プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ミニオンズ」

<<   作成日時 : 2017/06/16 08:48   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督カリル・バルダ、ピエール・コフィン
ネタバレあり

「怪盗グルー」シリーズのスピンオフ作品。

悪党に仕えるのを至上の喜びとする黄色い謎の生き物ミニオン(子分の意味なり)たちは、何と恐竜時代より前に生まれ、次々と変わる親分たちよりたくましく生き延びて、遂に1968年。
 ケヴィン、ボブ、スチュワートの三人(?)が新しいボスを探すべくニューヨークに辿り着き、大悪党大会でスカーレット・オーバーキル(声:サンドラ・ブロック)という女強盗と意気投合する。彼女は女王になる夢を持ち、実現するために英国に向かう。三人は彼女に命じられてロンドン塔に侵入し、やがてボブが伝説の聖剣エクスカリバーを抜いた為にエリザベス女王自ら彼に王位を譲り、さらにボブが法律を変えてスカーレットに譲位する。
 しかし、悪意もないのに彼女を殺す寸前に追い込んだ三人が彼女の一味に追われる。が、逃れるうちにケヴィンが巨大化し、一味に対峙する。

というナンセンスなお話で、ナンセンスだから意味がある(言葉遊びです)。実際にはかかる映画を理解するセンスと、特にサブカルチャーに関する知識・教養が必要な作品で、楽しめなかった方はそのどちらかか或いは両方が欠けている。従って、若い人が本質的に楽しむのはかなり難しく、好評の方においても「ミニオンが可愛い」で済ます方が多い。

1968年だから米国ではニクソンが大統領候補者で、町はヒッピーたちがラブ&ピースを唱えて闊歩し、英国ではビートルズがアビー・ロードを渡っている。

ビートルズが出てきたので大量に紹介されるポップスについて語りますと、タートルズ「ハッピー・トゥゲザー」、ローリング・ストーンズ「19回目の神経衰弱」、スペンサー・デーヴィス・グループ「アイム・ア・マン」、ドアーズ「ブレイク・オン・スルー」、ジミ・ヘンドリックス「パープル・ヘイズ(紫のけむり)」、キンクス「ユー・リアリー・ガット・ミー」、ボックス・トップス「あの娘のレター」、ザ・フー「マイ・ジェネレーション」、「モンキーズのテーマ」などが出て来る。殆どが1966〜68年に流行った曲で、BGMとして時代を絞って精選されている印象。
 エンド・クレジットで流れるのは何とビートルズものほんの「ゴット・トゥ・ゲット・ユー・イントゥ・マイ・ライフ」で、続いてミニオンたちによるビートルズ「レボリューション」。後者はやはり1968年発表だからかなり徹底しているが、ボブがエリザベス女王から貰ったギターで弾くのはヴァン・ヘイレン「エラプション」で、これだけ未来にタイム・スリップしている。しかし、その後ギターを破壊するのはジミ・ヘンドリックスのパロディー。

大昔に幽閉が多く行われたロンドン塔の模様など音楽以外でもパロディー満載だが、早く流れてしまうので一々記憶している余裕がない。いずれにしても、幅広い知識があると大いに楽しめるはずなので、1960年以前に生まれた人に向いていると思う次第。

サントラを買えば、ロックが一番活気のあった時代が少し勉強できまっせ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ミニオンズ(吹替)』
□作品オフィシャルサイト 「ミニオンズ」□監督 ピエール・コフィン カイル・バルダ□脚本 ケン・ダウリオシンコ・ポール□キャスト(声の出演) 天海祐希、設楽統、日村勇紀、宮野真守、藤田彩華、LiSA■鑑賞日 8月8日(土)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2017/06/16 12:04
ミニオンズ3D ★★★★
『怪盗グルー』シリーズで登場し人気を博した、謎の生物ミニオンたちが主人公のアニメーション。正体不明の愛くるしいキャラクター、ミニオンたちの秘密や、グルーとの出会いなどが本作で明らかになる。ボイスキャストを務めるのは『ゼロ・グラビティ』などのオスカー女優... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/06/16 21:21
映画評「レジェンド 狂気の美学」
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2015年イギリス=フランス=アメリカ合作映画 監督ブライアン・ヘルゲランド ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/06/18 11:47
『ミニオンズ』('15初鑑賞61・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 8月12日(水) 109シネマズHAT神戸 シアター10にて 16:30の回を鑑賞。2D・吹替え版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/06/18 20:35
映画評「TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ」
☆☆(4点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・宮藤官九郎 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/06/23 11:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ミニオンズ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる