プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「64-ロクヨン-前編」

<<   作成日時 : 2017/04/01 10:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 11 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年日本映画 監督・瀬々敬久
ネタバレあり

瀬々敬久という監督は、余りにテキトーな作劇で僕を呆れさせたパニック映画「感染列島」を作るかと思えば、4時間を超える純文学作品「ヘヴンズ ストーリー」を作り、掴み切れない作家であるが、作劇が極端になる傾向があると言って良いのではないか。

わが群馬県の上毛新聞社出身の人気作家・横山秀夫の同名小説を映画化した本作は、横山作品の例に洩れず、群馬県が舞台である。

群馬県警(“ある県警”とぼかしているサイトが多いが、出て来るパトカーを見れば一目瞭然。掲示物にも群馬の文字が出ている)の広報官・佐藤浩市は、交通事故の加害者(有力者の娘)を匿名にしたことから、瑛太をリーダー的存在とする記者クラブの連中から激しい抗議を受け、一週間しかなかった昭和64年に起きた営利誘拐殺人事件(ロクヨン事件)の被害者(永瀬正敏)宅へ警察庁長官が訪れる行事に関し取材ボイコットを宣言されてしまう。
 この訪問の背景にあるのは、県警刑事部長人事に絡む警察庁による県警の天領化という目論見だから、本部長(椎名桔平)に命じられてこれを実行させる役目を追う彼は刑事部から責められる。
 かくして匿名の方針を取り下げることで警察庁長官行事を取材させるかどうかのジレンマに佐藤広報官は苦しめられることになるが、首覚悟で組織人としての立場を捨て匿名方針を撤回し、ロクヨン被害者に思いを馳せることを記者連中に訴える。そんな折にロクヨンを彷彿とする誘拐事件が起きる。

本来一つの作品として作られるべき大作の前編に当たる作品だからこれだけで評価することは適当ではないのだろうが、一編の作品であることも確かなので本編だけで少し書いてみる。

横山作品と言う以上に、瀬々監督作品だからやはり大袈裟な印象がある。これは通してみても変わらないであろう。
 本編においては、記者クラブ連中の高圧的な態度が非常に気になった。広報官が主人公だから彼の立場で観てしまうのが人情とは言え、客観的に見ても少々行きすぎている。この辺がいかにも瀬々作品である。映画という一方的に進む媒体において、警察の役職が色々出て来て混乱を惹起するのも難点。

主人公が指摘するように、記者の諸君は組織人間の固定観念に陥っている。相手が個人として話をしようとしても群馬県警を代表して話しているように思い込む。全体の印象は後編を待つしかないが、この前編の中では、それを滔々と訴える終幕の場面が人間的な感動を呼ぶ。前編のハイライトはここであろう。

戦前・終戦直後はこうした短いスパンでの前編・後編公開スタイルが邦画に流行したが、昭和30年〜平成10年くらいまでであれば一本の超大作として製作・公開されたにちがいない。「歴史は繰り返す」か?

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
64−ロクヨン−前編
豪華キャストも中身もてんこ盛り 公式サイト。横山秀夫原作、瀬々敬久監督。佐藤浩市、綾野剛、榮倉奈々、夏川結衣、緒形直人、窪田正孝、坂口健太郎、筒井道隆、鶴田真由、赤井英 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/04/01 11:03
64-ロクヨン-前編/64-ロクヨン-後編
【概略】 かつては刑事部の刑事、現在は警務部・広報官の三上義信は、常にマスコミからの外圧にさらされていた。そんな彼が、昭和64年に発生した未解決の少女誘拐殺人事件、通称「ロクヨン」に挑む。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2017/04/01 12:24
64-ロクヨン-前編
犯人は、まだ 昭和にいる。 上映時間 121分 原作 横山秀夫 脚本 瀬々敬久 久松真一 監督 瀬々敬久 出演 佐藤浩市/綾野剛/榮倉奈々/夏川結衣/緒形直人/窪田正孝/坂口健太郎/菅田俊/瑛太/吉岡秀隆/永瀬正敏/三浦友和 ...続きを見る
to Heart
2017/04/02 18:38
『64 −ロクヨン− 前編』('16初鑑賞48・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 5月7日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン1にて 13:50の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/04/02 20:40
「64 ロクヨン」☆まだ何も始まらない
豪華キャストを取り揃えた映画にロクなものはないけれど、この映画は違う。 皆さん本気でいい仕事をしていて、大物俳優だからといって脇役なのに突出してしまって話をぶち壊すこともなく、それぞれが見事にその役割を全うしているのが伝わってくる。 勿論、「このミス」1位の横山秀夫の原作も真摯で重厚で申し分ない。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/04/02 23:58
64−ロクヨン−前編 ★★★★.5
人気作家・横山秀夫の傑作ミステリー巨編を佐藤浩市をはじめとする実力派キャストの豪華共演で映画化したミステリー・ドラマ。監督は「ヘヴンズ ストーリー」「ストレイヤーズ・クロニクル」の瀬々敬久。 ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/04/03 10:04
「64(ロクヨン) 前編」
後編が待ち切れない。こんな気持ちは久々だ。昭和最後の7日間に起こった少女誘拐殺人事件。通称「64(ロクヨン)」。時効まであとわずか一年に迫った平成14年、事件は大きく動き出す…。そうか、昭和64年って、平成元年って、もはやこんなにノスタルジックな風景なのか。…当然息子達は生まれている筈もなく、道道が日の丸の半旗を掲げている通りの風景や、小渕官房長官がブラウン管の向こうで「新しい元号は‘平成’です」と楷書を掲げた光景は、彼らにとってはもはやあまりにも映画的なシーンなのであろう。知らない世界。想像力... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/04/03 12:54
映画評「64-ロクヨン-後編」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・瀬々敬久 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/04/05 10:00
映画評「ちはやふる−上の句−」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・小泉徳宏 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/04/16 09:15
映画評「ちはやふるー下の句ー」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・小泉徳宏 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/04/16 09:22
独断的映画感想文:64 ロクヨン 前編
日記:2017年4月某日 映画「64 ロクヨン 前編」を見る. 2016年.監督:瀬々敬久. 出演:佐藤浩市(三上義信),綾野剛(諏訪),榮倉奈々(美雲),夏川結衣(三上美那子),緒形直人(目崎正人) ...続きを見る
なんか飲みたい
2017/04/28 12:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おひさしぶりです。
ねこのひげはくたばりかけておりました。
癌だそうです。
また、手術のため4月6日に再入院します。
まだコメントできませんが、いずれ落ち着いたらコメントさせて頂きます。
では、また
ねこのひげ
2017/04/02 06:33
ねこのひげさん

心配しておりました。
癌ですか。
しっかり治して、また元気に遊びに来てください。
お待ちしております。
オカピー
2017/04/02 17:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「64-ロクヨン-前編」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる