プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ルーム」

<<   作成日時 : 2017/02/26 08:36   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 11 / コメント 0

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2015年アイルランド=イギリス=カナダ=アメリカ合作映画 監督レニー・エイブラハムスン
ネタバレあり

欧米で誘拐・拉致映画が氾濫しているが、これはその中でも異色のアングルから捉えた作品である。

若い母親ブリー・ラースンが、5歳になろうという息子ジェイコブ・トレンブレイと部屋の中で、スキンシップをしている。これだけ見ればごく当たり前の母子である。しかし、この部屋は納屋であり、母親は7年前に連れ込まれて以来外に出ていない。5歳の誕生日を迎えた息子は犯人との間にできた子供。
 子供を加えたことで、今までの拉致・監禁ものになかったアングルがつき、親子の絆を基礎にして最終的に非常に胸に迫る作品となった。

前半は、普通の監禁もの同様に、いかに二人が“部屋”から出ていくか、というサスペンス。
 母親は発熱を偽装して子供を病院へ行かせようとするが果たせない。そこでその発熱で息子が死んでしまったことにし、絨毯に子供をくるむと男(ショーン・ブリジャーズ)にトラックで捨てさせるよう巧みに導く。息子は車がスピードを緩めたたところで絨毯から出て、車から降りる。男に一旦は捕まるが、通行人が怪しみ、事なきを得る。少年の断片的に語る言葉から女刑事が犯人の家、母親の監禁場所を突き止める。
 娯楽映画的には、この女刑事の頭の良さに感動させられる。

かくして保護された母子は短い入院生活の後、息子にとっての祖母ジョーン・アレンの家に移動する。
 ここから第2部の始まりという感じで、最初は初めて見る外の世界に驚く余り打ち解けられない少年に対して、母親は自由な生活が当たり前のように過ごす。
 ところが、少年が世界に慣れ溶け込んでいくに反比例して、自分を見つめる余裕のできた母親は被害者意識を抱き始めて優しい母(祖母)や息子に対して怒りをぶつける。自身の怒りが理不尽であることを知っているので益々彼女としてはやりきれない。再入院して彼女が戻って来た頃、息子には友達も出来ている。そして彼は言うのである、「“部屋”をもう一度見たい」と。

僕ら平凡な人間はこの言葉に些か吃驚させられるのだが、少年はかつて名前を付けて愛したものにサヨナラを言って新しい段階に踏み出す覚悟だったようである・・・激しく過去と闘っている母親より一足早く。それ故に、彼が「ママも部屋にお別れを言いなよ」と言う言葉に強く胸を打たれることになる。そして、そこに仄かに浮かび上がる肉親(これには祖母と母の関係も当然含まれる)の絆もまた心にしみる。
 恐らく誘拐犯の子供ということに抵抗があるらしく別居している自宅へ戻ってしまう祖父ウィリアム・H・メイシーの扱いに関しては些か舌足らずの感があるが、全体として拉致監禁もののフォーマットを使って心理映画を作ったところに大いなる新味あり。冒頭で述べたように拉致された女性に子を設けさせたことにより付けられたアングルの効果である。

外の世界を知らなかった息子にはその世界への対処という課題があり、外の世界を知っていた母親にはそれ故に生ずるPTSDの克服という問題がある。これを対比させるように、次第に重心を息子から母親へ移しながら見せたのが殊勲で、珍しいアイルランドの映画監督レニー・エイブラハムスンのタッチもなかなかみずみずしい。

教育論的な側面もありそうですね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルーム〜卵の殻を破る時
公式サイト。アイルランド=カナダ。原題:Room。エマ・ドナヒュー原作・脚本、レニー・アブラハムソン監督。ブリー・ラーソン、ジェイコブ・トレンブレイ、ジョーン・アレン、ショ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/02/26 08:53
ルーム
決別から始まる希望の人生。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/02/26 10:25
ハロー、世界。〜『ルーム』
 ROOM ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/02/26 10:57
映画:ルーム ROOM たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開!
この映画と聞いて、多分誰もが真っ先にイメージするのが、2年ぶり保護女子中学生監禁事件。 たまたまそうなっただけとはいえ、何とタイムリーな公開! ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2017/02/26 11:00
ルーム
ROOM 上映時間 118分 原作 エマ・ドナヒュー『部屋』(講談社刊) 脚本 エマ・ドナヒュー 監督 レニー・アブラハムソン 出演 ブリー・ラーソン/ジェイコブ・トレンブレイ/ ジョーン・アレン/ショーン・ブリジャース/ウィリアム・H・メイシー ...続きを見る
to Heart
2017/02/26 13:23
ルーム ★★★★.5
アイルランド出身の作家エマ・ドナヒューのベストセラー小説「部屋」を映画化。監禁された女性と、そこで生まれ育った息子が、長らく断絶されていた外界へと脱出し、社会へ適応していく過程で生じる葛藤や苦悩を描いたドラマ。第88回アカデミー賞で作品賞ほか4部門にノミネートされ、息子とともに生きようとする母を熱演した「ショート・ターム」のブリー・ラーソンが、主演女優賞を初ノミネートで受賞した。監督は「FRANK フランク」のレニー・アブラハムソン。7年前から施錠された部屋に監禁されているジョイと、彼女がそこで... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/02/26 18:09
「ルーム」
おとこのこが、かわいいことったら! ...続きを見る
或る日の出来事
2017/02/26 19:14
ルーム
映画館鑑賞、いつもは避けている週末に出陣。 30年来のスガイ劇場鑑賞歴お初の座席指定をば被りました。(笑) かなり話題の映画らしく、そこそこ混んでおりました。 観始めて中 ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2017/02/26 19:29
「ルーム」
これは困った!私は誰の立場で観るのが一番相応しいのか?「ルーム」と呼ぶ唯一の閉鎖された世界に、忌まわしき犯罪の中監禁された母子の事がメインな訳だから、自分の属性としては思いっ切り、ジャックの母であるジョイ(ブリー・ラーソン)に感情移入して観るべきなのだろう。実際に7割方その思いで鑑賞していた。ジャックの目線で観る時にも、自分が育てた幼子の姿になぞらえて感情移入したと言っていいだろう。自分自身の遠い記憶の幼子時代よりも、むしろ。しかし、最も胸を突いたセリフは、ジョイの実母が発した「人生を壊されたの... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2017/02/27 20:48
ルーム(2016)
前半は密室劇。ずっと、この映画を「どうして、脱出劇になるのだろう」と不思議に思ってたのですが、学校帰りに突然、事件に巻き込まれ、監禁されてたんですね。それから7年間、青春を奪われて成人した、少女と、その家族の事を思うに、胸が痛くなります。「外の世界を知らずに育った息子」ジャックが、5歳になった時、ついに脱出を試みます。そして、初めて見る空、外界… ジャックは、最初、母親のそばを離れず、小声でしか話せなかったのが、周囲の愛と適切な気配りによって、どんどん、普通の少年になり、やがて同じ年頃の友人と遊... ...続きを見る
のほほん便り
2017/02/28 12:11
「ルーム」☆嗚咽せずにはいられない
これは暗くした部屋で独りで見たい映画だ。 何しろうっかり声を上げて泣いてしまうから。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2017/03/03 00:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ルーム」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる