プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「スポットライト 世紀のスクープ」

<<   作成日時 : 2017/03/06 10:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年アメリカ=カナダ合作映画 監督トム・マッカーシー
ネタバレあり

2015年度アカデミー賞作品賞と脚本賞を受賞した話題作。「扉をたたく人」で“上手い”と感心した監督のトム・マッカーシーは本作と合わせて考えてみるとやはり社会派監督で、前回の「靴職人と魔法のミシン」は畑ちがいだった。

2001年ボストン、ユダヤ人マーティ・バロン(リーヴ・シュライバー)が地元紙“ボストン・グローブ”の新局長として赴任、“スポットライト”という特集記事のネタを探すうちに、神父による児童虐待事件が目に入り、デスクのウォルター・ロビンソン(マイケル・キートン)に調べるよう指示、記者マイク・レデンデス(マーク・ラファロー)やサーシャ・ファイファー(レイチェル・マクアダムズ)が駆けずり回ることになる。

色々入り組んでいる為却って詳細なストーリーは端折るしかないし、本作の場合、詳細は大して意味がない。要は、神父は結婚できないという教条とその閉鎖故にカトリック教会には児童虐待が潜在的にある事実と、2000年近くに渡って育まれたその絶大なる権威がそうした事実を隠蔽してしまう現実から、人間の罪深さに思いを馳せ、記者の多くがカトリック教徒である為にそれに対峙する難しさと闘いながら克服していく姿に感動を覚えさせる、そんな映画である。

カトリック教会に準ずる存在がない非キリスト教徒の日本人にはその巨大さが解りにくいが、毎週教会に行く習慣以上に、カトリック教会系の学校の存在が児童虐待の温床になることくらいは解る。日本にも教会の救護院での暴力や淫行を扱った「ゲルマニウムの夜」という誠に後味の悪い作品があり、アメリカでは神父による児童性的虐待の潜在性を背景に作られた「ダウト〜あるカトリック学校で〜」という秀作があり、併せて見ればよりピンと来るだろう。

かつて日本でも稚児を相手に同性愛にふける僧侶が少なくなかったのはよく知られている(自民党の地方議員が「日本には伝統的に同性愛の習慣がない」と言ったのは無知の極み。武家にあっても有名な「葉隠」は男色を勧めているし、「日本書紀」では冒頭の神話時代に言及があり、井原西鶴は「日本書紀」を引用して「男色大鑑」をものしている。日本ぐらい伝統的におおらかに同性愛もしくは両性愛を認めていた国はないのではないか。同性愛に厳しくなったのは、明治時代の文明開化において産業革命で労働力増加の必要性に迫られ同性愛を排斥するようになった西洋文明の影響であろう)。

ただ、稚児の場合は被害者意識のある人もいただろうし、愉悦に身を委ねる人もいただろう。この映画にも「(少年時代に)被害に遭い、(神父時代に)ちょっとしたいたずらをしたが愉悦はなかった」と一部認める元神父も出て来る。勿論、人権意識の低かった時代(の稚児)と現在の一般的児童とを単純に比較することはできないし、本作が問題としているのは、職業を問わず一定の率でいる筈の小児性愛者の問題以上に、庶民に大きな影響を与えるカトリック教会の権威のとてつもない大きさ・・・暴力的な威嚇をするマフィアや権力者とは全く違う種類の巨悪と言うべきか・・・である。それを乗り越えて行った地方新聞社の記者たちの意志の力に感動する。局長がカトリックとは恐らく無縁のユダヤ人であったことが壁を乗り越える大きな要因であったに違いない。最後の無数の電話は、彼らが乗り越えることで壁自体が崩れたことを物語る。一般人も壁を超えることができるようになったのである。

アメリカでは大統領が率先して一部マスコミを排除しようとし、日本では政府や与党が都合の悪い報道を「偏向」と称して封じ込めようとする。マスコミの諸君、権力に迎合せず、本作を見て頑張ってくだされ! 大本営発表ほど始末に負えないものはないのだから。

閑話休題。
 共同で脚本も書いたマッカーシーは大げさな表現を避けて観照的に物語を進めていて、それはそれで大いに賞賛すべきだが、映画的な味わいや力感という意味ではやや不満を生ずる。脚本賞は良いとしても、作品賞としては些か物足りない。

世界終末時計がトランプの出現で進んだそうな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スポットライト 世紀のスクープ
本当の主演はリーヴ・シュレイバー 公式サイト。トム・マッカーシー監督。マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/03/06 11:12
「スポットライトー世紀のスクープー」
人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期連載を信条としたコラムでその犯罪を告発する。期待していた通りの正統派の作品であった。マーク・ラファロもマイ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/03/06 12:51
「スポットライト 世紀のスクープ」
そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。 ...続きを見る
或る日の出来事
2017/03/06 14:37
スポットライト 世紀のスクープ
今年のアカデミー作品賞と脚本賞とった映画ですね。 この手の話が好きな方でしたらすぐあの名作を思い浮かべるでしょう。 そう、「大統領の陰謀」。 ほんのちょっとのヒントに食ら ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2017/03/06 16:14
スポットライト 世紀のスクープ★★★.5
カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。出演はマーク・ラファロ、マイケル... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/03/06 17:37
スポットライト 世紀のスクープ
動く新聞みたいな見応えがあった。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/03/06 18:29
映画:スポットライト Spotlight  真実はひとつしかない、を再実感させる点で、貴重な光を放っ...
まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2017/03/06 23:56
「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動
ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/03/07 00:14
16-232「スポットライト 世紀のスクープ」(アメリカ)
俺たちの街で何かが起きている  2001年、夏。ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン。さっそく目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。  しかしボストン・グローブの読者は半数以上がカトリック教徒。彼らの反発を招きかねないと古参幹部は難色を示すが、地元のしがらみと無縁で、なおかつユダヤ人のバロンは強気に押し切っていく。こうして、リーダーのウォルター“ロビー”... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/03/07 00:49
闇にさす光〜『スポットライト 世紀のスクープ』
 SPOTLIGHT ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/03/07 07:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お久しぶりです。
マスコミなんてのは政治に限らず、BPO、スポンサー、芸能事務所らに配慮しながら記事を作るので、なかなか大変な職業です。
情報という木を配慮しながら削って削って、我ら一般市民に伝えられる真実とやらは、大きな情報のほんの一欠片に過ぎないでしょう。
トランプ大統領の言葉を借りれば「偽物」ですね。
マスコミもマスコミで、理論の整合性などそっちのけで、やたらと感情的な報道が目立ちますし、もう溜め息しか出ませんよ。

愚痴みたいなコメントになってしまって申し訳ないです。

2017/03/07 19:15
米さん、こんにちは。

>真実
小林よしのり氏曰く、「右も左も、自分の信じたいものだけを信じる」と。
進化論を否定する創造論者は僕に言いました、「信じるものが違う」と。
事実と違って、自分が信じるものが真実なんでしょう。
つまり、真実は、元来、感情的なものだと思います。

トランプ次第で北朝鮮が在日米軍基地をめがけてミサイルを発射する可能性が少し出てきましたね。北朝鮮の設備では、沖縄めがけて発射したものが我が家に落ちるかもしれません。
明日ありと思う心の仇桜、か。
オカピー
2017/03/08 18:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「スポットライト 世紀のスクープ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる