プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」

<<   作成日時 : 2016/12/12 09:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年ハンガリー=ドイツ=スウェーデン合作映画 監督コルネル・ムンドルッツォ
ネタバレあり

1970年代に流行った動物パニック映画を思い出させる内容だが、なかなか面白い。

離婚した母親と暮らす13歳の少女ジョーフィア・プソッタが、母親の3か月の海外出張の間、別れた父親ジャンドール・ジョーテールと過ごすことになるが、彼女にとっては雑種の愛犬ハーゲンがどこへ行っても邪魔にされるのが面白くない。犬を飼うと税金まで払う始末で、父親もやがて犬を捨ててしまう。直後から彼女は犬を探し始めるが、ホームレスに拾われた犬は業者に売られて闘犬として鍛えられると次第に野生の本能に目覚め、遂には保護センターの職員を襲い、他の犬たちをリードして彼らを邪険に扱った人々を襲撃し始める。

暫くは犬を失って落ち込み怒れる少女の動向と犬の野生の本能に目覚めるプロセスを交互にかなりじっくりと描いていくが、一旦ハーゲンが反旗を翻すや風雲急を告げる感じになって物凄い勢いで進行、200匹以上の犬が町中を駆けずり回る怒涛のパニック映画の様相を示し出す。緩急の効果が絶大で、娯楽映画的に俄然面白くなる。それもそれまでのじっくりした描写があればこそで、全体の構成や場面の繋ぎに些かぎこちない部分もあるものの、欧州で特に深刻になっている移民問題を背景に揺曳させ展開させた、21世紀らしい動物パニック映画として実に興味深い。

映画的に僕が気に入ったのは幕切れである。少女がオーケストラの一員の技を生かして金管楽器を吹くと犬が静かになり、伏せた犬たちに合わせて少女も伏せる。それを見て暴力で対応しようとしていた父も伏せる。
 暴力に暴力を以て対応しないという現代人のあり方をメタファーとして静かに(撮影上は超ロングで)示して感動的。主張そのものよりその見せ方が素晴らしいのである。
 70年代ならアメリカ映画でもできたかもしれないが、現在のアメリカ映画特にメジャー映画ではこういう表現はとても期待できない。

ワンちゃんの名演技に拍手。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
虐げられたものたち〜『ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲』
 FEHER ISTEN ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/12/12 11:34
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)
【概略】 13歳のリリは母親の出張中、愛犬・ハーゲンと共に別居中の父親に預けられる。犬の飼い主に課せられる重税とリリの反抗的な態度に怒った父親は、ハーゲンを高架下に置き去りにしてしまう。 パニック・スリラー ...続きを見る
いやいやえん
2016/12/12 14:46
ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲★★★★
身勝手な人間たちによって虐げられた犬たちが群れになって反乱を巻き起こす衝撃の展開が話題を呼び、カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門のグランプリに輝いた異色ドラマ。また、想像を絶する演技を披露した犬たちにもパルムドッグ賞が授与された。愛する少女と突然引き離... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/12/12 17:48
一年遅れのベスト10〜2016年私的ベスト10発表〜
 群馬の山奥に住み、体調も万全とは行かず、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2016年私的ベスト10は皆様の2015年にほぼ相当する計算でございます。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていており、その年の状況によってはとんでもない旧作を入れることがあります。昨年はYouTubeでサイレント映画の秀作を幾つか観ましたが、果たして? ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/01/16 13:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる