プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ヴィンセントが教えてくれたこと」

<<   作成日時 : 2016/10/02 09:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督セオドア・メルフィー
ネタバレあり

セオドア・メルフィーという人の監督デビュー作で、今度はビル・マーレイが人と触れて化学反応を起こしていく高齢者を演じている。ちょっとした流行ですかな。

ギャンブル好きでアルコール中毒気味の引退老人マーレイが、引っ越し業者のヘマで壊された老木や柵や車を巡って、引っ越してきた隣人メリッサ・マッカーシーに早速ひねくれ根性を見せて嫌われるが、CT技師として忙しく働く母親は12歳の息子(実は養子)ジェイデン・リーバハーを見てもらう羽目になり、少年はいじっめ子に対する防衛術を教わるなどして老人と親しくなっていく。
 親権を巡る前夫との裁判で、老人が少年を競馬場や酒場に連れて行き、妊婦のポールダンサー(ナオミ・ワッツ)と付き合っていることが彼女にとっては不利に働くが、それでも親権は双方が持てるという喧嘩両成敗の形に落ち着く。少年は学校で出された発表用の宿題の自分の考える“聖人”にそんな不良老人を選ぶ。彼は少年に防衛を教え、ベトナム戦争で上官を救って勲章をもらい、40年も付き添った認知症の妻を高級な施設に入れて洗濯するために通い続けているからだ。

色々な見方ができると思うが、一面的に見ればダメな人間も、評価できる面もあるものだ、という優しい視線を投げかけた内容ではないかと思う。そんなこの作品は、「Dearダニー」のアル・パチーノが息子の為に自分を変えようとしたのとは違い、「マイ・インターン」のロバート・デニーロ同様に、主に老人が相手に影響を与える形式で進行する。本作のマーレイ氏の場合不良老人(笑)なので高齢者の効能と言って良いかは微妙ながら、「亀の甲より年の功」という日本の諺に納得してしまう三作であった。

ゴールデングローブ賞の作品賞にノミネートされただけあって、脚本(メルフィー自身)の要領の良さが秀逸ながら、着想や展開自体に【老人と子供】映画の公式から大きく外れるものはない。

という次第で、マーレイの(心底ではかなり思いやりのある)ひねくれ老人ぶりが見どころ。しかし、この人はやはり苦手だ。ファンの方に見たくない感じも与えなくもない、ナオミ・ワッツのロシア人の妊婦ダンサーぶりがちと面白い。

あと何年かすれば僕も彼らの世代になる。正に「少年老い易く学成り難し」だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ヴィンセントが教えてくれたこと
Love Thy Neighbor=汝の隣人を愛せ 公式サイト。原題:St. Vincent。セオドア・メルフィ監督。ビル・マーレイ、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/10/02 10:17
ヴィンセントが教えてくれたこと ★★★.5
人生に空虚感を抱き始めた気難しい中年男が、面倒を見ることになった12歳の少年と奇妙な友情を育み、生きる活力を得ていく人間ドラマ。主演は『ロスト・イン・トランスレーション』などのビル・マーレイ、両親の離婚により大人びた少年役のジェイデン・リーベラーが、ビル... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/10/02 15:24
『ヴィンセントが教えてくれたこと』
□作品オフィシャルサイト 「ヴィンセントが教えてくれたこと」□監督 セオドア・メルフィ□キャスト ビル・マーレイ、ジェイデン・リーベラー、ナオミ・ワッツ        メリッサ・マッカーシー、クリス・オダウド、テレンス・ハワード■鑑賞日 9月4日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 嫌われ者の偏屈親父ヴィンセント(ビル・マーレイ)は、隣に引っ越してきた シングルマザーのマギー(メリッサ・マッカーシー)から、息子オリバーの シッタ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/10/02 15:29
映画・ヴィンセントが教えてくれたこと
原題 ST.VINCENT2014年 アメリカ ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2016/10/03 08:11
隣の聖人〜『ヴィンセントが教えてくれたこと』
 St. VINCENT ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/10/04 11:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
クリント・イーストウッドの作品にもありましたね。
なにもひねくれた老人にしなくてもよさそうですがね。
ねこのひげ
2016/10/02 18:22
ねこのひげさん、こんにちは。

作品としてはイーストウッドの「グラン・トリノ」の堂々とした作りが断然良いですが、こちらは微笑ましい。
オカピー
2016/10/02 21:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ヴィンセントが教えてくれたこと」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる