プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「クリーピー 偽りの隣人」

<<   作成日時 : 2017/05/14 09:53   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 6 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2016年日本映画 監督・黒沢清
ネタバレあり

無数の映画を観てきた中で一番怖さを感じたのが黒沢清監督「CURE」である。あの名状したい怖さは何だったのだろうか。がっかりしたくない為却って再鑑賞できないでいる。本作は性格が比較的「CURE」に近いが、あの作品が人間存在に関し哲学的であったのに対し、心理学的である。その分、怖さが解りやすい。

犯罪心理学を得意としていた刑事・西島秀俊がサイコな容疑者に対して失態を演じて辞職し、大学の犯罪心理学講師に転職、妻・竹内結子と共に、郊外に越してくる。挨拶に行った隣人は変な人ばかりだが、高校生の娘・藤野涼子がいる自称協会理事の香川照之は一見して異常者である。
 同時に、西島は失踪しただけなのに“事件”扱いされている一家三人の失踪事件に興味を覚える。一家のうち娘・川口春奈だけ残っているのも謎で、やがて同じ事件に関心を持って接近してきた元部下の東出昌大と共に事件を探ることになる。
 両事件の関連に気付いた東出は隣人の名前を名乗っている香川が別人であることを確認した直後、その隣の家の火災現場からその家族と共に焼死体で発見される。ベテラン刑事・笹野高史からその事実を聞かされた西島は香川に娘の誘拐犯人として通告される。妻は妙な薬を打たれて、娘と称している一家の両親を殺した香川の言いなりになっている。
 果たして、西島を待つ運命は?

というミステリアスなサイコ・スリラーで、主犯が遠縁の家を乗っ取り家族同士を殺し合わせた尼崎事件を思わせたりもするが、前川裕の原作「クリーピー」が書かれたのは事件発覚より少し早いので、小説が現実の先を行った形である。

ミステリーとして理詰めに見ていくと穴が多い。疑問百出である。しかし、黒沢監督は敢えて疑問を残しながら進めている感があるので、そこに余り拘ると酷評しかできない為、その点は敢えて無視して評価したい。
 念の為にその疑問の代表格を言っておくと、人々が何故香川の言いなりになるのか、特に当初の結子奥さん(少し後でもう一回触れる)。後半頻繁に出てくる薬剤にその効果があるのは推測できるが、打たれている様子のない娘については不明。恐らくは生き延びる心理上のもので、これも仲の良かった姉を殺した尼崎事件の妹娘を思い出させるが、幕切れを見ても終始“振り”であったのだろう。

終盤はいつの時点からか(以心伝心かもしれない)三人が示し合わせていたと理解するのが合理的。結局支配下に収めた人間に裏をかかせて邪魔な人間を罠にはめてきた香川が【策士策に溺れる】を地で行き、裏をかかれるというところに面白味がある。一見出たとこ勝負的でテキトーなように見えながら実はお話に一貫性があるのである。

結子奥さんが香川になびく経過が全く省略されている為大きな疑問として後まで尾を引く一方、一見幸福に見える有閑夫人が夫の気づかない不満を抱えている社会学的実相を背景に漂わす。これに都会の非常に希薄な近所付き合いの問題と郊外独自の住宅環境とが絡み合うことで、じわじわと恐怖が形成されることになる。

香川は、西島のいう秩序型と無秩序型の間で、犯行理由も犯行のタイミングも解らないタイプ。人間の存在そのものが怖くなる「CURE」に対して、怖い人間の存在が怖いのである。設定が現実的とは言えないものの、背景に現実性が揺曳し、そこに恐怖が沈潜する。極めて現代的な恐怖劇として買いたい。

黒沢清の作品としては後味は悪くない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「クリーピー 偽りの隣人」
とにかく怖い。こっっえ〜!のである。香川照之が異常者で西島秀俊が過去に傷を持つ有能な犯罪心理学者であるという、ステレオタイプな配役だったとしても、だ。ラストのクライマックスに至るまでの展開は壮絶な心理戦であるにもかかわらず、香川照之が異常過ぎて怖過ぎて、それが見えてこない程に。そしてこの2人は生物学的な立ち位置が全く違うジャンルに位置しているようにさえ見えるのに(あ、つまりイケメンかそうでないかということも含めてね)、息がぴったりと合っていて、実は同じジャンルの出自なのではないかと思わせる。竹内... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/05/14 10:00
クリーピー 偽りの隣人
公式サイト。前川裕原作、黒沢清監督。西島秀俊、竹内結子、川口春奈、東出昌大、香川照之、藤野涼子、戸田昌宏、馬場徹、最所美咲、池田道枝、佐藤直子、笹野高史。何と言うか、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/05/14 10:02
クリーピー 偽りの隣人 ★★★・5
『アカルイミライ』などの黒沢清監督がメガホンを取り、第15回日本ミステリー文学大賞新人賞に輝いた前川裕の小説を映画化。隣人に抱いた疑念をきっかけに、とある夫婦の平穏な日常が悪夢になっていく恐怖を描く。黒沢監督とは『LOFT ロフト』に続いて4度目のタッグとなる... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/05/14 10:44
「クリーピー 偽りの隣人」
拳銃をもったら、あいつを撃っちゃえばいいんじゃない? ...続きを見る
或る日の出来事
2017/08/25 18:50
クリーピー 偽りの隣人
元刑事で犯罪心理学者の高倉は、6年前に発生した「日野市一家行方不明事件」に興味を持ち、事件現場を訪れた際、一家の中でただひとり残された女性・早紀と出会う。 一方、新居へ引っ越した挨拶のため近所を回っていた高倉の妻・康子は、隣家・西野家の主人の不躾な態度に唖然とする。 西野家との近所付き合いが始まってからしばらくして、高倉は西野の娘・澪から「あの人、お父さんじゃありません。 全然知らない人です。」と告げられる…。 サスペンス・スリラー。 ...続きを見る
象のロケット
2017/08/28 17:24
映画評「ダゲレオタイプの女」
☆☆★(5点/10点満点中) 2016年フランス=ベルギー=日本合作映画 監督・黒沢清 重要なネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/09/16 08:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
 日本のマスメディアのせいでサイコパス=虫けらのように人を殺す・・みたいな印象を与えますが、実際には、シャーロック・ホームズやジェームス・ボンドも、高い知性を持ち、冷徹にして有能、優雅にして残忍なサイコパスの特性がつまっている、といわれていますね・。
彼らを社会的に成功した”善のサイコパス”とするなら、悪のそれの代表はレクター博士になりますかね(笑)

 この監督の前作の「岸辺の旅」は現代の「雨月物語」ともいえる作品で、黒沢清らしからぬ、まるで彼の遺作になるかのような雰囲気でした。
若いと思っていた黒沢清もすでに齢60を越え、溝口が58歳、小津が60歳で鬼籍に入っていることを思えば決して若くなく、よもやそのつもりでいたのか?と勘ぐるぼくをあざ笑うかのような今回はいたって黒沢らしい題材でした(笑)

 日常を描くのがうまい黒沢清の、小津安二郎風の普通の作品を一度撮らせて見たいと思うのですが・・やはり、妙に不穏な気配がするのでしょうかね(笑)
浅野佑都
2017/05/15 03:45
浅野佑都さん、こんにちは。

>サイコパス
反社会的性質を持っているかどうかで、分かれるのでしょう。
ホームズが反社会的なら、大変な犯罪者になっていますね。レクター博士がその代表格でしょう。死ぬまでに原作は読んでおかなくちゃ(笑)

>「岸辺の旅」
黒沢監督が拘ってきたオカルトではありましたけど、恐怖劇にしなかったのが興味深かったですね。生きている蒼井優が人間として怖かったですが(笑)

>黒沢清もすでに齢60を越え
ほぼ僕らの世代。
映画監督も野球の監督も自分より年下が増えてきました(笑)

>今回はいたって黒沢らしい題材でした(笑)
比較的ストレートな幕切れに「丸くなったかな?」という気が少ししました。

>小津安二郎風の普通の作品
黒沢監督が仰るに、「世間のイメージとは違いますが、黒澤明監督は展開が遅い。小津監督は実は早い」(常々そう思っていたので膝を打ちました)。
 本作で見せた、主人公が帰ってきたら思いがけず隣人がいた、という場面の、恐くて素晴らしいカット割りを逆手に取ると、小津のように展開の早いホームドラマができそうです。
オカピー
2017/05/15 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「クリーピー 偽りの隣人」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる