プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「白ゆき姫殺人事件」

<<   作成日時 : 2016/11/13 09:42   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 0

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年日本映画 監督・中村義洋
ネタバレあり

湊かなえの小説は、映画化作品から判断する限り、毒もあるが後味も悪い、という感じであるが、本作は伊坂幸太郎の映画化の多い中村義洋監督が担当したせいだろうか、毒がありかつ後味の悪くない映像化作品になっている。これは取柄と言うべきであろう。

今年の前半だったか、去年後半だったか、地上波放映があったものの、2時間枠だったのでWOWOWに登場するまで待つことにした。127分の映画を2時間枠即ち90分程度の放送ではお話が分かるだけに終わる。

長野県の化粧品会社の美人社員・菜々緒が刺殺された後焼死体で発見される。彼女とパートナーを組んでいた後輩・蓮佛美沙子が、元恋人のTV放送局契約ディレクター綾野剛に連絡を入れ、菜々緒と同期入社の地味な社員・井上真央と間に起きた係長・金子ノブアキとの三角関係を語る。
 これに興味を持った彼がその情報に基づいて関係者にインタビューを敢行してTV番組を制作すると共に、ツイッターでその裏話を綴ると、大学時代の友人と称する谷村美月がその時代の秘話を語るなどして加わり、真実かどうかどうか誠に怪しい噂が形成されていく。
 ところが、TV局や噂が容疑者とするその井上真央嬢が手記に綴る事実は、火事とお祓いをめぐる幼馴染の貫地谷しほりの証言を除いて、証言者の発言と肝心なところで食い違う。

というお話の着想は、「羅生門」(1950年)のヴァリエーション。違うのはヒロインが語っていることが真実であると最終的に判ることである。映画が観客を騙す気さえなければ、そもそも死を決意する人が手記において嘘を言う必要がないわけで、それを警察が追認する形で真犯人が明らかになっていく。

テーマは噂の怖さだが、観客をそれに巻き込む形で進むのがこの映画の巧さである。証言者のいずれも真実を言いつつ、それに巧みに嘘を紛れ込ませる。映画は殺される菜々緒に関するところで省略をうまく使って場面の印象をまるで逆にすることでミスリードし、我々観客をも噂を否定できない立場に追い込むのである。そのため後半観客は目から鱗が落ちる思いがする。

省略とはさみは使いよう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
白ゆき姫殺人事件
製作年度 2014年 上映時間 126分 原作 湊かなえ 脚本 林民夫 監督 中村義洋 出演 井上真央/綾野剛/菜々緒/蓮佛美沙子/貫地谷しほり/金子ノブアキ/小野恵令奈/谷村美月/染谷将太/宮地真緒/蓮佛美沙子/TSUKEMEN ...続きを見る
to Heart
2016/11/13 10:56
『白ゆき姫殺人事件』
□作品オフィシャルサイト 「白ゆき姫殺人事件」□監督 中村義洋□脚本 林 民夫□原作 湊かなえ□キャスト 井上真央、綾野 剛、菜々緒、金子ノブアキ、小野恵令奈、蓮佛美沙子■鑑賞日 3月30日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5) <感想>  予告の段階ではあまり観てみたいとは思っていなかったのですが、それでも  ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/11/13 17:43
『白ゆき姫殺人事件』('14初鑑賞31・劇場)
☆☆☆★− (10段階評価で 7) 3月29日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン9にて 15:10の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/11/13 20:33
白ゆき姫殺人事件 ★★★
『告白』などの原作者・湊かなえの小説を基に、美人OLの殺害容疑を掛けられた女性をめぐって人間の悪意を浮き彫りにしていくサスペンスドラマ。報道によって浮かび上がる容疑者像をきっかけに、インターネット上での匿名の中傷やマスコミの暴走など現代社会の闇が描かれる。監督は、『ゴールデンスランバー』などの中村義洋。容疑者である地味なOLを井上真央が熱演。テレビディレクター役の綾野剛のほか、菜々緒、貫地谷しほりらが共演する。容疑者がいかなる結末をたどるのか最後まで目が離せない。 あらすじ:人里離れた山中で10... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/11/13 21:34
白ゆき姫殺人事件
【概略】 美人OL惨殺事件をめぐり、地味なOL・城野美姫に疑惑の目が向けられる。TV番組のディレクター・赤星雄治は彼女の足取りを追い掛けるのだが…。 サスペンス ...続きを見る
いやいやえん
2016/11/14 15:39
映画評「ソロモンの偽証 前篇・事件」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督・成島出 ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/11/19 17:24
14-047「白ゆき姫殺人事件」(日本)
ネットは真実を暴く  国定公園・しぐれ谷で女性の惨殺死体が発見される。  被害者は“白ゆき石鹸”が大ヒットした地元企業“日の出化粧品”の美人社員、三木典子。ほどなく、被害者とは対照的に地味で特徴のない同僚女性、城野美姫に疑いの目が向けられる。  ワイドショー番組のディレクターを務める赤星雄治は、さっそく美姫の周辺取材を開始するとともにその足取りを追っていく。  そして美姫の犯行との確信を強めていく中、取材で得たホットな情報を無頓着に次々とツイッターでつぶやき始めるのだったが。(「a... ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/11/20 13:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「白ゆき姫殺人事件」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる