プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ブリッジ・オブ・スパイ」

<<   作成日時 : 2016/10/29 09:49   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 11 / コメント 4

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2015年アメリカ映画 監督スティーヴン・スピルバーグ
ネタバレあり

ドラマを撮るとスティーヴン・スピルバーグは何故か実話ものとなる。本作のテーマは冷戦であり、戦時中のヒューマニズムを扱った「シンドラーのリスト」系列と言って良いだろう。

1957年ニューヨーク、画家を装っていたロシア系(民族的にはドイツ系)英国人ルドルフ・アベル(マーク・ライランス)が逮捕される。保険専門の弁護士ジェームズ・ドノヴァン(トム・ハンクス)が国選弁護人に選ばれるが、敵国スパイを擁護するので国民から白眼視される。そんな中アメリカ人がソ連に捉えられた時の“保険”として生きながらえさせるよう判事と談判し、有期の禁固刑を勝ち取る。
 やがて実際に空軍パイロットのパワーズが墜落しソ連当局に逮捕され、さらに東ベルリンで学生プライスが東ドイツ当局に捕らえられた為、1962年“民間人”ドノヴァンが東ベルリンでの交渉役に駆り出されることになる。

スピルバーグはショット感覚が抜群であり、それを精確な映画文法(カット割り)で繋げるセンスにおいて、現代のアメリカ映画において断トツのNo.1であると思っている。お話がつまらなくても、こうしたところは常に変わりがない。

実話にインスパイアされた脚本も、繰り返し(相似)と対照をうまく作ってなかなか上出来で、その最たるものが、序盤交通事故の加害者VS被害者の関係が、米国VS共産圏(ソ連と東ドイツ)との相似関係として扱われるところに出ている。つまり、被害者が5人いても事故は一件であり、あくまで一件として処理されなければならない、というのがドノヴァン氏の主張。そんな彼にとって一人のソ連スパイと交換するのが二人でも一件の交換なのである。
 終盤交換を成功裏に収めた彼は、戻ったNYで、ベルリンで見たのと似た壁を越える行為を見る。相似であると同時に対照である。かの地では自由への希求(の末の死)であり、この地では自由の謳歌である。これを単独でやると厭らしくなるが、別の相似がある為に巧い扱いに見える。

上手い脚本をスピルバーグが特に巧く生かしているのは、一つは橋における交換場面のサスペンス醸成で、大いにじりじりさせられる。
 それ以上に良いと思えるのが幕切れで、休暇のふりをして出かけた先から帰国した主人公が、TVでの報道を知って驚く家族をよそに、ベッドで眠りこける。それを細君が一見無表情に内心誇らしいように眺める。スピルバーグも上手いが、妻を演じたエイミー・ライアンが上手い。

お話全体は実話でも、作者が「実話にインスパイアされた」と言っているように、終盤は実話から離れた内容になっているように思う。
 アベルの話から主人公はソ連当局に還したアベルの将来を心配せざるを得ない。多分これはヒューマニスティックな内容にしたい作者側の創作であろうし、幕切れの家族の描写など映画ならではである。完全に実話通りでは大方味気ないものになってしまう。金を払って観るのにそれではつまらない。

少し地味で大作らしい醍醐味が薄いが、きちんとした作品が余りに少ないため、星は多めにしておきます。

ブリッジは何か象徴的なものかと想像していたが、本当の橋だった。単純な単語を横文字にするとどうもそういうミスリードを引き起こす。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(11件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
[映画]ブリッジ・オブ・スパイ
2016年、アメリカ 原題:BRIDGE OF SPIES 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:マット・シャルマン、イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン 出演:トム・ハンクス、マーク・ライランス、エイミー・ライアン、アラン・アルダ アメリカとソ連のスパイ交換交渉に民間人弁 ...続きを見る
一人でお茶を
2016/10/29 11:44
ブリッジ・オブ・スパイ ★★★★
一触即発の緊張状態にあった米ソ冷戦時代に、実際に行われたスパイ交換をめぐる驚愕の実話をコーエン兄弟の脚本、スティーヴン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演で映画化した緊迫と感動のサスペンス・ドラマ。共演は本作の演技で数々の映画賞に輝いた英国の実力派舞... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/10/29 14:17
ブリッジ・オブ・スパイ〜実はソ連側の大勝利
公式サイト。原題:Bridge of Spies。スティーヴン・スピルバーグ監督、イーサン&ジョエル・コーエン脚本。トム・ハンクス、マーク・ライランス、スコット・シェパード、エイミー・ライ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/10/29 14:34
映画:ブリッジ・オブ・スパイ Bridge of Spy  よくも悪くも、スピルバーグ印(笑)
冷戦時代。 NYブルックリンで、ソ連のスパイが逮捕される。 裁判に際し、自由の国アメリカのイメージを世界に示すためにも弁護士をつける必要があり、トム・ハンクス(写真:右)が抜擢される。 期待されてもいない中、彼は真剣に弁護しようとするが、この時代の一般市民の風当たりは彼に厳しかった。 そんな中、アメリカの偵察機がソビエト上空で撃墜され、パイロットがやはりスパイ容疑で逮捕される。 米ソともに隠したい秘密があり、期待されない役割の弁護の筈が、スパイ交換する調停役に。。。 しかも単独で個人行動的に... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/10/30 16:01
『ブリッジ・オブ・スパイ』('16初鑑賞05・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 1月9日(土) OSシネマズ ミント神戸 スクリーン3にて 14:30の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/10/30 20:26
「ブリッジ・オブ・スパイ」スピ+コーエン+トムハンクス=平凡
コーエン兄弟がかかわったら面白いと思うはず。 確かにスリリングな話で、しかも実話を基にした物語なんだから・・・・ でも何だろう? スピルバーグの真面目さと、トム・ハンクスの誠実さが強すぎて、一触即発な話が何だか落ち着きと安定に負けちゃったような?? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/10/31 00:04
無冠詞〜『ブリッジ・オブ・スパイ』
 BRIDGE OF SPIES ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/11/01 12:31
「ブリッジ・オブ・スパイ」
非常にきちんとした作品。更に言えば、トム・ハンクスの独壇場。きちんと真面目に職務を遂行する男。それがトム・ハンクス扮するジェームズ・ドノバンだ。ドノバンは、保険関係を担当している一介の弁護士だ。冒頭の日常業務の描写で、その後の出来事での彼の戦略を象徴する考え方が披露される。すなわち、2件の案件をそれぞれ独立した案件として処理するのではなく、まとめて1件とする考え方だ。これが後の「スパイ交換」の際に反映される考え方である。一介の弁護士ドノバンが、アメリカ合衆国内で捕まったソ連からのスパイの弁護をせ... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/11/02 12:44
ブリッジ・オブ・スパイ
BRIDGE OF SPIES 上映時間 142分 監督 スティーヴン・スピルバーグ 出演 トム・ハンクス/マーク・ライランス/エイミー・ライアン/ビリー・マグヌッセン/アラン・アルダ/スコット・シェパード/オースティン・ストウェル/ウィル・ロジャース/ピーター・マクロビー ...続きを見る
to Heart
2016/11/02 22:16
映画評「杉原千畝 スギハラチウネ」
☆☆☆(6点/10点満点中) 2015年日本映画 監督チェリン・グラック ネタバレあり ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2016/12/17 09:23
一年遅れのベスト10〜2016年私的ベスト10発表〜
 群馬の山奥に住み、体調も万全とは行かず、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2016年私的ベスト10は皆様の2015年にほぼ相当する計算でございます。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていており、その年の状況によってはとんでもない旧作を入れることがあります。昨年はYouTubeでサイレント映画の秀作を幾つか観ましたが、果たして? ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/01/16 09:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
スピルバーグは最新の技術を駆使して映像を撮るのもうまいですが、同時にクラシカルな映画の良さを見せてくれる監督でもありますね。この映画では、冒頭のスパイが逮捕されるまでの描き方がヒッチコックを思い出させるような鮮やかさでした。話も、実話が基とはいえ、古き良き映画の香りがして、よかったです。
スピルバーグはディスレクシアだったそうですが、それが昔の映画を観たら映像をそのまま記憶できるのと関係しているのかと想像したりします。過去作品からよいところを吸収して自分の作品に活かしていますね。ちょっと薄気味悪いほど過去の遺産が化けで出てくるような感じがして、でも私はそこがスピルバーグを見る楽しみでもあると思います。
nessko
URL
2016/10/29 11:53
nesskoさん、こんにちは。

全く同感です。
「カラー・パープル」を観た時、一般ドラマなのにサスペンスっぽいカメラ、カット割りだなあと感じた違和感も今は昔。クラシックと言いますか、楷書と言いますか、実にきちんと撮りますよねえ。

>過去の遺産
「インディ・ジョーンズ」シリーズでも豊富に昔の作品からの借用が出て来て面白かったですね。評判の悪いシリーズ第4作も、その辺りで非常に楽しめました。
オカピー
2016/10/29 22:08
スピルバーグ監督は、実にうまいですね。
ブリッジ・・・昔だったら、〇〇〇鉄橋なんてありましたけどね。
邦題タイトルも工夫してほしいものです。
ねこのひげ
2016/10/30 16:58
ねこのひげさん、こんにちは。

今となっては非常に端正で、かつてのウィリアム・ワイラーみたいに感じます。

>邦題
その名も「橋」という作品もありましたし、「レマゲン鉄橋」なんてのもありましたね。
オカピー
2016/10/30 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ブリッジ・オブ・スパイ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる