プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「幕末高校生」

<<   作成日時 : 2017/01/24 09:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 0

☆☆★(5点/10点満点中)
2014年日本映画 監督・李闘士男
ネタバレあり

今年は邦画の新しい作品を昨年よりぐっと減らす予定だから、この作品は以前同様にスキップするつもりだったが、再鑑賞ばかりになるのも何なので、昨年11月に観た「信長協奏曲」と比べるのも一興・・・と観ることにした。結果から言えば観なくて十分であるが、一見重厚な「信長」より軽い調子のこちらを買う。お話の整合性で僅かに優っているからだ。

高校の歴史教師・石原さとみとその受け持ち生徒三人即ち柄本時生、川口春奈、千葉雄大が幕末の慶応4年にタイムスリップしてしまう。悪さをしたのは柄本のスマホに収められていたアプリ。
 石原先生は捕らえられたところを歴史的無血開城を成す直前の陸軍参謀・勝海舟(玉木宏)に助けられ、生徒の柄本と共にその屋敷で過ごすことになる。スマホが示す情報では四日後に現在に戻れるらしい。ところが、こちらの歴史は彼らの知る史実と違っていて、勝の望んだ西郷隆盛への無血開城交渉の手紙には“なしの礫”であるし、勝も「何もしない」まま過ごしている。歴史が変わっては自分たちは現在(未来)に戻れないと焦る彼らは懸命に勝を動かそうとする。
 実際には勝は見た目と違って泰然自若に構えていただけで勝算を持ってい、手紙をもみ消すなど邪魔立てをする同僚の副参謀(柄本明)の繰り出す兵隊たちを退け、町民の協力もあって西郷隆盛(佐藤浩市)と会談にこぎつける。

というお話で、少し興味深いのは一緒に現在から消えた四人が夫々違う日に江戸の町に現れること。一年前に出現した千葉君はすっかり侍気取りであるし、半年前に出現した春奈嬢は副参謀の家に住んでいる。彼女がどうも歴史を少し変えた犯人らしい。しかし、副参謀の彼女への反応はどちらかと言えば軟化という感じに見えるので、彼が勝の手紙を届けさせないなどの強硬ぶりはやや首を傾げさせる。ちと解らん。

柄本ジュニアに「何もしないのはそう言う先生も(勝と)同じ」と指摘された石原先生は勝の真価を知ってほんの少し覚醒する部分などは青春映画らしい趣で、観客層であるヤング・アダルトを意識した作劇になっている。説教などはないほうが良いが、若者は案外好む。本格SFではないから、こうした要素が必要となるのも解る。

タイム・スリップものという観点では、四人組は歴史をかき回したようで実は歴史の目撃者のような印象に留まり、余り締まらない。例えば、先生が西郷どんを発見して勝と逢わせるのも、彼女の貢献というより、歴史のダイナミズムが働いた結果のように見えないでもないのだ。逆に言えば、タイムスリップした現代人が大きく歴史に絡む「信長協奏曲」より見通しが良くすっきり見られる。非常に軽量級ながら、いじりすぎないのが怪我の功名になったと思う。採点は出血大サーヴィスじゃよ。

ここから余談。言葉の問題なり。
 勝海舟が序盤のうちに「ちげー(違う)な」と言うが、これは変。言葉の自然な変化の規則に反する。英語でかつて「アウト」と発音していたautoは現在「オート」と発音する。日本語でも「逢坂(あうさか)」が「大阪」に代わった。自然な変化では「違う」は「ちごう」に変化する。順番を逆にすれば、「ちげー」の元は「違い」でなければならない。実際銭形平次は「違いない」を「ちげえねえ」と言う。江戸方言の監修者(クレジットあり)は何をしていたんでしょ? 現代の若者が言う分にはルールの存在も知らず或いは無視して“発明”したのだろうから仕方がないが、現在の若者と遭遇する前の勝が使うのは妙で、さすがに江戸時代にここまで強引な変形はないだろう。

ゆっくりと合理的に進む分には言葉の変化はあるべき(正しい「ら」抜き言葉は合理的)だが、TVのせいで不合理な言葉の急激な変化がまかり通っている。初めて聞く話への「そうなんですね」という近頃目立つ反応は不自然。文末ではない文節若しくは単語の語尾を上げる半疑問も発言の意図が曖昧になるのでまずい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『幕末高校生』
□作品オフィシャルサイト 「幕末高校生」□監督 李闘士男□脚本 橋部敦子□キャスト 玉木 宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、佐藤浩市■鑑賞日 8月3日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>   『デ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2017/01/24 10:29
幕末高校生〜歴史を微妙に変えたギャルメイク
公式サイト。眉村卓「名残の雪」をベースに原案、李闘士男監督。玉木宏、石原さとみ、柄本時生、川口春奈、千葉雄大、谷村美月、吉田羊、渡辺邦斗、柄本明、隆大介、山崎銀之丞、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2017/01/24 11:44
幕末高校生 ★★★
『MW-ムウ-』などの玉木宏とテレビドラマ「失恋ショコラティエ」などの石原さとみが主演を務めたSF時代劇。幕末期の江戸にタイムスリップしてしまった高校教師とその生徒たちが、勝海舟や西郷隆盛などと対面しながら未来である現代へと戻ろうと奔走する。メガホンを取るの... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2017/01/24 11:58
幕末高校生
【概略】 勝海舟と西郷隆盛の和平交渉で終わりを迎えるはずだった幕末。そんなある日、勝海舟は未来からやって来た高校教師・未香子たちと出会う。 時代劇 ...続きを見る
いやいやえん
2017/01/24 14:20
14-368「幕末高校生」(日本)
未来は明るいのか  1868年、幕末の江戸。倒幕を掲げる新政府軍は、“江戸城総攻撃”の日を3月15日と定め、進軍を開始していた。幕府の陸軍総裁・勝海舟は、新政府軍参謀・西郷隆盛に使者を送るなど、必死の和平工作を続けていた。  一方、現代で歴史を教える高校教師の川辺未香子はある日突然、3人の高校生たちと幕末の江戸にタイムスリップしてしまう。  やがて未香子は、西郷からの返事を待つ勝と巡り会う。教科書の知識で“無血開城”が行われるものとタカを括っていた未香子だったが、西郷の使者は一向に現... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2017/01/26 01:37
『幕末高校生』('15初鑑賞51・WOWOW)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 6月27日(土) WOWOWシネマの放送を録画で鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2017/01/27 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「幕末高校生」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる