プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「エベレスト」

<<   作成日時 : 2017/09/01 08:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 4

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年アメリカ=イギリス=アイスランド合作映画 監督バルタザール・コルマウクル
ネタバレあり

1996年5月に起きたエヴェレスト遭難事故を描いた劇映画である。個人的に一番忙しかった時期に当たるためか、この事故は記憶していない。

ニュージーランドの企業に雇われている探検家ロブ・ホール(ジェースン・クラーク)に率いられ、8人のアマチュア登山家が登頂を目指し、日本人で紅一点・難波康子らが成功するが、結局このグループからホールや難波女史を含めて4人が下山中に嵐に遭って死亡する。このグループのうち医師のベック・ウェザーズ(ジョシュ・ブローリン)は生還するが、酷い凍傷で手と鼻を失う。同時に登っていた商業登山のグループのうちホールの同業者スコット・フィッシャー(ジェイク・グレンホール)も亡くなる。

お話だけを追えば抜群に面白いとは言いにくい。しかし、僕は映画館で観たと想像して採点をしてみた。どでかいスクリーンで観たら本当の登山の現場にいるような、山の威容に感動したであろうと感じられたからである。

この手の遭難もの御用達監督になりつつあるアイスランドの監督バルタザール・コルマウクルが即実的に展開させ頗る実感があるが、一般の人は作られたものに感動する癖があるようで、本作の即実的なアプローチには厳しい評価が目立つ。確かに派手さがなく表面的には面白味が薄い・・・というより、人物が大勢出てきて混乱する為お話を追う気になりにくい。しかるに、この素材ではこれ以上の作り物めいた脚色は不要で、変えるとしたら人物関係の整理だろう。

余り凝ってもいないけど、名前は凝りまくる監督。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
エベレスト 3D ★★★★★
1996年に起きたエベレスト登山史上でもかつてない悲劇として知られる大規模遭難事故を、ジェイソン・クラーク、ジェイク・ギレンホール、ジョシュ・ブローリン、サム・ワーシントンはじめ豪華キャストで映画化した群像山岳ドラマ。ニュージーランドの旅行会社が公募した登... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/09/01 12:00
[映画]エベレスト 3D
2015年、アメリカ・イギリス 原題:Everest 監督:バルタザール・コルマウクル 脚本:ウィリアム・ニコルソン、サイモン・ボーファイ 出演:ジェイソン・クラーク、ジョシュ・ブローリン、ジョン・ホークス、エミリー・ワトソン 3D日本語吹き替え版を鑑賞。 1996年のエベレ ...続きを見る
一人でお茶を
2017/09/01 12:09
デス・ゾーン〜『エベレスト 3D』 【2D・字幕版】
 EVEREST ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/09/01 23:07
『エベレスト(2015)』('15初鑑賞81・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 11月7日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:20の回を鑑賞。3D・字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/09/03 20:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
眼下のアリンコのような人間達の
登攀模様や生き死になどどこ吹く風、
威風堂々のエベレストの景観は
さすがによく撮られていたかと。
そびえ立つ山々、自然の寡黙さに
圧倒されてそれだけで私はお腹いっぱい。(笑)
多大なる元手かけてあんなに順番待ちして・・
「冒険はやればやるだけ喉が乾いてキリがない」
山登り好きの知人のお言葉。↗︎
冒険も欲のあらわれ、ですからね。^^;
vivajiji
URL
2017/09/01 12:03
実際の遭難事件を描いているので、話は作りようがないかんじですよね。
たくさんの登山隊が同時に上るので、順番待ちやらでけんかになってたり、主役になるチームも、何度も登山経験のある人が参加してる割には準備不足に見えたり、現実は意外とああなのかなあと???になりました、これは私が登山と縁遠いので何も知らないせいもあります。
天候が急変してからは、とにかく降りないとだめですよね。でも、劇中では、子供たちのくれた旗を頂上に立てたいという、おそらくこの機会を逃したらもう登山することはない人の熱望にリーダーがほだされてしまっていました。観ていると、そうしたい気持ちがわかるだけに、複雑な気分になったです。
nessko
URL
2017/09/01 12:16
vivajijiさん、こんにちは。

>エベレストの景観
その威容につきますよね。
人間ドラマがどうのこうの言っている意見を読みましたが、固定観念につきまとわれているような気がします。
 この映画はぐちゃぐちゃした人間の物語ではなく、自然の中の人間の小ささを見るものでしょう。

>「冒険はやればやるだけ喉が乾いてキリがない」
実際にやった人ではないと、なかなか出て来ない言葉かもしれません。
オカピー
2017/09/01 23:19
nesskoさん、こんにちは。

>登山
僕も全く解らないですねえ。
商業登山の始まりの頃で、まだノウハウが足りなかったのでしょうか。
今でも登山は事故が多いですが。

>リーダー
もっとドライになるべきだったのでしょうが、自分も冒険家で他人の気持ちが解りすぎたのでしょうね。それ故の悲劇でした。
オカピー
2017/09/01 23:20

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「エベレスト」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる