プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ヴィジット」

<<   作成日時 : 2017/08/17 11:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督M・ナイト・シャマラン
ネタバレあり

15年くらい前は世界で一番ギャラの高い監督だったM・ナイト・シャマランの新作だが、彼の作品は徐々に上映規模が縮小している模様。

母親キャスリン・ハーンは19歳で駆け落ち結婚して以来祖父母と交流がないが、祖父母が希望するので孫娘オリヴィア・デヨング嬢と弟エド・オクスンバウルド君が遊びに出かける。一週間滞在の予定で、ビデオ撮影に夢中の姉は、母親と祖父母の確執をテーマにしたドキュメンタリーを製作するつもりである。
 優しく迎えてくれた祖父母であるが、祖母は夜中に徘徊して吐瀉するし、祖父は納屋に使用済みの大人用おむつを隠している。祖父は祖母を夕方神経症を患っていると言い、祖母は祖父を認知症であると言う。その言葉に疑う余地はないが、パソコンのカメラがバターで汚されたり、祖父母が娘(兄弟の母親)の話を一切したがらないなど、姉弟にとって不都合な出来事が続き、やがて驚愕すべき事実が明らかになる。

若手が頭角を現すのに便利なホラー映画で大流行しているPOV(主観)映像中心に構成されているが、客観映像も同じくらい挟んでいる辺り、シャマランがベテランの矜持を示している感じがするのは良い。

内容には疑問が多い。特に、孫たちが祖父母の顔を知らないのは、ご都合主義的にすぎる。一番大事な前提が駄目なので、後段の為に置かれた少なからぬ布石が空振りしてしまっている。

汚されるパソコン内蔵のカメラや祖父母が母親の話を避ける件は、真相が判明する終盤への伏線となっているものの、余りにあからさますぎて意外性を弱めている。そして、こうしたどんでん返し的展開に拘っているところにシャマランの限界があり、そこに結局「シックス・センス」での台頭以降、現在まで映画作家として竜頭蛇尾的な印象に留まっている原因があるのではないだろうか。

内容故に余り詳細が書けないのが、シャマランならでつまらん。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ヴィジット」
いやはや、そういうことだとは、つゆ知らず。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/08/18 06:36
ヴィジット ★★.5
『シックス・センス』などで知られるM・ナイト・シャマラン監督が手掛けたスリラー。三つの奇妙な約束事がある祖父母の家にやって来た姉弟が体験する恐怖を描く。『パラノーマル・アクティビティ』シリーズなどのジェイソン・ブラムと『マッド・ナース』などのマーク・ビエンストックが、本作の製作陣にも名を連ねている。約束が破られたら何が起こるのか、様子が変な祖父母や夜中に聞こえる音、襲ってくる女など、随所に伏線の張り巡らされた予測不能な展開に引き込まれる。 あらすじ:休暇を過ごすため田舎にある母方の祖父母の家を訪... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/08/18 19:06
シャマラン復活? 〜『ヴィジット』
 THE VISIT ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/08/20 10:30
ヴィジット
両親が離婚したばかりの15歳の姉ベッカと13歳の弟タイラーは、ペンシルバニア州メイソンビルに住む母方の祖父母の家で1週間過ごすことに。 祖父母は歓待してくれるが、2人は「3つの約束」をさせられた。 第1は「楽しい時間を過ごすこと」、第2は「好きなものは遠慮なく食べること」、第3は「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」。 その夜、姉弟は異様な気配と物音で目が覚める…。 ホラー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/30 17:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ヴィジット」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる