プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ズートピア」

<<   作成日時 : 2017/03/18 09:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 10 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2016年アメリカ映画 監督バイロン・ハワード、リッチ・ムーア
ネタバレあり

昨年日米共に評判を呼んだ(らしい)ディズニー製アニメ。

一見あらゆる動物たちが仲良く暮らしているズートピアという世界。ここにも実際には差別があり、そんな差別が大嫌いなウサギ美人ジュディ(声:ジニファー・グッドウィン)がウサギとして初めて警官になるが、命じられたのが駐車違反の切符切りなので落ち込む。
 しかし、泥棒逮捕に活躍したのをきっかけに、行方不明になったカワウソ紳士の行方を48時間以内に探し出すことを条件に捜査を認められる。それができなければ首である。相棒には、彼女を詐欺で騙したキツネのニック(声:ジェイスン・ベイトマン)を逆に詐欺的な手法で雇い、目撃情報などから、行方不明事件が世間を賑わせている14件の肉食動物失踪事件と関係があることを掴むと、意外な悪玉が浮上してくる。

捜査ものとしては実写の凸凹コンビ刑事を踏襲した内容で、中でも30年以上前の「48時間」を意識しているように思われる。厳密に言えば新味はないわけだが、動物アニメでは珍しいのでそこそこ楽しめる。

しかし、特にアメリカで評価されたのは、ズートピアのモデルにしているであろう実際のニューヨークにおける人種差別の問題と、人間が誰しも持っているかもしれない偏見とを、娯楽性満点のお話のうちに見せた風刺性にあるのだろう。ただ、それ自体も必ずしも目新しいものではなく、実写なら説教臭くて辟易しかねないところをアニメだから見ていられるという程度ではないかというのが僕の印象。偏見の部分の見せ方はなかなか巧いが、感心しきりという程ではない。
 先日観たピクサー製の「アーロと少年」もそこはかとなく人種問題を絡めていたし、アメリカの人種問題の根が深いことがよく解る。トランプ大統領の出現を考えると、予言的な映画と思えなくもない。

先月読んだ黒人作家の小説「アメリカの息子」は黒人人種に根付く抑圧の意識を描いて圧巻だった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画:ズートピア Zootopia 大都会での成長プロットを、見事にディズニーアレンジ
まずメインプロットが鉄板。 若く力のない主人公が、大都会に出て苦労しながら一人前になっていく、というストーリー。 地方&rarr;都会、という構図は日本でも海外でも現代社会の基本パターンのひとつなので、共感されやすいのだ! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2017/03/18 09:55
ズートピア
見た目通り楽しい! ドラマは深い!   ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/03/18 10:14
ズートピア
“おだってる”騒がしいファミリーも今日ならもういないだろうし 明日からスクリーンちっちゃくなるってんで ウサギのおまわりさん大活躍のアニメ作品、観てまいりました。 いやは ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2017/03/18 13:16
ズートピア ★★★.5
あらゆる動物が住む高度な文明社会を舞台にした、ディズニーによるアニメーション。大きさの違いや、肉食・草食にかかわらず、動物たちが共に暮らすズートピアで、ウサギの新米警官とキツネの詐欺師が隠された衝撃的な事件に迫る。製作総指揮をジョン・ラセターが務め、監督を『塔の上のラプンツェル』などのバイロン・ハワードと『シュガー・ラッシュ』などのリッチ・ムーアが共同で担当。製作陣がイマジネーションと新たな解釈で誕生させたという、動物が生活する世界のビジュアルに期待が高まる。 あらすじ:ハイテクな文明を誇るズー... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/03/18 13:57
[映画]ズートピア
2016年、アメリカ 原題: Zootopia 監督:リッチ・ムーア、バイロン・ハワード 脚本:ジャレッド・ブッシュ、フィル・ジョンストン 原案:バイロン・ハワード、リッチ・ムーア 声の出演:上戸彩(ジュディ・ホップス)、森川智之(ニック・ワイルド)、三宅健太(チーフ・ボ ...続きを見る
一人でお茶を
2017/03/18 18:22
『ズートピア』('16初鑑賞40・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 4月23日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 16:45の回を鑑賞。 2D・吹き替え版。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/03/18 20:30
動物たちの国〜『ズートピア』 【字幕版】
 ZOOTOPIA ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/03/18 22:04
16-096「ズートピア」(アメリカ)
なりたいものに、何でもなれる  動物たちの楽園ズートピアで、史上初のウサギの警察官となったジュディ。立派な警察官を目指して意欲満々の彼女だったが、周囲は小さなウサギに務まるはずないと半人前扱い。  それでも決してへこたれないジュディ。  折しも、巷では14件もの連続行方不明事件が発生、警察も捜査に追われてんてこまい。ついにジュディにも捜査に参加するチャンスが巡ってくる。  しかし与えられた時間はたったの2日間。しかも失敗すればクビという厳しい条件が課されていた。  そこでジュディ... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/03/19 01:10
ズートピア
【概略】 “楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディが、与えられた48時間で行方不明事件の捜査に挑む。 アニメーション ...続きを見る
いやいやえん
2017/03/19 07:25
「ズートピア」
ディズニー、安定の品質! ...続きを見る
或る日の出来事
2017/03/20 23:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>「48時間」
私もこれ連想しました。刑事と犯罪者がコンビを組んで謎解きをするんですね。バディもので、しかも片方が女。女が主人公だったので、フェミ方面からの評価が高くやたら持ち上げられていて、正直違和感を覚えるほどでした(が、うかつにそれをいうと怒られそうなあの空気……)。私はどちらかというと、いろんな動物が住んでいる都市という設定なので、熱帯や山岳地帯や寒冷地が地区ごとに分かれていて、だからいろんな土地を舞台にした冒険ものの場面がひとつの映画の中で出てくるのが楽しくていいなと思いました。小さい動物のいる町に主人公が踏み込むとガリバーみたいになるし。ただ、変化が激しくて見ていてちょっと疲れましたね。最後の歌も長すぎたような。「アーロと少年」のほうがゆったりした気分で楽しめました。
nessko
URL
2017/03/18 18:30
nesskoさん、こんにちは。

>フェミ方面
変な平等意識、権利意識は、個人主義者を自認する僕も、ちと考え物だなあと思っています。

>冒険もの
そちらに腐心したのが「アーロと少年」でしたね。
この二つの作品の内容は、かつてであれば、ピクサーとディズニーでは逆ではなかったでしょうかねえ。

>小さい動物のいる町
恐らく、ニューヨークの5つの区をイメージしているんでしょうね。
本作では、草食動物がマジョリティ、肉食動物がマイノリティという感じでしょうか?
オカピー
2017/03/18 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ズートピア」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる