プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「HK/変態仮面」

<<   作成日時 : 2017/03/05 08:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 7 / コメント 0

☆☆(4点/10点満点中)
2013年日本映画 監督・福田雄一
ネタバレあり

女子ーズ」を観て福田雄一という監督は日本のエド・ウッドこと(?)河崎実に作品世界が似ているなあと思ったが、その前年にあんど慶周の漫画を映画化した本作も同様で、下ネタが多いところはそれ以上に似ている。

SM女王の母・片瀬那奈と彼女によりマゾヒズムを開眼した刑事の亡父との間に生まれた高校生・鈴木亮平は、いかつい顔をして真面目でひどく弱いが、転校してきた同級生・清水富美加が強盗により銀行店内に監禁されてしまった時に彼女を救おうと変装マスクの代わりに間違って女性のパンティを顔にかぶったところ物凄い力が湧き、強盗を退治してしまう。
 それから事あるごとに変態仮面として彼女の危機を救い、学校を乗っ取ろうとやってきた不良学生ムロツヨシの繰り出す刺客を退治する。最後の切り札が数学の教師としてやって来た安田顕で、変態仮面として下劣な行為を行って汚名を着せる。やっつけようと偽物退治に乗り出した本物は、しかし、彼の変態ぶりに力を発揮できない。

といった誠にお下劣でバカバカしいお話に終始するわけだが、月光仮面とスパイダーマンと仮面ライダー(あたり)のパロディーとして観ていれば一通り楽しめる。変態仮面が清水富美加のピンチに必ず現れることに気づいたのに、ムロツヨシの作戦が最初のうち彼女を有効に使わず妙に迂回している・・・などと真面目に作劇の珍なるを指摘しても意味がないのでありましょうね。

それにしても街中(ロケ)をあの格好で走らせたスタッフと走った俳優陣の度胸には驚かされる。下手したら公然わいせつ罪になりそうだ。この映画があったので鈴木亮平は「俺物語!!」にも出ることになったのだろう。

いま週刊誌を賑わしている清水富美加をタイミングよく見られました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
HK 変態仮面
復讐するは我にあり 公式サイト。あんど慶周原作、福田雄一監督、脚本協力:小栗旬。鈴木亮平、清水富美加、ムロツヨシ、安田顕、佐藤二朗、池田成志、塚本高史、岡田義徳、大東駿 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/03/05 09:35
「HK/変態仮面」
わりと楽しく見たし、(…)仮面の立派なボディには感心。(タイトルに出ているんだから伏せ字にしなくても…笑) ...続きを見る
或る日の出来事
2017/03/05 09:52
13-220「HK/変態仮面」(日本)
そんな屈辱にエクスタシー!   紅游高校拳法部員の色丞狂介は、刑事だった父親の血を受け継ぐ正義感あふれる青年。  転校生のお嬢様・姫野愛子に一目惚れした彼だったが、ある時、銀行強盗に巻き込まれた愛子を救おうと覆面をして変装するはずが間違って女性用パンティを被ってしまう。  すると、ドMの父とドSの女王様だった母から受け継いだ変態の血が覚醒し、潜在能力を極限まで引き出すことができる超人“変態仮面”に変身したのだった。  それは決して誰からも賞賛されないヒーローだが、狂介はそこに悪者が... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/03/05 18:16
HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス★★★.5
あんど慶周のコミックを基にした実写化企画の第2作で、鈴木亮平演じる頭にパンティーをかぶることでパワーを発揮する主人公が新たな危機に挑むアクションコメディー。世界からパンティーが消失してしまうという非常事態に立ち向かう変態仮面の活躍を描く。監督は、前作に... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/03/05 19:07
『HK/変態仮面』
愛子ちゃん、 どうか俺の闘う姿を 見ないで欲しい。 製作年度 2013年 原作 あんど慶周『』(集英社文庫コミック版刊) 脚本:監督 福田雄一 脚本協力 小栗旬 主題歌 MAN WITH A MISSION『Emotions』 出演 鈴木亮平/清水富美加/ムロツヨシ/安田顕/佐藤二朗/池田成志/塚本高史/岡田義徳/大東駿介/片瀬那奈 ...続きを見る
to Heart
2017/03/05 19:28
HK/変態仮面
借りるのに勇気がいった〜(嘘。全く平気ですよん)少年ジャンプで昔連載してた漫画「究極!!変態仮面」の実写化。なつかしいよねー変態仮面。 いやぁ意外と面白かったですよ。エンタメですよ。ただ、漫画原作ものってどうしても中だるみしちゃうんだけど、これもそうだったかな。最初の強盗との戦いの変態ぶり(歩き方とかキモスww)が素敵でしたねー。流れるように無駄のない気色悪さ!攻撃をいなす動き一つ一つが笑えるってのも凄いよ。 主役の鈴木亮平さんの体づくりが半端なく、そしてきれいな肉体をしてる〜。無駄... ...続きを見る
いやいやえん
2017/03/05 19:43
映画評「テラフォーマーズ」
☆☆(4点/10点満点中) 2016年日本映画 監督・三池崇史 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/03/28 08:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「HK/変態仮面」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる