プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」

<<   作成日時 : 2017/04/24 08:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年オランダ映画 監督マイク・ファン・ディム
ネタバレあり

何年かに一遍お目にかかるオランダ映画で、20年位前に「キャラクター/孤独な人の肖像」を見たマイク・ファン・ディムの第2作。寡作ですなあ。

40年ほど前幼年時代に父親を失って以来感情を失った大富豪の貴族イェロン・ファン・コーニンブルッヘが、一緒に生きてきた母親を失って死への旅路を決意し、何度も自殺に失敗した後出かけた崖のそばで拾った小物を届けに出かけた葬儀社で、自殺幇助をしてくれることを知り、どう死ぬか解らないサプライズというオプションを選ぶ。普通に生活している中で事故死に見えるように殺してくれるのである。
 棺を選んでいる時に同じ目的をもって訪れた美人ジョルジナ・フェルバーンと出会って意気投合、死を待ちながらデートを重ねるうちに感情が蘇るが、契約は変更できずに葬儀社から襲撃されることになる。

というお話。
 この後どんな風に展開していくかは見てのお楽しみといったところで、僕は葬儀社が殺すふりをして顧客に生への希望をもたらす、といった展開を予想したのだが、全くそうにはならず、ブラック・コメディーに終始。その割にドタバタした感じや嫌味が薄いのが、この監督の持ち味なのか、殊勲と言って良いような気がする。
 貴族的なとぼけた品の良さをよく出したコーニンブルッヘや60年代の女優のようなムードのあるジョルジナが緩衝材的に貢献している。

視覚上のお楽しみは、貴族の住むお城の中や庭園、そして何十台もある車(多くはヴィンテージ性の高い高級車)の数々。画面のレベルも高いが、欧州からは変わり種が多く登場するので、物語としては少々物足りなさを覚えるのは致し方あるまいか。

オランダは安楽死を法律で認めているが、勿論こうした形の自殺幇助が許されているわけではないので、お間違い無きよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
素敵なサプライズ
ブリュッセルの奇妙な代理店、という副題がついております。 この代理店、早く人生終わらせてとっとと逝きたい方々のために、ご依頼者に ピッタンコ合った“お迎え”をセッティン ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2017/04/24 11:21
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店 ★★★・5
『キャラクター/孤独な人の肖像』が第70回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したマイク・ファン・ディムによるコメディー。大富豪の青年が自殺ほう助のサービスに申し込んだものの、ある女性と出会ったことから一転、二人で逃避行を繰り広げる羽目になる姿を描く。『LOFT −... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/04/24 13:55
素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店
ポケモンGO(業) 公式サイト。オランダ映画。原題:De surprise、英題:The Surprise。マイク・ファン・ディム監督。イェロン・ファン・コーニンスブルッヘ、ジョルジナ・フェルバーン、ヤン・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/04/24 18:38
「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」
原題は「The Surprise」。このタイトルにはちゃんとした理由がある。「人生は驚きに満ちている」とかナントカの定番センテンスはさて置いて、この作品に出てくる不可思議な代理店が提示するメニューの一つに「Surprise」があるのだ。その代理店とは…あの世への旅へと導くお手伝いをする非合法の会社。オランダの貴族ヤーコブは、幼い頃に父を亡くしたことをきっかけに、喜怒哀楽、何の感情も持たない人間に育ってしまった。母親はそれを案じ、彼にどんなことでもやらせてみたものの、彼の感情の発露は遂に見られるこ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/04/24 23:03
16-210「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」(オランダ)
快適な旅をご用意出来るとすれば楽しみですか  母親が亡くなり、天涯孤独となったオランダの大富豪ヤーコブ。莫大な資産を寄付し、身辺整理をして、かねてからの願いだった自殺を試みる。  しかしなかなか上手くいかず途方に暮れていたところ、ひょんなことからブリュッセルにある奇妙な代理店“エリュシオン”の存在を知る。そこではなんと、顧客のあの世への旅立ちを請け負っていたのだった。  ヤーコブはさっそく、いつ、どこで、どのように死ぬかおまかせという“サプライズ・コース”を契約する。ところがその直後... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/04/25 01:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる