか。

>リンク
おおっ、そうでしたか。
こちらからTBはできませんが、ご遠慮なさらずにどんどんお願い致します。
現在ばりばりに公開されている作品はまずないですが、劇場公開から1年以上経っている作品ならかなりあると思いますので、宜しくお願い致します。
こちらにもリンクしておきますね。

この記事へのトラックバック

  • アイデンティティ

    Excerpt: この映画はね・・・かなり難しいですよ。 私は最後まで見て、ぇ?と思って最初に戻ったくらいですから。 ぼーっと見てたわけじゃないんですよ。 最初からからくりは思ってたとおりの筋書きなんだけど .. Weblog: keiko_osaka racked: 2005-10-24 15:12
  • アイデンティティー

    Excerpt: アイデンティティー 監督/ジェームズ・マンゴールド 出演/ジョン・キューザック, レイ・リオッタ 70点 (・・) まさに…、まさに「そして、誰もいなくなった」 う~ん。.. Weblog: 映画にKISS☆ (おはなとぱーこ) racked: 2005-10-24 21:22
  • 『アイデンティティー』

    Excerpt: 監督、ジェームズ=マンゴールド。2003年米。サイコ・スリラー映画。原題『IDE Weblog: erabu racked: 2005-10-26 00:19
  • “アイデンティティー”

    Excerpt: “アイデンティティー” あらすじ 『大雨で閉ざされたモーテルに、行き場を失った11人の男女が居合わせていた。そこで起こる連続殺人。生存者たちは疑心暗鬼になりながらも、自分たちに奇妙.. Weblog: 39☆SMASH racked: 2005-12-14 04:04
  • アイデンティティー

    Excerpt: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント アイデンティティー コレクターズ・エディション (2003) 出演 ジョン・キューザック (エド、女優の運転手、元刑事)     レイ.. Weblog: ベルの映画レビューの部屋 racked: 2006-01-15 18:51
  • アイデンティティー

    Excerpt: 『アイデンティティー』 2003年アメリカ(90分) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ジョン・キューザック    レイ・リオッタ    レベッカ・デモーネイ .. Weblog: WILD ROAD racked: 2006-01-24 17:05
  • DVD「アイデンティティー」

    Excerpt: 人里は慣れたモーテルに豪雨の中、立ち往生した男女10人が集まる。。。そして、殺人事件が、、、 刑事物なのか、サスペンスなのか、ホラーなのか、全然わからずに観ていました。観ていて「こいつが怪しい!.. Weblog: ☆ 163の映画の感想 ☆ racked: 2006-02-04 17:00
  • アイデンティティー

    Excerpt: してやられました。 サイコ・サスペンスなのか、それともホラーなのか、ずっとわからなかったけれど、なるほどそうだったのか! Weblog: シェイクで乾杯! racked: 2006-08-16 01:10
  • 「アイデンティティ」

    Excerpt: 嵐の夜、あるモーテルに11人の男女が雨の為、身動きがとれずに集まる。 Weblog: 取手物語~取手より愛をこめて racked: 2006-10-16 21:58
  • アイデンティティー

    Excerpt:  豪雨によって動けなくなった11人の男女が、仕方なく とあるモーテルに泊まることになるが、そこで次々と殺人が起きるというサイコ・ミステリー。 11人の男女も、それぞれいわくありげな怪しい人たちばかりで.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2006-12-04 23:42
  • アイデンティティーって怖いの?

    Excerpt: サイコミステリー ホラー映画初心者のすけきよです。サイコミステリーで面白いと評判の高い「アイデンティティー」見ました。 アイデンティティージョン・キューザック ソニー・ピクチャーズエンタテ.. Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの? racked: 2007-01-31 00:01
  • 『“アイデンティティー”』

    Excerpt: 何度観ても楽しめる作品なので、久々に観てみました。ジョン・キューザック主演の『“アイデンティティー”』。 激しい豪雨に見舞われた一軒のモーテル。交通事故にあった妻を運び込む夫と幼い子供、事故の加.. Weblog: cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2008-04-04 19:11
  • mini review 05091「"アイデンティティー"」★★★★★☆☆☆☆☆

    Excerpt: アメリカ Weblog: サーカスな日々 racked: 2008-04-13 23:30
  • 「“アイデンティティー”」

    Excerpt: アイデア賞ものの映画。 なんといっても脚本が見事。なるほど、そういう手があったか!とポンと手を叩きたくなる(実際には叩かないよね)ほ... Weblog: 或る日の出来事 racked: 2008-12-04 00:08
  • “アイデンティティー”

    Excerpt: Identity (2003年) 監督:ジェームズ・マンゴールド 出演:ジョン・キューザック、レイ・リオッタ、アマンダ・ピート、アルフレッド・モリーナ 豪雨の夜、ベガス郊外のモーテルにやって来た11.. Weblog: Movies 1-800 racked: 2008-12-07 15:57
  • ≪“アイデンティティー”≫(WOWOW@2008/11/24@691)

    Excerpt: アイデンティティー       詳細@yahoo映画 解説:激しい豪雨が降り続く夜、人里離れた一軒のモーテル。管理人ラリーがくつろいでいるところへ、ひとりの男が飛び込んでくる。彼.. Weblog: ミーガと映画と… -Have a good movie- racked: 2008-12-09 11:23