プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」

<<   作成日時 : 2017/04/19 08:55   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年イギリス映画 監督ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
ネタバレあり

およそ2年前に観た「ハンナ・アーレント」と併せて観たいTV映画である(日本では劇場公開された)。

1961年、前年アルゼンチンに逃亡中のところをイスラエルのモサドに逮捕されたナチスの親衛隊幹部アドルフ・アイヒマン(ヴァイドタス・マルティナイティス)が、エルサレムの法廷で裁かれることになり、敏腕TVプロデューサー、ミルトン・フルックマン(マーティン・フリーマン)が放映権を獲得、赤狩りによりアメリカで干されたドキュメンタリー作家レオ・フルヴィッツ(アンソニー・ラパリア)を監督として起用するが、イスラエル当局からの難題、元ナチ党員若しくはナチ・シンパからの脅迫と実行など次々と問題が降りかかる。
 テロに遭いそうになったフルックマンはあくまで冷静に視聴率を稼ぐインパクトのある番組を構成しようするが、フルヴィッツはアイヒマンが人間的な感情を表す瞬間を捉えようと必死になり、しばしば意見が対立する。
 結局アイヒマンは感情らしい感情を出さない。しかし、彼が自分は「死の行進」を命じなかったが提案したと認めたことをもって彼らは勝利の感情を味わう。

フルヴィッツがホテルの女性(レベッカ・フロント)から「あなたのおかげ」と謝意を示される場面と合わさることにより、この幕切れが実際以上の感動をもたらすよう工夫が為されている。実際のフィルム/ビデオからのフッテージと再現場面との組み合わせもなかなか上手い。

とは言うものの、素材故にやや散文的で味気ない印象が醸成されてしまっているし、何よりホロコーストを捉えた、とても正視できない実際の映像の前に再現ドラマが見劣りする。スティーヴン・スピルバーグの「シンドラーのリスト」においてでさえ、最後に生き残った本物の人々が出てきた時に「本物には敵わない」と思ったのだから、この手の作品の宿命みたいなものなのだが。

アイヒマンに人間の普遍的な悪を見出したいフルヴィッツは、感情をなかなか出さない彼を特別な悪魔的な人間と思わざるをえなかった時間が長かったと想像されるが、この裁判をつぶさに見た哲学者アーレントによれば、彼は命令に唯々諾々と従う思考停止した陳腐な悪(人)だったからこそ感情を表に出さなかったのだ。最後にフルヴィッツもそれが理解できただろう。

Allcinemaに「アメリカの若き敏腕プロデューサー」とあるが、ナチ・シンパが脅す家族もイスラエルにいるようだし、「アメリカの」は間違いと思う。もしかしたら家族といる場面は時系列が別なのかもしれないが、そうであれば作品の作り方に問題がある。

2年前から読もうと思いつつ、ハンナ・アーレントの著作を未だ読んでいないデス。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アイヒマン・ショー 歴史を映した男たち
観客を呼び込まなければなんないの! 特に、中高年層を! そんな声が聞こえてきそうな副題がご丁寧についた本作。 ナチス・ドイツものは、柳の下にドジョウが何百匹?・・・ 残酷 ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2017/04/20 12:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
映画評「アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる