プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

<<   作成日時 : 2016/11/20 09:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 8 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・成島出
ネタバレあり

いよいよ後篇。

前篇の段階である程度の勘を持っている方なら、本後篇が明らかにする“事件”そのものの決着について想像がつくであろう。虐められていた女生徒(石井杏奈)が虐めていた男子生徒(清水尋也)を告発するのだから、その事件性については【推して知るべし】なのである。
 原作者・宮部みゆきは、恐らく、最初から謎解き性を捨てている。本作のミステリー要素は人間から人間性を焙り出し浮かび上がらせる火鉢みたいのものに過ぎず、だから、ミステリーとして見ずに人生劇として見るとなかなか胸を打つ内容を持つ。

前篇で打ち出した概念上の大人と子供の対立は継続される。勿論、大人にも子供にも例外がある。だから【概念上】なのであるが、本作に出て来る子供は、ひどい虐めっ子である大出ですら、世知辛い世の中を生きるのに一生懸命である。だから、彼の虐め願望の発生因子となっている父親の暴力にさえ逆らって“出廷”しようとする。
 唯一の例外は、死んだ少年・柏木(望月歩)で、厭世主義になってその病毒を周囲にまき散らす。他の人間が綺麗事を言っていると不満をぶちまける彼自身が一番綺麗事を言っている。その犠牲になるのが検事役であるヒロイン藤野涼子(藤野涼子)であり、被告側弁護士役の神原(板垣瑞生)である。それでも、彼らは生にしがみつく。それが彼らの裁判へのモチベーションなのである。

本作に出て来る大人も概して一生懸命とは言える。しかし、大人になった藤野(尾野真千子)自身の認めるように、大人はその際にずるく処世術を使うのである。それを青い子供たちは「醜い」と言ったりするが、本作の一生懸命生きる子供たちはそれほど青くなく、敬意を払うべき大人たちには敬意を払う。そんな彼らの一生懸命さに僕は感銘した。大人と子供の対立をモチーフにしながら、「子供は善で大人は悪」といった単純な二元論に走らなかった作者側の態度にも好感が持てる。

寓意劇なのだから、リアリズムの見地から本作を批判するのは無粋と言うべし。

キネマ旬報(批評家)第8位、読者第4位は妥当なところじゃろう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「ソロモンの偽証 後篇・裁判」
これは前篇と続けて観たかった。 ...続きを見る
或る日の出来事
2016/11/20 13:02
ソロモンの偽証 後篇・裁判
中学生の中学生による自分と大人達のための裁判。   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/11/20 14:12
『ソロモンの偽証 後篇・裁判』
□作品オフィシャルサイト 「ソロモンの偽証 後篇・裁判」□監督 成島 出□脚本 真辺克彦□原作 宮部みゆき□キャスト 藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生       小野真千子、松重 豊、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、小日向文世■鑑賞日 4月11日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>   前篇の感想はこちらで  『ソロモンの偽証 前篇・事件』 前篇で、藤野涼子は柏木卓也の友人・他校生・神原和彦(板垣瑞生)らの協力を得... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/11/20 16:31
ソロモンの偽証 後篇・裁判
後半も前編をひきつぐ緊迫感と、怒涛の展開。意外な結末だったけれど「なるほど。これは、思春期ならではのエネルギーと真摯さ…」と、清々しさと、感動覚えました。特に、オーディションで選ばれた生徒さん達、大熱演!ひたむきさが伝わる、良い作品でした。裁判が、その後の学校の為にも、良い経験になってヨカッタです。佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、松重豊、小日向文世、という脇を固める大人キャストもいい仕事ぶり、でした。藤野涼子(藤野涼子)、また良い作品に恵まれますように   (解説)宮部みゆきのミステリ... ...続きを見る
のほほん便り
2016/11/20 17:09
ソロモンの偽証 後篇・裁判
【概略】 前代未聞の中学生による校内裁判が遂に開廷。告発状によってクラスメート殺害の嫌疑が掛けられた大出。校内裁判の提案者である藤野涼子は検事として、その罪を立証しようとするが…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2016/11/20 18:19
ソロモンの偽証 後篇・裁判★★★★★
宮部みゆきが作家生活25年の集大成として9年間にわたり連載して書き上げたミステリー巨編「ソロモンの偽証」を、「八日目の蝉」の成島出監督が映画化した2部作の後編。 あらすじ:バブルが弾ける直前の90年代の初頭のこと。男子中学生の謎の転落死をめぐって同級生たち... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/11/20 18:46
ソロモンの偽証 後篇・裁判〜タイトルに偽証あり
公式サイト。宮部みゆき原作、成島出監督。藤野涼子、板垣瑞生、石井杏奈、清水尋也、富田望生、前田航基、望月歩、佐々木蔵之介、夏川結衣、永作博美、黒木華、田畑智子、松重豊 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/11/20 19:44
「ソロモンの偽証 後編・裁判」☆大岡裁き
ずっと最後まで泣いてしまった。 本編の前にある前編のおさらいのときから涙が出た。 あまりずーっと泣いていたので、途中で逆さまつ毛になったりして痛いのなんの。 子供たちのピュアでまっすぐな眼差しで、ギタギタに傷つけられた心の痛みがダイレクトに伝わってくる。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/11/21 00:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ソロモンの偽証 後篇・裁判」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる