プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「バイオハザード:ザ・ファイナル」

<<   作成日時 : 2017/08/18 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2016年アメリカ=フランス=ドイツ合作映画 監督ポール・W・S・アンダースン
ネタバレあり

2010年代に入りゾンビ映画の類はもう御免と観ないことに決めたが、本シリーズは全部観てきたので、この第6作(一応最終作)も観る。そもそも第一作は、ゲームの映画化の中では純度が高くサスペンスフルなので買ったのだ。

本作は、ヒロインであるアリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のナレーションという形で、初めて観る人にも基本設定と流れが解るように作られている。ナレーションで始まる映画は余り好きではないものの、シリーズ(厳密にはシリアル)の場合はある程度やむを得ない。

アリスは、アンブレラ社の人工知能“レッド・クイーン”の裏切り的情報により、アンデッド化を進めるウィルスを死滅させるワクチンのある場所を目指し、アンブレラ社アイザックス博士(イアン・グレン)がそうはさせじと繰り出す様々な作戦や難所をクリアし、再会した仲間クレア(アリ・ラーター)らと手を取り合ってワクチン奪取をもくろむ。

シリーズの脚本全てを書いてきたポール・W・S・アンダースンが監督だが、アクション描写が細切れでわけが分からず、全く気に入らない。
 その代わりに、脚本はなかなかよく出来ている。ゾンビの描写が少なく、クローン人間のアイデンティティを絡めたSF的内容に興味深く、アリスと“レッド・クイーン”とアンブレラ社創設者の娘アイリスとの関係が楽しめる。しかし、アンブレラ社がウィルスを作った理由が、「インフェルノ」と同工異曲なのには苦笑するし、こういう社会派めかしたおためごかしは余り歓迎できない(現実問題として、人口が増えすぎて食料が決定的に足りなくなることはないと考えている)。

若い人は、あんなわけの解らないアクション描写に満足できるのだろうか?

「ソウ」シリーズも本シリーズも、前作に見られた瑕疵をごまかすように次の作品を作っているような気がする。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バイオハザード:ザ・ファイナル ★★★★
カプコンの人気ゲームを映画化したミラ・ジョボビッチ主演による人気アクション「バイオハザード」シリーズの最終作。人類の大半がアンデッドと化した世界で、人類最後の希望となったアリスは、悪夢のような現実の全ての始まりの場所、ラクーンシティのハイブへ戻ることに... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/08/18 19:11
「バイオハザード:ザ・ファイナル」
ファイトがわかりにくかったりして、盛り上がらないんよ。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/08/19 07:10
『バイオハザード・ザ・ファイナル』('16初鑑賞113・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 12月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 16:30の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/08/22 09:58
バイオハザード:ザ・ファイナル
瓦礫の中で目を覚ましたアリスの前に、思わぬ情報提供者が現れる。 それは宿敵アンブレラ社のシステムを司る人工知能レッドクイーンだった。 「地上で生き残っている4472人の人類は48時間後に滅び、アンブレラ社の抹殺計画は完了する。 救済の手段は抗ウイルス剤のみ。」  半信半疑ながら、アリスはウイルスを探すため、ラクーンシティへ向かう…。 人気SFサバイバルアクションホラー第6弾。 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/30 17:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
先進国と呼ばれている国々で少子高齢化が起きているのは、人類が滅びないための自然の流れかも・・・・

最近のAIの発達もすさまじいようで、将棋のAIが人間に連勝しているのは、食べたり飲んだり寝たりする必要がなく過去の勝敗を忘れることがないからかと思っていたら、AI自身が考えて、まったく新しい手を作り出しているためだそうであります。
すでに人間を超えちゃっているかも(≧◇≦)
中国政府も自身の作り出したAIに四苦八苦しているようでありますしね。
ねこのひげ
2017/08/19 03:12
ねこのひげさん、こんにちは。

キリスト教徒やイスラム教徒の考える神と少し違いますが、宇宙にはバランスを取ろうとしたり、統一に向かおうという力が働くと思っています。

戦争や病気は人口調整機能なのではないか、と不遜にも思ったりしますね。学歴が高くなると、子供を作らなくなるなんてのも、そういう流れでしょうか。

>AI
お盆で姉夫婦がやってきた時にI−PADの話になって、「老兵は去り行くのみですよ」という結論になりましたよ(笑)
全然新しい技術にはついていけませんや。
オカピー
2017/08/19 17:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「バイオハザード:ザ・ファイナル」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる