プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ある天文学者の恋文」

<<   作成日時 : 2017/11/18 10:21   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2016年イタリア映画 監督ジュゼッペ・トルナトーレ
ネタバレあり

ジュゼッペ・トルナトーレはシーンやシークエンスの繋ぎが滑らかで話術が巧みだから、デビュー以来ずっとご贔屓にしているが、今回も素晴らしい。IMDbでの投票数や評価点が低すぎるし、日本でも好評とは言いにくいが、その評価の低さは多くの人が完全なるファンタジーを現実の物語として見ていることに因ることは明らか。

高名な天文学者ジェレミー・アイアンズが教え子のオルガ・キュリレンコと懇ろになっていて、彼女の学位取得を手伝っている。スマホを使って神出鬼没、彼女の行く先にタイミングよく連絡を入れてくる。

同時性をテーマにしたSFかと思っていると、やがて彼が死んだことがヒロイン共々観客に判ったにも拘らず、その後もメールやメッセージ入りDVDが彼女の必要な時に届けられる。「いや謎ですなあ」と思う間もなく、彼女が運送会社を調べて謎は間もなく解ける。

ほぼ同じ趣向でDVDの代わりに手紙が届けられる「P.S.アイラヴユー」(2007年)が現実に立脚するのに対し、こちらは教授が彼女の行動を事前に予測するという神業ぶりを発揮し、この辺りからいよいよファンタジーになって来る。謎が解けてお話が現実味を帯びてくるのに反比例して印象としてはファンタジー性が増す

序盤のホテルの場面があるからロマンスという見方はできるが、彼の子供たちは出てきても奥方は一切出て来ないから不倫ものという解釈はできない。いずれにしても、僕はアイアンズは神であったと理解する。
 現実的な理解としては、彼は彼女の性格や人生経験など全てを知り、行動を観察した上で、もの凄い洞察力を発揮して事前に準備を進めたわけである。交通事故で父親を死なせた罪悪感によりスタントマンの仕事をして死ぬことも考えている彼女がその考えを捨て、母親と和解し、見事に学位を得、新しい男性との関係へ踏み出せそうなのは全て彼のおかげである。
 彼は、父親のない彼女にとって父親の代理を務めると同時に、スケールの大きな宇宙において神として働く。

我々が観ている恒星は既に大昔のものであり、既に存在していないものをあると思い、それを死んだアイアンズと重ねて考えると、僕にはファンタジーとしてしか理解できないのである。このお話をただ現実の側面から見ると、好きな女性を死後も支配したい男性のお話などという、間違っているとは言わないまでも、少なくとも父親の代わりを求めているヒロインの立場を無視した偏った解釈をしてしまう。それではちと寂しいだろう。

確かにロマンティシズムの映画であるが、安っぽい男のロマンなどではない。本作は不死性という哲学的命題を織り込んだ「あしながおじさん」のファンタジー・ヴァリエーションである。

キリスト教では神は父でござるよ。終盤は「神もヘマをする」と彼女を笑わせる。これで彼女は窮屈さから脱し、却って救われる。そのヘマも計算のうちだったのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ある天文学者の恋文 ★★★
『ニュー・シネマ・パラダイス』『鑑定士と顔のない依頼人』などのジュゼッペ・トルナトーレ監督が放つ、ミステリードラマ。死んだはずの恋人から手紙やプレゼントが届き続ける女性が、その謎を解く姿を彼女の秘めた過去を絡めながら追う。『運命の逆転』などのジェレミー・アイアンズが天文学者である恋人を、『007/慰めの報酬』などのオルガ・キュリレンコがヒロインを力演。深い謎と、舞台となるエディンバラやサン・ジュリオ島の美しい風景に魅せられる。 あらすじ:天文学者エド(ジェレミー・アイアンズ)と、教え子のエイミー... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/11/18 19:41
「ある天文学者の恋文」
多少ネタバレ的なものもありつつ。壮大な宇宙についての学問と、それに比べればちっぽけな存在の人間の人生を、ロマンと絡め合わせた大人の恋のファンタジー。生まれて初めての満天の星空を眺めた時に抱く悠久のロマンを感ぜずにはいられない。はずなのだが、もう一人の私がこう囁く。所詮、金持ちのインテリの爺さんの道楽。生きている内は家庭を裏切り、死んでからも今生の人々を涙させるのは如何なものか?だが、ま、金持ちの爺さんの道楽、と思えば、さほど腹も立たず、落ち着いて観ることができた。エイミー(オルガ・キュリレンコ)... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/11/21 12:36
一年遅れのベスト10〜2017年私的ベスト10発表〜
 群馬の山奥に住み、持病もあり、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2017年私的ベスト10は皆様の2016年にほぼ相当する計算でございます。と、毎年同じことを申しておりますが、これもルーティンということでお許し下さい。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていており、その年の状況によってはとんでもない旧作を入れることがあります。今回は、果たして? ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2018/01/10 23:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
パソコンやスマホのおかげで情報量が増えたのはいいけど、近視眼的というか想像力がなくなってきた気がしますね。
ねこのひげ
2017/11/19 08:11
ねこのひげさん、こんにちは。

>想像力
想像力がないから、全て嘘で通すVFX映画が増え、一方で現実そのものの作品が増える。どちらも僕は同じ現象と思っています。
昔のように上手く嘘をつく映画が減ってきましたね。それは偏に観客のせいでしょう。
オカピー
2017/11/19 22:14

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ある天文学者の恋文」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる