プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」

<<   作成日時 : 2016/12/26 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ラミン・バーラニ
ネタバレあり

映画は様々な社会の悪を描く。映像では巨悪を描いた方が印象に残るが、今年印象的だったのはどちらかと言えば小悪と言うべきものをテーマにした「ナイトクローラー」。パパラッチの動画版で、その提供先であるTV局共々汚らしい商売であると呆れた。かの作同様に比較的地味な悪徳商売を描いた本作も興味をそそるものがある。

リーマンショック後のアメリカ、母ローラ・ダーンや息子ノア・ロマックスと暮らす大工アンドリュー・ガーフィールドが仕事を失い、サブプライム・ローンのこげつきで銀行に家を差し押さえられてしまう。その音頭を取るのが不動産業マイケル・シャノンで、裁判所のお墨付きで警官も立ち会うのでは一般庶民にはどうにもならない。
 かくして二人と共にモーテルに移動した彼は、程なく、シャノンが糞だらけにされた家の処理に困っているのを見てバイト代稼ぎに掃除を買って出ると、その意気込みを見込んだシャノンから相棒にしようと好条件を提示される。
 家を取り戻したい彼は応諾、やがてシャノンの代わりに玄関先に立つ仕事を任せられる。かくして溜めたお金で、取り戻そうとした家は手続きの関係で諦め、別の豪邸を手に入れるが、悪徳商売は家族にも理解されず、元来好んで始めた仕事ではなかった為弱い者虐めに嫌気がさし、猟銃を持って立てこもった男をこれ以上の悲劇に遭わせまいと、シャノンの仕組んだ私文書偽造を告白してしまう。

なかなかの力作である。しかし、「ナイトクローラー」と違って主人公が正義に走る幕切れに不満の声が目立つ。これは実に悩ましいところで、(全体が大甘であればそういう評価が妥当と思うが、サブプライム・ローン問題が残した現状を見つめた視線は寧ろ厳しいと言って良い)、悪に走ると善に戻れないのが人間なのか、必ずしもそんなことはないのか、という問題が浮かび上がる。
 僕であればそもそもその仕事自体を引き受けないだろうが、仮に引き受けても後悔して止める可能性が高い。自分に照らせば、悪に徹しきれない人は少なくないと思う。
 悪のまま終わる方が現実的というのも一種の固定観念であろう。仮に現実的ではないとしても、実際の世の中が悪ばかりならば、なおさら映画の中くらい善が有っても良いではないか、などと僕は映画論的なアングルから思ったりもする。いずれにしても、決して致命的な瑕疵ではない。

といった次第で、リーマン・ショック後のアメリカ、というよりその元凶となったサブプライム・ローン問題が未だに後を引きずるアメリカ社会を描いて、一種の風俗劇として興味の持てる作品と言うべし。明日は我が身と思って観ると良い。

「99%」は99%の貧乏人ということ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ドリーム・ホーム 99%を操る男たち」
原題は「99 HOMES」。これがラストの展開を物語るタイトルである。平たく言えば、ローンが払えなくなり差し押さえを受けた家を押さえて転売する不動産業者と、家を追い出される人々の話。もちろん、その家に住んでる一家は徹底的に抗戦するが、銀行と裁判所の前には無力である。それにしても、ある日ドアをノックされて、身一つで追い出される一家は、それが指定された立ち退き日であるから止むを得ないとはいえ、こんな風に情け容赦なく追い出されるものなのだなぁ。…アメリカ社会、恐るべし。保安官の立会いのもと、裁判所命令... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/12/26 12:53
ドリーム ホーム 99%を操る男たち★★★
ごく普通のアメリカ市民が、極端な格差社会が生み出した不合理な仕組みに翻弄され、ささやかな平穏な人生さえも奪われていくさまを鮮烈に描き出した社会派ドラマ。主演はアンドリュー・ガーフィールドとマイケル・シャノン。共演にローラ・ダーン。監督は「グッバイ ソロ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/12/26 18:49
16-163「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」(アメリカ)
家なんかに執着するのはやめろ  若いシングルファザーのデニス・ナッシュ。母と小学生の息子と3人暮らしの彼は不況で職を失い、やがて自宅を差し押さえられてしまう。  警察を伴い現われた不動産ブローカーのリック・カーバーは、有無を言わさぬ冷徹さで立ち退きを迫る。やむを得ず、母と息子を連れてモーテルに引っ越したデニス。必死に職を探すが、なかなか見つからず途方に暮れる。  そんな彼に仕事を与えてくれたのは、皮肉にも彼を我が家から追い出した張本人のカーバーだった。  家族の大切な家を取り戻すた... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/12/28 20:46
『ドリームホーム』(2016)我が家は財産か?それとも身動きできなくする負債か?
 安倍首相が伊勢志摩サミットでの会見で、現在の世界経済がリーマン・ショック前の状況に酷似しているという発言をしたことに対し、多くのメディアは批判的でした。 ...続きを見る
良い映画を褒める会。
2016/12/31 14:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは!

この映画は公開時に見に行くつもりだったのですが、やっている小屋が大阪しかなく、遠かったのでDVDで見ましたよ。

この映画の後に公開された『マネー・ショート』もなかなかスリリングで楽しかったのを覚えています。

では、良いお年を!
用心棒
2016/12/31 14:12
用心棒さん、こんにちは。

WOWOWも邦画の進出が激しく、一部の大ヒット映画を除くと、見逃しそうな感じで放映されています。
かつての邦画の危機状態がまるで嘘のようで、完全に立場が入れ替わりましたね。
しかし、かなり観た邦画はつまらず、これでは映画ファンが減っていくなあと思います。観客動員数は好調でも、映画ファンでない人が流行を追って入っているだけ。

愚痴はともかく、一年お付き合い戴き有難うございました。

良いお年を!
オカピー
2016/12/31 20:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ドリーム ホーム 99%を操る男たち」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる