プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「トリプル9 裏切りのコード」

<<   作成日時 : 2017/05/09 07:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督ジョン・ヒルコート
ネタバレあり

欲望のバージニア」の断ち切るようなタッチが気に入ったジョン・ヒルコートの最新作。

今度は現在の南部ジョージア州アトランタが舞台。かつてオリンピックも行われたが、犯罪が多い町らしい。

特殊部隊の元兵士キウェテル・イジョフォーは、幼ない息子をロシアン・マフィアの女親分ケイト・ウィンスレットに人質に取られているため、やむなく強奪の実行グループのリーダーとして働いている。グループの中には現職の警官アンソニー・マッキーもいて、多くの官憲が汚職にまみれている状態である。
 ある時非情な女親分が警戒厳重な国土安全保障省襲撃を命じたため、彼らは時間稼ぎの為に警察の緊急事態である“コード999”の状態を無理やり発生させる羽目になる。これは、官憲が襲われ(て多くは死亡し)たことを意味し、発動されると警官はそれに集中する。その間隙をついて襲撃を行うということである。

僕の理解では、”コード999”は人情的なものであって絶対的にそうしなければならないわけではなさそうで、不安定な計画と思われるが、こういうものが実際にある(のだろう)ということは勉強になる。

そのスケープゴートになるのが、汚職のことを知らずにマッキーの相棒となった白人警官ケイシー・アフレック。しかし、この計画が密かに進むうちに何とマッキーが倒れることになる。警官の間で裏切りが行われているのである。

結論らしい結論がないわりにお話はややややこしく、トレースしにくいところがままある。即実的な描写が実録的なムードを醸成し気分を出している一方、その目的の為だろうが、暗くて解りにくい場面が多い難点もある。

といった具合に「欲望のバージニア」より弱いが、実感のある犯罪映画として評価しておきたいものあり。但し、大衆映画的な作りではないので、万人向きとは言えない。

「風と共に去りぬ」ではアトランタは火で包まれ、今はマフィアに囲まれる。「欲望のアトランタ」といったところじゃろ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「トリプル9 裏切りのコード」
裏切り、裏切られの繰り返し。救われる者はいるのだろうか?トリプル9(コード999)とは、警察官が現場で負傷又は死亡した時に流される警察の無線コードのこと。このコードが無線で伝わった瞬間、ありとあらゆる警官、パトカー、SWATは現場に急行する。最大の罪人、警官殺しの犯人を追うために。それは、犯罪多発地域において、トリプル9が発動されたその数分間は警官が全く機能しないことを意味している。これを利用して、ある犯罪の集大成を遂げようとする集団がいた。ロシアンマフィアと結託して…というよりロシアンマフィア... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/05/09 12:25
トリプル9 裏切りのコード ★★★★
「ザ・ロード」「欲望のバージニア」のジョン・ヒルコート監督がケイシー・アフレック、キウェテル・イジョフォー、ノーマン・リーダス、ウディ・ハレルソン、ケイト・ウィンスレットら実力派俳優陣をキャストに迎えて放つ群像クライム・アクション。ロシアン・マフィアに操られた悪徳警官たちが立てた禁断の犯罪計画が、やがて思わぬ確執や裏切りを生じさせ、予測不能の事態を引き起こしていくさまを、リアルかつ迫力のアクションとともに描き出す。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/05/09 18:54
16-146「トリプル9 裏切りのコード」(アメリカ)
悪人を捕まえな、刑事さん  凶悪犯罪都市アトランタ。ある日、特殊部隊の元兵士や悪徳警官で構成された武装グループによる銀行強盗事件が発生する。  グループのリーダー、マイケルは、これを最後にロシアン・マフィアとの関係を絶とうと考えていた。しかし女ボスのイリーナはそれを許さず、彼の息子を人質に新たな要求を突きつけてくる。それは、警戒厳重な国土安全保障省の施設を襲撃するという、あまりにも無謀なミッションだった。  追い詰められたマイケルは、警察の緊急コード“トリプル9”を利用する禁断の犯罪... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/05/10 23:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「トリプル9 裏切りのコード」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる