プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「Re:LIFE〜リライフ〜」

<<   作成日時 : 2016/11/21 09:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 3 / コメント 0

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督マーク・ローレンス
ネタバレあり

「トゥー・ウィークス・ノーティス」で始まったマーク・ローレンス監督=ヒュー・グラント主演コンビ作はこれで4作目。ローレンスは今時珍しいスクリューボール・コメディーの達人で、本作もまた本格的ではないにしてもスクリューボール・コメディーのヴァリエーションであろう。

15年前に傑作を書いたものの一発屋で終わり、現在は電気も切られてしまうほど困窮している脚本家グラントが、背に腹は代えられず、舞い込んできた大学での作劇法の講師に着任することになる。最初はやる気なく、提出された脚本も読まずに容姿で学生を選んだり、その中の一人ベラ・ヒースコートと懇ろになってしまったりするうち、中年の主婦学生マリサ・トメイに刺激され、脚本講義も次第にそれらしくなる。
 やがて初期の講義態度や学生との不適当な関係が沙汰されると彼は査問会を待たずに自ら首も仕方がないと大学を出ていくが、マリサや学科長J・K・シモンズの家族関係に影響されて息子との関係を見直すと共に、出て行った学校に戻ってくる。

落ち目の脚本家の人間的再生を描いた型通りの内容と言えばそれまではあるものの、映画は勿論ジェーン・オースティンやシェイクスピアの引用が多く、衒学的に楽しめる仕組みになっている。落ち目の監督が映画学(?)を講義する邦画「赤い玉、」と似た着想ながら陽性な作り方なのが有難く、スクリューボール・コメディーのようなシニカルな台詞の応酬の後に清々しい後味が残る。グラントの俳優としての性格によるもので、マリサ・トメイの感じの良さがそれを強烈にサポートしていると思う。

英国訛りのせいで、アメリカ映画におけるグラント扮する主人公は必ず英国から来たことになっているです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人生のリスタート〜『Re:LIFE〜リライフ〜』
 THE REWRITE ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/11/21 12:48
「Re:Life〜リライフ〜」
ここが劇場でなければ声を上げて泣いていたと思う。それ程の作品だった!もうすごくすごく!コメディではあるけれど、楽しくケラケラと笑いながら観られるんだけど、心に響いて堪らない。ヒュー・グラント好き必見!いや、ヒュー・グラント好きでなくても!15年前に「間違いの楽園」でアカデミー賞脚本賞を受賞したキース・マイケルズ(ヒュー・グラント)が、今やハリウッドからお声もかからない冴えない中年脚本家で、食べるために仕方なく、プロデューサーの紹介でハリウッドとは真逆の田舎、ビンガムトンの大学で脚本の講座を持ち、... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/11/21 12:59
Re:LIFE〜リライフ〜
上映時間 107分 脚本:監督 マーク・ローレンス 出演 ヒュー・グラント/マリサ・トメイ/J・K・シモンズ/ベラ・ヒースコート/クリス・エリオット/アリソン・ジャネイ/アンドリュー・キーナン=ボルジャー/スティーヴン・カプラン ...続きを見る
to Heart
2016/11/22 22:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「Re:LIFE〜リライフ〜」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる