プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「スター・トレック BEYOND」

<<   作成日時 : 2017/08/10 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年アメリカ=香港=中国合作映画 監督ジャスティン・リン
ネタバレあり

1970年代末から「スター・ウォーズ」のブームに乗って映画として作られることになった「スター・トレック」シリーズは、「スター・ウォーズ」に比べて垢抜けない印象があったが、新シリーズは「スター・ウォーズ」より面白いと感じられるくらい。特に第1作は秀作だった。監督がジャスティン・リンに代わったこの第3作はコミカルさが増して、良くも悪しくもリンが担当していた「ワイルド・スピード」数作に似て些か軽い。

カーク艦長(クリス・パイン)が宇宙探査に出ている最中、未知の宇宙船に乗る女性から仲間を助けてほしいと頼まれ、救助に出かけるが、実はクラール(イドリス・アルバ)と名乗る謎の人物が率いる異星人の軍団が、惑星連邦をやっつけようと攻撃を仕掛け、エンタープライズの面々がばらばらになってしまう。

かくして、暫くはばらばらになった面々の並行描写が続くため、主人公たる艦長や副艦長スポック(ザカリー・クイントー)だけでなく、ドクター(カール・アーバン)やロシア風の英語でよく喋るチェホフ(アントン・イェルチン)、クラールに親を殺された女性ジェイラ(ソフィア・ブテラ)と協力して大活躍するスコット(サイモン・ペッグ)も同じくらいの分量で描写され、“絆は弱いものか強いものか”というテーマを打ち出していく。

脚本家(サイモン・ペッグとダグ・ユング)は、連邦軍に強い恨みを持つクラールに“絆は弱い”或いは“戦争が我々を強くする”と言わせ、反国連的なトランプ大統領を思わせる人物像形をしているのが興味深い。製作時まだ候補に過ぎなかったトランプをモデルにしたという噂もある。

賑やかなスペクタクル的見せ場はいつも通りだが、人物をばらけさせて展開した為に散漫になる傾向が若干あり、ユーモアを多めにした反動で力感が不足気味で、3作の中では最も弱体。

北朝鮮と米国の挑発合戦が激しくなっている。まあはったりだろうが、トランプは精神分析の観点から問題があると言われているだけに、どうなるか見当がつかない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スター・トレック BEYOND ★★★・5
往年の大ヒット・ドラマ・シリーズを「M:i:III」「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督がリブートしたSFアドベンチャー大作のシリーズ第3弾。深宇宙へ向けて航行を続けていたエンタープライズ号が惑星連邦を否定する新たな敵と遭遇、連邦の理念を守るべく過酷な戦いに身を投じるカークたちクルーの運命を描く。出演はクリス・パイン、ザカリー・クイント、ゾーイ・サルダナらレギュラー・メンバーに加え、新たにイドリス・エルバ、ソフィア・ブテラが参加。監督は前2作のJ・J・エイブラムスに代わ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/08/10 20:45
『スター・トレック BEYOND』('16初鑑賞97・劇場)
☆☆☆−− (10段階評価で 6) 10月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:50の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/08/13 20:27
「スタートレック BEYOND」☆バツグンに面白い
SFものは真っ暗な宇宙空間を縦横無尽に飛び回る宇宙船による、白熱した空中戦バトルが繰り広げられるのが常であり、そのような映画は「スタートレック」をはじめとして、基本寝てしまうのがこの私。 暗い中でぐるぐる飛ぶので、目が回ってしまい、酔いやすい私はすぐに目から入る情報をシャットダウンするように体が出来ているだけで、SF映画に何の罪もない。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/08/14 21:42
「スター・トレック BEYOND」
アクションで、誰が何をして、どうなった(どこに行った)のかが、よくわからないので、おもしろくない。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/08/15 07:17
スター・トレック BEYOND (2016)
J・J・エイブラムスが再構築したシリーズの第3弾今度も、J・J・エイブラムスは製作に回り、『ワイルド・スピード』シリーズなどのジャスティン・リンがメガホンを取ったのですね。エンタープライズ号は、未踏の星に不時着した探査船を捜索中、謎の異星人・クラール(イドリス・エルバ)がエンタープライズ号を襲撃。カークたちは脱出するも、艦は墜落し、クルーは散り散りに。その不時着した惑星で、約100年前に消息を絶ったエディソンが乗艦していたフランクリン号を発見。その船を自らの家としてた宇宙人との交流から、エンター... ...続きを見る
のほほん便り
2017/08/23 11:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「スター・トレック BEYOND」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる