プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「母と暮せば」

<<   作成日時 : 2017/01/07 09:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・山田洋次
ネタバレあり

井上ひさしの戯曲「父と暮せば」の男女を逆転させたお話。生前井上氏はこうした設定の戯曲を考えていたらしいが、実現する前に亡くなり、彼に代わってここ十年ほど戦争絡みの作品が多い山田洋次監督が実現した形である。

長崎に原爆が投下されて丁度3年後、原爆で消えてなくなってしまった医学生の息子・二宮和也の墓参りを、嫁になるはずだった黒木華と済ませた助産婦・吉永小百合は、その直後に彼の霊と遭遇する。
 彼女がその死を認めると決心したからだが、映画全編を見れば、彼女が彼を呼んでいることが解ってくる。息子は決して許婚者の前には現われない。彼が現れる人物を選んでいる形だが、実際には幽霊映画の基本通り母親の眼のみが彼を見出すのである。

母親は、息子に貞操を誓い、いつまでも娘のように面倒を見てくれる華ちゃんに済まないと思い、「良い人がいたら結婚しなさい」と勧める。最初はこれを嫌がっていた息子もやがて納得し、華ちゃん自身もこれを受け入れ、小学校の同僚の先生・浅野忠信と結婚することを決める。生活に疲れてきた母親は娘同然の許婚者が生きて幸福を味わうことに嫉妬するが、息子に咎められて眠りにつく。二度と目覚めることのない眠りである。

生きた人間が幽霊と会話する以上、山田洋次の初めてのファンタジーという説明は間違いではないが、幽霊をもう一人の彼女(彼女の声)と考えれば、中年女性の葛藤する心情を綴る心理ドラマということになる。実際、華ちゃんの幸福に関する考えが後半母子の間で逆転するのを見れば、二人の会話が揺れ動く彼女の心理にほかならないことが解る。彼女が逝くのは、息子の死を受け入れ、娘のように可愛がった華ちゃんを片付けた安心感からなのかもしれない。
 しかし、彼女がかかる人生を送らなければならなかったのは偏に原爆が原因であり、かくして反戦への思いが浮かび上がるのである。

山田洋次の演出はやはり見事なものだが、(見かけ上)ファンタジーに過ぎた為に世評は伸び切らなかった模様。特に幕切れに“引く”人が多かったのではないか。他方、原爆を溶けるインク壷のみで表現した辺りは却って鮮烈な印象を与え、考えたものだなあと感心させられる。
 個人的には、闇の物資を届けてくれる“上海のおじさん”加藤健一が話していた主婦に引っ張り込まれて画面右側に姿を消した瞬間に、華ちゃんが婚約者を連れて坂を上がって来るのが見える、という見せ方に感嘆した。こんな映画的な見せ方は数年に一度しか遭遇できない。「山田洋次は技術の監督である」と常々言っているのはそういうことである。

黒木華、声が魅力的。今回それが良く分かった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
母と暮せば〜原節子→蒼井優→黒木華
公式サイト。山田洋次監督、音楽:坂本龍一。吉永小百合、二宮和也、黒木華、浅野忠信、加藤健一、広岡由里子、本田望結、小林稔侍、辻萬長、橋爪功。ニノは幽霊なのでスチール写真 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/01/07 09:37
母と暮せば
まるで吉永小百合による朗読の再現劇。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2017/01/07 10:24
母と暮せば ★★★★
「おとうと」「小さいおうち」の山田洋次監督が、吉永小百合と二宮和也を主演に迎えて贈るヒューマン・ファンタジー・ドラマ。戦後の広島を舞台にした父と娘の物語『父と暮せば』を手がけた井上ひさしが生前に構想していた長崎が舞台の物語というアイデアを山田監督が受け継ぎ、原爆で死んだ息子と生き残った母が織りなす切なくも感動的な絆と希望の物語を綴る。共演は黒木華、浅野忠信、加藤健一。 あらすじ:1948年8月9日、長崎。一人で慎ましく暮らしている助産婦の伸子(吉永小百合。夫と長男は戦死し、次男の浩二(二宮和也)... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/01/07 12:08
『母と暮せば』('15初鑑賞91・劇場)
☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10) 12月12日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 16:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/01/08 12:58
『母と暮せば』
 1948年、長崎。3年前の8月、医学生の次男・浩二(二宮和也)を原爆で失った 母の伸子(吉永小百合)は、助産婦をしながら一人で暮らしていた。そんな伸子 を、浩二の恋人だった町子(黒木華)はたびたび訪ねる。そして、ある夜のこと・・・。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2017/01/08 16:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「母と暮せば」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる