映画評「風の谷のナウシカ」

☆☆☆☆★(9点/10点満点中)
1984年日本映画 監督・宮崎駿
ネタバレあり

核戦争後の世界は原始時代か古代の様相を示すのが通例で、宮崎駿が独自の世界観を本格的にスタートさせたこの作品もその発想自体はそれほど新鮮なものではないと最初に観た時は思ったものだが、事実上のリメイク作品「もののけ姫」を経験した後に本作を観ると、自然との共生というテーマを既に確立していたことに驚かされる。

最悪の世界大戦により壊滅状態に陥ったままの未来世界、ナウシカは中世の中立国を思わせる王国の王女だが、愛に満ちた少女で臣民たちに慕われている。そこへ巨人兵を操る好戦国が侵略してくる。少女は人間にとって脅威である巨大昆虫のオウムさえコントロールする力があるが、世界制覇を目指す国々がオウムを怒らせ、人類の存続が絶望的になる。

ここから始まるハイライトで我々は身じろぎできない感動に包まれることになる。自分の生命を投げ打ってオウムを止めようとする少女の姿は、無論感動的である。最初観た時の僕の感動はせいぜいここまでであった。
 しかし、今は人間を許したオウム=自然の大きさに感動する。そんな大きな作品を作った宮崎に感動するのだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

Nagai
2005年09月06日 22:54
マンガの方は読まれていないようですが・・・、こちらもいいですよ。
(マンガの・・・ナウシカの完結をアニメ化してほしいですね。)
オカピー
2005年09月07日 02:13
Nagaiさん、コメントを有難うございます。
ご明察の通り、マンガの方は読んでおりません。年に400本ほどの映画を見て、その全てに映画評をざっと書いております。限られた時間の中で書いた文章なので、チェック不足もいいところですが(例えば「火の七日間」と言われる戦争について)、お許し下さい。
「もののけ姫」で同じテーマを焼き直しした宮崎氏ですから、もしかしたらナウシカ完結編も映像化されるかもしれませんね。
chibisaru
2006年09月18日 23:47
地球が再生するための途中のストーリーとでも言えるのでしょうね。
怒りに暴走するオウムを止めるためにとったナウシカの行動も感動的でしたが、黄金の野(ほんとは違うけどw)にナウシカが横たわっているシーンは印象的でした。
個人的には瘴気を発している森が、本当は地球を浄化するためにやってるんだとナウシカが気づいたあたりが好きです。
オカピー
2006年09月19日 01:59
chibisaruさん、こんばんは。
私は漫画を読まないので解らないのですが、何だか漫画では人間は汚濁の世界で生きているらしく、宮崎駿のエコロジー精神はポーズではないかと疑問を私に呈された方があるのですが、全く勘違いされております。
宮崎は必ずしも地球を綺麗にするだけがエコロジーとは語ってはいませんよね。エコロジーの本来の意味は、生態学であります。ある環境で生物がいかに生きるかを観察、研究する学問であります。彼のエコロジーはその辺に転がっている安っぽい優しさではありませんぞよ。
2007年02月05日 00:39
 TBとコメントをありがとうございます。
 とてつもなく重たい「共生」と「破滅」という相反するテーマを持つこの作品がまだエコロジーだなんだと騒ぎ出す80年代後半よりも前に発表されていたことはとても意義がある事実だと思います。
 再び『もののけ姫』でこのテーマに取り組むまでに、彼ですら10年以上も熟成させる期間が必要でした。80年代後半から90年代初頭にかけて、ファッション的にエコを謳っていた企業CMやロック歌手とは違う筋金入りの思想家が宮崎監督なのかもしれません。ではまた。
オカピー
2007年02月05日 17:37
 用心棒さん、こんばんは。

 <環境に優しい>が現在の芸能界や映画界が抱いているエコロジー観でしょうが、宮崎駿は最初から今日に至るまで、自然と人間は対立するものではないという所謂環境学的な立場からエコロジーを捉えて、その先見性は凄いですね。私も若い時は気付かず、年齢を重ねてやっと解ってきましたよ(笑)。
蟷螂の斧
2020年12月28日 20:15
こんばんは。公開後36年も過ぎてから初めてこの映画を見ました。この時期だけに王蟲がコロナウイルスに見えてしまいました。コロナウイルスと人類との共存。そうするとナウシカと反対側の人達との争いがちっぽけなものに思えるから不思議です。

>三国同盟を推したのも同社ではなかったかな。

そうなんですか。うまく立ち回っているのでしょうか?

>広告を拒否したことがあったような記憶があります。

持ちつ持たれつの関係が崩れたのでしょう。
オカピー
2020年12月29日 16:34
蟷螂の斧さん、こんにちは。

>公開後36年も過ぎてから初めてこの映画を見ました。

そうですか。僕は、80年代、90年代、00年代と一度づつ、3回くらい観ましたろうか。
 最近は見ておりませんが、まだ古びていないでしょう? 大したものだなあ。

ナウシカは、古典の掘り起こし(?)に熱心な宮崎駿御大らしく、ギリシャ神話由来ですね。

>この時期だけに王蟲がコロナウイルスに見えてしまいました。

TV欄にもそんな感じのキャッチコピーが載っていました。その観点で今度観てみようかな。

>そうなんですか。うまく立ち回っているのでしょうか?

と言いましょうか、当時のメディアは多かれ少なかれ、戦争をたきつけていたのでしょう。国民も単純だからそれに乗せられたところがあり、多分当初は政府よりメディア・国民が戦争をしたがっていたように、最近の僕は思いますね。

>持ちつ持たれつの関係が崩れたのでしょう。

その【事件】を、朝日新聞より左と一部で言われる東京新聞で読んだような気がします。東京新聞は、左ではなくて、下(個人主義)なんですけどね。それ以前に個人主義自体が誤解されています。

この記事へのトラックバック

  • 風の谷のナウシカ

    Excerpt: 風の谷のナウシカ『風の谷のナウシカ』(かぜのたにのナウシカ)は、徳間書店のアニメ情報誌「アニメージュ」に連載された宮崎駿の漫画、および劇場アニメ化作品である。英語版タイトルは「Nausica? of .. Weblog: 映画の缶詰 racked: 2005-09-11 14:41
  • #550 風の谷のナウシカ

    Excerpt: 製作:徳間康快、近藤道生 プロデューサー:高畑勲 監督:宮崎駿 原作:宮崎駿 脚本:宮崎駿 音楽:久石譲 企画:山下辰巳、尾形英夫、奥本篤志、森江宏 作画監督:小松原一男 美術.. Weblog: 風に吹かれて-Blowin' in the Wind- racked: 2006-09-18 23:39
  • 『風の谷のナウシカ』(1984)<パート1>宮崎駿監督の代表作。細部へのこだわりは凄まじい。

    Excerpt:  宮崎駿第二回監督作品であり、その後の作品群に与えた影響と衝撃は計り知れないほど大きなものがあります。シリアス路線の先駆けであり、革命といっても良いほど素晴らしい出来栄えを誇り、そのクオリティの高さは.. Weblog: 良い映画を褒める会。 racked: 2007-02-05 22:11
  • 『風の谷のナウシカ』(1984)

    Excerpt: 先日の『少年ケニヤ』に続いて、今度は同じ1984年3月10日に公開された『風の谷のナウシカ』を再見しました。 『ケニヤ』は東映邦画系、『ナウシカ』は東映洋画系(東急系)での上映でしたので、新宿や渋谷.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2008-05-25 10:11
  • 風の谷のナウシカ

    Excerpt: ブログネタ:好きなジブリ映画は? 参加中 数々の新作が作られ、 中には声での参加をした作品もあり、 今年もまた新たな作品が発表されるようですが、 ジブリ作品では今のところ、 この作.. Weblog: 映画、言いたい放題! racked: 2008-06-14 00:12
  • 映画評「もののけ姫」

    Excerpt: ☆☆☆☆(8点/10点満点中) 1997年日本映画 監督・宮崎駿 ネタバレあり Weblog: プロフェッサー・オカピーの部屋[別館] racked: 2016-08-14 09:45