プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」

<<   作成日時 : 2017/07/23 09:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督ジョン・M・チュウ
ネタバレあり

第1作は、イリュージョン(大がかりのマジック)を利用した犯罪模様に新味があり、映画として許容範囲ぎりぎりのどんでん返しもイリュージョン式に素直に楽しんだが、この第2作は監督がジョン・M・チュウちゅう(という)監督に代わって調子が落ちた。ま、二匹目のどじょうによる新味不足が大きいので、監督のせいではありませんけどね。

僕は自前でストーリーを記すのだが、ややこしくてよう書けない。

ジェシー・アイゼンバーグ、ウッディー・ハレルスン、デイブ・フランコ、新入りの紅一点リジ―・キャプランから成るイリュージョンの四騎士(ホースメン)が集まって、CEOに催眠術をかけてIT企業の不正を暴こうとする。途中で邪魔が入り土管(脱出用シューター)で逃げ出す羽目になるが、何故か着いた先はマカオで、彼らの前に天才エンジニアのダニエル・ラドクリフが現れる。実は、前作で悪党側として登場したマイケル・ケインの私生児で、四騎士との間で文字通り虚々実々に駆け引きが繰り広げられる、といったところだろうか。

これに陰で糸を引くFBI捜査官マーク・ラファローと、彼らのせいで臭い飯を食うことになったトリック研究家モーガン・フリーマンが大いに絡んでくる。

目まぐるしくて考える暇を与えられずに、しかも人名でこんがらっているうちにお話はどんどん進み、アクション描写もあるが、基本は互いの騙し合いで、最後の最後にフリーマンの本当の正体が判る。それではこれで完結かと言うと、まだまだ作れそうな感じ。

イリュージョンを利用した犯罪という新味がなくなったのが最大のマイナス点だが、「オーシャンズ11」など組織犯罪ものの型を全く出ていないのも弱い。その点では第1作のほうが脚本の完成度が高い。

組織犯罪をモチーフにした本作で、ITによるプライバシー侵害への言及が出て来る辺り、アメリカ人は“愛国者法”に随分ショックを受けたことが伺われるが、僕は日本の官憲の性格からして“共謀罪”法のほうが将来大きな問題になっていくのではないかと危惧する。北朝鮮のミサイルより余程怖いよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」
よくわからないところがあると、おもしろくなくなる。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/07/23 11:59
『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』('16初鑑賞82・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 9月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 12:15の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/07/23 14:02
グランド・イリュージョン 見破られたトリック★★★★
イリュージョンを駆使して悪がせしめた大金を奪う犯罪集団フォー・ホースメンの活躍を描いた『グランド・イリュージョン』の続編。ハイテク企業の不正を暴こうと計画を進める彼らと、立ちふさがる天才エンジニアの攻防を活写する。監督は『G.I.ジョー バック2リベンジ』などのジョン・M・チュウ。ジェシー・アイゼンバーグ、マーク・ラファロ、ウディ・ハレルソンなどの主要メンバーが再結集し、ダニエル・ラドクリフが宿敵となるエンジニア役で参戦。より驚きを増したイリュージョンとスリルを極めた物語に圧倒される。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/07/23 22:15
「グランドイリュージョン 見破られたトリック」
やっぱりマジックというものは、いつでもドキドキワクワクさせてくれる。そして種明かしは知りたいのだけれど、知ってしまうとあっという間に色褪せてしまうのも又マジックである。そういった点からは、今回の種明かしはどうなんだろう?フォー・ホースメンのラストの種明かしは、良し、と思う。でも、オーラスのグリニッジ天文台での種明かしは、私としてはちょっと鼻白んだなぁ、というのが率直な感想。というか、どちらの種明かしも正直くどいと感じた。でももちろん面白かった。ただ、前作を観ていないと、フォー・ホースメンの何たる... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/07/24 18:50
グランド・イリュージョン 見破られたトリック
派手なイリュージョンショーで不正に搾取された金だけを奪い、決して逮捕されないイリュージョニスト集団フォー・ホースメン。 そのテクニックはFBIまでも欺き、世間からの喝采を浴びる存在だった。 しかし、巨大IT企業の不正を暴露するため行ったイリュージョンは、何者かの策略で失敗。 逆にホースメンの素性が暴露されることに…。 クライム・サスペンス第2弾。 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/04 14:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる