プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」

<<   作成日時 : 2017/05/20 09:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 4

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督ジェームズ・ボビン
ネタバレあり

本作のことではないが、原作ものに対して「原作へのリスペクトがない」なんて意見を放つ人がいる。映画関係者が映画化権を買った以上原作をどう料理するのも自由、リスペクトするいわれなど全くないと思うのだが、一歩譲ってその意見を承服した場合僕が言いたいのは、一番原作へのリスペクトがないのはペロー童話やグリム童話を好きなように変えたディズニーであろうということ。ところが、昨日地上波放映されたフランスの最新版「美女と野獣」に対して「ディズニー作へのリスペクトがない」と意見を目にして噴飯した。フランス発祥の原作を全くリスペクトしていないのはディズニーであろうに。主客転倒も甚だしい。少なくとも自国のおとぎ話をフランスの映画界がどう料理しようと我々日本人の知ったことではない。
 そんなことを考えたのも「鏡の国のアリス」と同じ原題を持ちながら、本作が「アリスが鏡を通り抜けて異世界へ入る」という基本以外は何の関係もないお話に終始するからである。邦画に対し多く「リスペクトしろ」と騒ぐ連中もこの手の古典には何も言わない。古典を読まないから文句も言えないのだろう。

19世紀半ば、亡父の遺産である商船を継いだ妙齢美人アリス(ミア・ワシコウスカ)が船長としての航海から帰国すると、母親が借金返済の為、経営者になった若造に船舶の譲渡を確約していたので、絶望する。
 やがて鏡に思わず入り込んだアリスは前作で知り合った旧友たちのいる異世界へ移動、昔災難で失った家族を思い出して落ち込んでいるマッド・ハッター(ジョニー・デップ)を助けるべく、赤の女王(ヘレナ・ボナム・カーター)と訳ありな関係でもある“時”(サシャ・バロン・コーエン)から事実上のタイムマシンである“クロノスフィア”を失敬して、大本の原因である赤の女王がひねくれた性格になった事件の直前に戻る。
 が、アリスの奮闘も空しく過去は変えられず、その代わりに“クロノスフィア”を奪った赤の女王が少女時代の自分と出会ったことから世界が錆びて固まってしまう。

さてこの顛末はどうなりましょうか・・・というお話で、最初に気に入らないことを話しておこう。
 まず、かなり女性の権利が抑え込まれていた19世紀英国で女性船長ですか。アヘン戦争以降のお話でありながら中国(清)との関係も綺麗事で、歴史修正気味と言いたくなる。ハリウッド映画のフェミニズム傾向、中国賛美的傾向がここでも出て「またかいっ!」てなものである。

しかし、「鏡の国のアリス」とは全く関係のないタイムトリップものになってからは、前作のティム・バートンに比べてストレートな展開ぶりなのでミーハー的に楽しめる。造形美やそもそもお話らしいお話のない原作に拘らなければ、これはこれで悪くない。

ヒトラーに倣ってか、右派にメディアを批判する人が多い。中でもNHKに対する批判には噴飯ものが目立つが、「美女と野獣」並みに傑作だったのか“聖徳太子を厩戸皇子という下卑た名前で呼んで貶めたNHKはけしからん”というもの。しかるに「日本書紀」を読む限り厩戸皇子が正式名。聖徳太子は後の呼称に過ぎない。日本の伝統を言う輩に限って日本の古典すら読まず、祖国の昔を何も知らない。やれやれ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
わりと、たのしかった。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/05/20 10:10
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅
凡作やけどアラン・リックマンが命を与えている!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/05/20 10:28
アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅3DIMAX★★★★
「不思議の国のアリス」「鏡の国のアリス」をモチーフにした前作の続編で、アリスが時間の旅に出るファンタジーアドベンチャー。帰らぬ家族をひたすら待っているマッドハッターを助けるべく、アリスが時をさかのぼり奮闘する姿を活写。前作の監督ティム・バートンが製作を... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/05/20 18:08
『アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅』('16初鑑賞64・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月2日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:25の回を鑑賞。 2D:字幕版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/05/21 11:35
「アリス・イン・ワンダーランド3D」 イカレてないイカレ帽子屋
さんざんに3Dを言ったものの、思い直して再チャレンジ! なんといってもジョニー様だからね♪ ご忠告どおり、真ん中より後ろで観たものの、今度は劇場が大きすぎたため、思ったより後ろ過ぎて〜 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/05/22 00:12
「アリス・イン・ワンダーランド/j時間の旅」☆もはやフルCG
ここまで見事なCGで、『なんでもあり』なアリスのファンタジー世界を作りだせているのなら、最早、ジョニデのメイクもCGでいいのでは? というか、既に目だけ大きくしてみたり、ほぼメイクもCG? 白塗りに飽き足らず、どんどんど派手メイクになっていってるジョニデなら、もういっそマッドハッター自身もCGで? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/05/22 18:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
最近のハリウッド映画は中國が資本を出していることが多いですからね。

コクトーは『美女と野獣』の映画化のさい、日本を訪れたときに見た歌舞伎の鏡獅子を参考にしたと言われておりますね。
映画『メッセージ』に出てくる宇宙船がお菓子の”ばかうけ”にそっくりだとネットで評判だというのでテレビ局がインタビューのさいに聞いたら『参考にした』と答えていたのには笑ってしまいました。
ジョークがわかる監督であります。
ねこのひげ
2017/05/21 05:24
ねこのひげさん

病気の方はかなり抑えられたようですね。
良かった。

>中國が資本
一番アメリカ映画を観るのも中国・・・
日本がアメリカ映画をもっと見ていた頃でさえ、こういう日本びいきはなかったのにねえ。寧ろ経済摩擦があった為、揶揄されることが多かった・・・

>『参考にした』
本当だったりして^^
 いずれにしても、最近の若い人は大した知識もないくせに潔癖症的に模倣を「パクリ」と言ったり、原作ものに対して「原作をリスペクトしろ」などと批判します。「美女と野獣」のケースは出鱈目も甚だしいですが、そもそも文化は模倣から生まれるので、これを言ったらいつまでも同じものしか作られなくなりますよね。
オカピー
2017/05/21 20:49
オカピーさん☆
TB&コメントありがとうございました。
そしてTBを間違えてしまって申し訳ございません。
どうもジョニデの白塗りものにはどこか無かったものにしたい気持ちが働いてしまうのでしょうか?(笑)
原作で「鏡の国の〜」まで読んでいる人少ないですね。リスペクトしようにも…
ノルウェーまだ〜む
URL
2017/05/22 18:23
ノルウェーまだ〜むさん、こんにちは。

連絡しようか迷ったのですが、ご無沙汰していることもあって、決断しました^^

>ジョニデ
そもそも、何故にここまで人気があるのか僕には解らないのです。

>「鏡の国の〜」
僕は読みましたが、お話らしいお話がないので、映像作品にはまずならないと思います。だから、映画は現状程度で良いと思いますが、映画を原作の下に置こうとする原作ファンの意見が僕は気に入りません。映画として面白ければ良いと思いますがねえ。
オカピー
2017/05/22 22:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる