プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ナイス・ガイズ!」

<<   作成日時 : 2018/02/02 08:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督シェーン・ブラック
ネタバレあり

リーサル・ウェポン」(1987年)で一躍脚本家として知られるようになったシェーン・ブラックの共同脚本・監督作品だから、世間はどうしても「リーサル・ウェポン」と比較したがるが、僕はやはりハードボイルド映画をバディものの形式で作ったところを面白く見るのである。
 尤も、ブラックさん、2005年に「キスキス、バンバン」という同じ形式のハードボイルド映画を作っていて、それがまたレイモンド・チャンドラーをもじった傑作であったので、二番煎じのそしりは免れないのだが、今回もまたハードボイルドものの要素・定石を大量に使って相当面白い。ハードボイルド映画の達人に認定いたします。

1977年、ポルノ女優が交通事故死する。私立探偵ライアン・ゴズリングは、死後に彼女を見かけたという伯母の依頼で捜索するうちに妙齢美人マーガレット・クアリーにたどり着く。一方、暴力的な示談家ラッセル・クロウは彼女に行方を探す者を追い払えと依頼されていた為、ゴズリングを叩きのめすが、その彼が彼女を探す別のグループに襲撃され、そこで捜索では一枚上手の彼と協力して保護を目指して行方を探すことになる。それにゴズリングの13歳の娘アンガーリー・ライスが強引に加わって来て、なかなか活躍する。
 この辺りが「キスキス、バンバン」になかった新味ですかね

マーガレットは自動車排ガス規制を推進する運動家で、それをポルノ映画を利用して喧伝しようとしていたのだが、それを面白く思わない自動車業界が刺客を送っている模様。彼女の母親で司法省のお偉方キム・ベイシンガーは仲が悪かったとは言え娘が心配になってその保護を二人に依頼してくる。

というお話で、勿論ハードボイルド映画だから話はシンプルではない。しかし、ハードボイルドものとしたらそう複雑なほうでもなく、人物関係はさほど理解に窮しない部類である。
 このジャンルは色々な人物を歴訪し、或いは訪ねられたりするのを見るのがお楽しみで、なおかつ、ブラック氏はチャンドラー・ファンのようであるから、正にチャンドラーの定石に則って若い女性が大いに絡んでくる。
 終盤アクションになりすぎたのは気に入らないものの、お話自体には十分満足できる。二人の主役を交互に見せる序盤の呼吸も少々物足りないが、それに関しても水準以下ということはない。

1977年頃らしい音楽の使い方も良く、主役二人も楽しそうにやっている。ラッセル・クロウの太り方は役作りか、本当に太ったのか? あちらの俳優さん、本気度が違うので何とも言えない。

最後に、娘がマーガレットを匿う部屋に医者と称して入ってきた男を何故通称“ジョン・ボーイ”という殺し屋と見破ったのか? これはしきりに台詞に出てくる「我が家は11人」というTVドラマに答えがある。一家の長男ジョン・ボーイを演じていたリチャード・トーマスの頬に痣があり、その男にも痣があったからである。日本人には多少解りにくい部分だが、1973年の数か月だけ日本でもTV放映されたので、昭和38年くらいまでに生まれた洋画ファンなら解る人もいるだろう。

チャイモンド・レンドラーといったところでしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
?????????
????????&????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????1970?????????????????????????????????????????????????????... ...続きを見る
??????????
2018/02/02 12:43
『ナイスガイズ!』('17初鑑賞14・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 2月18日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター6にて 13:00の回を鑑賞。 字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2018/02/04 14:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ナイス・ガイズ!」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる