プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「美女と野獣」(2017年版)

<<   作成日時 : 2018/04/21 09:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2017年アメリカ映画 監督ビル・コンドン
ネタバレあり

2014年のフランス版を観たあと他人の感想に当たっている時に“ディズニー・アニメをリスペクトしていないのはけしからん”という無教養をさらけ出すけったいな意見を読んだ。総論的に、アンデルセンやグリム兄弟はディズニーに謝るべきだというもっとけったいな意見もあった。原作者若しくはそれに準ずる人物が彼らの作品をリスペクトなしに改竄したディズニーに謝る言われはない(それ以前にディズニー映画が生れる前に亡くなった人物が謝るのは物理的に不可能であり、珍無類の意見と言うべし)。謝るのはディズニーの方だ。グリム童話はそもそも民間伝承であって創作ではないから特段リスペクトする必要もないのだが。最低限の知識もない人の暴言など鼻で笑えばよろし。

本作は言うまでもなくフランスのボーモン夫人(ヴィルヌーヴ夫人が原型を書いている)の童話の何十回目か(僕のリメイク・リストによれば21回目)の映像化で、直接的には1991年ディズニー・アニメ版の実写映画化という扱いになる。実写と言っても大半はCGという絵でありますがね。

さる屋敷の庭で薔薇を取った父親(ケヴィン・クライン)の代わりに、元王子の野獣(ダン・スティーヴンズ)に監禁されることになった娘ベル(エマ・ワトスン)が、野獣を愛するようになって呪いを解くというお話のアウトラインはどのバージョンともさほど変わらない。2014年フランス版がボーモン夫人の原作に一番近そうであるが、読んでいないのでよく解らない。

映画的には、抜群の幽玄さを誇る1946年のジャン・コクトー版が断然優秀で、アニメ版を観た時にはコクトー版のような幽玄さの欠片もないのにがっかりしたもの。今回の実写版は、アカデミー主題歌賞などを受賞した(が、個人的には余り感心しなかった。近年のアカデミー賞で一番がっかりさせられるのは歌曲関係がいつもダサいことである)アニメ版の楽曲に新曲を加えた構成で、事実上のミュージカル映画である。

登場人物の背景などを色々と丹念に描いたのを好意的に捉える向きもあるが、どうもまだるっこくて僕は余り感心できず、おかげで2時間を超える大作になってしまった。悪役の青年(ルーク・エヴァンズ)のミュージカル的場面など一切不要と言って良い。ビル・コンドンの演出については、スケールを大きく見せるカメラワークで一定の成果あり。

ベルは従来よりはアクティヴだが、他の童話もののアクション版ほどフェミニズム臭を感じさせないのは良い。しかし、終幕に至って、黒人をどうしても使わなければならないようなアメリカ映画の現状について考え込むはめになる。不自然に黒人を配置するくらいなら「黒いオルフェ」(1959年)や「ウィズ」(1978年)のように黒人版を作った方が良いような気がするが、こういう意見も差別になるのかや?

欧米特にアメリカのポリティカル・コレクトネスは異常と言って良い域にあるのでは? 寧ろ人々の寛容のなさが高まっているような感じがする。肩が凝りますな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「美女と野獣(2017年版)」
けっこう重たくない? ...続きを見る
或る日の出来事
2018/04/21 10:48
「美女と野獣」
よく考えてみたら、私は「美女と野獣」の正しいストーリーをこれまで知らなかった。「美女と野獣」ってこういうお話だったのね。もうもう、目一杯、「女の子」させてもらえる時間!素晴らしい夢の世界。お城、ドレス、舞踏会。真っ赤なバラの花、喋る調度品たち。王子様がかかった魔法を解くのは「愛してる」の一言と熱いキス…。かつて「女の子」だった私がその時と変わらず…ではなく、その頃の気持ちを思い出して幸福の余韻に浸れる。うんうん、もういいよ〜、変な小賢しい理屈とか無くてさ!とはいえ、あの壁一面書物で囲まれた部屋を... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2018/04/23 12:35
『美女と野獣(2017/米・ディズニー実写版)』('17初鑑賞40・劇場)
☆☆☆☆☆彡 (10段階評価で 10+) 4月21日(金) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:00の回を鑑賞。2D:字幕版。 4月27日(木) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン3にて 13:50の回を鑑賞。2D:字幕版。 5月2日(火) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 12:10の回を鑑賞。4DX:吹替え版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/04/23 16:12
「美女と野獣」☆忠実が成功のもと
女の子の憧れの物語と思っていたら、男性からもすこぶる評判の良い本作。 成功のカギは何だったのか? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2018/04/24 16:36
美女と野獣
ひとりの美しい王子が、呪いによって醜い野獣の姿に変えられてしまう。 魔女が残した一輪のバラの花びらがすべて散る前に、誰かを心から愛し、愛されることができなければ、永遠に人間には戻れないのだ。 呪われた城の中で、希望を失いかけていた野獣と城の住人たちの前に、美しい村の娘ベルが現れる…。 ラブ・ファンタジー。 ...続きを見る
象のロケット
2018/04/28 23:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「美女と野獣」(2017年版) プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる