プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「花と木」〜ウォルト・ディズニー短編アニメーション傑作選

<<   作成日時 : 2017/08/14 11:03   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
1932年アメリカ映画 監督バート・ジレット
ネタバレあり

WOWOWによる「アガデミー賞!ウォルト・ディズニー短編アニメーション傑作選」の一本。1933年アカデミー短編アニメ賞を受賞した8分の秀作である。

夜が明け、植物たちが目覚める。男の木が女の木と恋仲になるが、これに嫉妬した男の枯れ木が男の木にチャンバラによる攻撃を仕掛ける。返り討ちに遭った枯れ木が自棄になって火を起こす。これが森に広がって、森中に植物や鳥が協力して火消しに奔走するが、いつしか火は枯れ木自身に襲い掛かり、消滅してしまう。翌朝、若い二本の木は結婚式を行う。めでたしめでたし。

というお話で、擬人アニメと言えばそれまでだが、一切口をきいたりしないので一種の映像詩という印象が醸成される。これがファンタスティック(幻想的)で、実に良い。背景音楽としてシューベルト「葬送行進曲」やワーグナー「結婚行進曲」が添えられていて、クラシック音楽をモチーフにした後の長編「ファンタジア」(1940年)への原点的短編として見ることができる。史上初のテクニカラー・アニメという映画史的な価値もある。

踊る二本の木の周りを可憐な花が踊り、虫が指輪になったり、ホタルブクロのような花が火事を告げる鐘になったり、水をくむバケツの機能を果たしたり、楽しさいっぱいである。

日本では劇場未公開。

ミュージカルとアニメはカラーが良い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画評「三匹の子ぶた」〜ウォルト・ディズニー短編アニメーション傑作選
☆☆☆★(7点/10点満点中) 1933年アメリカ映画 監督バート・ジレット ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/08/15 09:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「花と木」〜ウォルト・ディズニー短編アニメーション傑作選 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる