プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「地中海殺人事件」

<<   作成日時 : 2018/03/15 08:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
1982年イギリス映画 監督ガイ・ハミルトン
ネタバレあり

アガサ・クリスティーの原作「白昼の悪魔」Evil Under the Sun はファン以外にはさほど有名ではないものだが、映画化されたエルキュール・ポワロものの中では割合上出来の部類、日本のTVでの盛況とは正反対に映画は本格ミステリーは少ないので、楽しめる(と言おうか、その為に自分のライブラリーから選んだのだ)。

映画館で観た秀作「ナイル殺人事件」(1978年)より落ちるのは、こちらが三十何年前の初回も今回もTVを通してということもあるが、ガイ・ハミルトンの演出ぶりがジョン・グラーミンほどはったりを効かせられていないからである。一応お話をば。

ポワロ(ピーター・ユスティノフ)が地中海の某国(架空)の観光地に、舞台女優ダイアナ・リッグに渡したダイヤモンドを愛人関係が終るとともに返してもらうと偽物になっていたと貴族コリン・ブレイクリーが依頼してきた件を調べにやって来る。
 彼女は初老の富豪デニス・クィリーと結婚しているが、その連れ子の少女エミリー・ホーンに嫌われている。マギー・スミスが経営するホテルに集まった人々は女将を含め、彼女と曰くのある人ばかりで、案の定女優は海岸で死体となって発見される。
 発見者は薄幸そうな美人ジェーン・バーキンと結婚したばかりの英国青年ニコラス・クレイで、演劇プロデューサーの夫ジェームズ・メースンと共に同地を訪れていた細君シルヴィア・マイルズがその場に居合わせる。ポワロは自分が最後に見た事件と発見時刻から推して、午前11時半から12時までを犯行時刻とするが、その時刻には各々アリバイがある。
 さて、ポワロはいかにアリバイを崩し犯人を突き止めるか? 

ポワロものはミス・パープルものより観光要素が高く映画化に向いてい、実際ハミルトンのミス・パープルもの「クリスタル殺人事件」(1980年)よりぐっと楽しめる出来栄えになっている。僕は絶対数としてはミステリーはさほど読んでいないから古典的とも言えそうな犯人のトリックにすっかり騙され、この点に関してさほど文句はない。

ちと気に入らないのは、誰も表情を見ていない状況において犯人が死体を見る時の反応である。映画において許すか許されないかぎりぎりの描写の嘘があるのである。カメラは表情を捉える代わりに後ろから描くべきで、そうすれば映画の描写として問題がなく済んだのだが、逆に犯人の見当がついてしまうかもしれないという弊害を生む為なかなか難しい。この点本格ミステリーは小説が断然有利である。

観光映画としての要素では「ナイル」のエジプトと比較すると分が悪いものの大スクリーンで観れば一定の魅力となるだろう。それ以上に、時代背景の関係から使われたのであろうコール・ポーターの音楽(「夜も昼も」「ビギン・ザ・ビギン」のインストゥルメンタル)がクラシック気分を盛り上げる。

少年時代クリスティーを僕は避け、シドニー・ルメット監督「オリエント急行殺人事件」(1974年)を観てからポワロものを幾つか読んだという理由もあって、ポワロのイメージはユスティノフではなくアルバート・フィニーである。ユスティノフは、特に本作においては、些か鈍重にすぎる。

犯人が自分のアリバイを証言する時に使われるのが、僕の言う“客観的主観ショット”(一見客観ショットであるが、実は主観の主が当人を含めた情景を捉えているショットを僕はこう呼んでいる。“主観的客観ショット”という言い方も考えたが、内実が主観なのでこちらに定めた)。“客観的主観ショット”の例として酔っ払いがぐるぐる安定しないカメラで捉えられるショットがある。まるで酔っ払いが自分の目で自分を捉えているような感覚である。しかし、アリバイ証言などの回想場面では、それとは違い、普通の客観ショットとまるで区別がつかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>ダイアナ・リッグ
この映画、テレビで観てるのですが、「ナイル殺人事件」にくらべると、出てる役者見てるだけで楽しいみたいなのが薄かったような。とくに、ダイアナ・リッグは一時期英国製のテレビドラマが放映されるとよく出てきていて、たぶん舞台女優だろうと思われるしっかりした演技の方ですが、映画女優としてはあまり魅力を感じない。この映画でも見ていてもっと華やかな映画スター的美人女優がやったほうがいいのになあと思った記憶があります。
nessko
URL
2018/03/17 11:55
nesskoさん、こんにちは。

ダイアナ・リッグには、「女王陛下の007」という代表作がありますが、確かに映画にはさほど出ていないようですね。「007」の印象ではもっと映画にも出そうな雰囲気がありましたが。

>華やかな映画スター的美人女優
「ナイル」のロイス・チャイルズのような感じで、もっと年上ですね。
当時の女優だと誰が良いかなあ? しかも途中で死んでも良いような中堅女優(笑)
いそうで意外といないです(笑)
オカピー
2018/03/17 21:59

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「地中海殺人事件」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる