プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「図書館戦争 THE LAST MISSION」

<<   作成日時 : 2016/10/15 08:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・佐藤信介
ネタバレあり

焚書坑儒SF「華氏451」ソフト版日本映画の第二弾。結論から言えば、今回のほうが楽しめた。

パラレル・ワールドの日本では“メディア良化法”なる法律に基づく検閲がまかり通り、その実現の為に暴力的排除も辞さない良化隊と、表現の自由を守るために彼らと対抗する図書隊が戦いを繰り広げている。
 その合間に図書隊員のヒロイン榮倉奈々の上官・岡田准一への思慕を絡めているのはアメリカのヤング・アダルトものに近いが、前回より面白く感じたのは、現実の日本と重なる部分が相当透けて見えるからである。【Yahoo!映画】で妙に評判が良いのはロマンス絡みの正義が好感を以って受け止められたと推測するが、それとは全く違う理由でござる。
 現自民党政権が政権に批判的なメディアに口を挟み、数の力で強権的に不完全な法律を通する姿を想起させ、それが偶然ではなく、製作者たちが本作をその寓意として作っているように感じたのである。
 「図書館の自粛」といった台詞が第2次安倍政権誕生以来目立つ地方自治体の政権への忖度(そんたく)や、昨年以来TV局が大人しくなっている現状と重なってしまう。だから、外国人には単なるSFアクションでしかないが、日本人にしてみればひしひしと迫ってくるものがある。反権力的な表現者は、政権やその思想的支持者と、心の中で血を流しながら戦っているのだろう、本作の銃撃戦は言論での戦いでのメタファーなのだろうと思えて面白いのである。普遍性はあっても、ある意味時局的な作品と言って良いのかもしれない。

前回首を傾げた、書物を巡る闘争と一般市民の平和的日常のギャップもこの続編を見て納得が行った。これも、現実の日本の自由な言論の危機に対する庶民の無関心と重なるものがあるのである。

純粋に映画的な側面では、お話以上に戦闘アクションがなかなか頑張っている。本を散乱させながら交戦する図書館内でのシークエンスなどかなり良い。邦画だからと思考停止的に「迫力がない」と決めつける意見が散見されるが、必ずしもそうは言えない気がする。貶された邦画のVFXが、褒められた洋画のそれを上回るような印象を覚えたケースが何度もあるように、本作の戦闘アクション、擬斗は悪くないと思う。アメリカ映画のようにアクション場面を細切れにして胡麻化さないだけでも立派なものではないか。ただ、暗いところでのアクションが多いなど問題を感じないわけでもない。

原作は有川浩(ありかわ・ひろ)。監督も前回と変わらず、佐藤信介。

“町の図書館”には、窓ガラスに大きく【図書館の自由に関する宣言】が貼られている。第一作を見て以来これが妙に気になる僕である。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
図書館戦争 THE LAST MISSION
「デカイ」榮倉奈々が疾走すると見栄えする 公式サイト。有川浩原作、佐藤信介監督。岡田准一、榮倉奈々、田中圭、福士蒼汰、西田尚美、橋本じゅん、土屋太鳳、松坂桃李、栗山千明 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/10/15 09:55
『図書館戦争 THE LAST MISSION』
□作品オフィシャルサイト 「図書館戦争 THE LAST MISSION」□監督 佐藤信介□脚本 野木亜紀子□原作 有川 浩□キャスト 岡田准一、榮倉奈々、田中 圭、福士蒼汰、       松坂桃李、西田尚美、中村 蒼、土屋太鳳■鑑賞日 10月11日(日)■劇場  TOHO... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/10/15 21:13
図書館戦争 THE LAST MISSION ★★★.5
表現の自由を巡って政府と図書館が互いに武装して対立する架空の近未来を舞台に、愛する本を守るべく図書館防衛組織に入隊した熱血ヒロインが繰り広げる過酷な戦いの日々と甘酸っぱい恋の行方を描く有川浩原作の大ヒット・アクションの実写劇場版第2弾。出演は岡田准一、榮倉奈々、田中圭、栗山千明、石坂浩二ら続投組に加え、松坂桃李、土屋太鳳らが新たに参加。監督は引き続き「修羅雪姫」「GANTZ」の佐藤信介。 あらすじ:“メディア良化法”が制定され、国家による思想検閲やメディア規制が横行する近未来の日本。大事な本を守... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/10/15 21:24
「図書館戦争 THE LAST MISSION」
「図書館戦争」の続編が作られている、というニュースが届いた時から、次男はその公開を指折り数えて待っていた。「図書館戦争」観てぇ〜!の気分である。1年近くその気分を持続したまま鑑賞。期待していた内容であった。この世界観に理解・共感できるなら、引き込まれる作品だと思う。私は堂上教官と笠原の恋の行方に結構興味があったんだけど、次男はそんなことよりも、図書隊とメディア良化隊の戦闘シーンがかなりの部分を占めた事に対して満足していた。「あー、図書隊なりてえー!」と言っていた2年前と基本的には変わらない。内容... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/10/17 12:54
図書館戦争 THE LAST MISSION (2015)
前作、「図書館戦争」の続編。劇場は約3ヶ月のロングラン、前作を超える大ヒットを記録。観客動員2週連続1位獲得、観客満足度は95.8%と高評価を誇る王道エンタテイメント! だったのだそう。アクションも満載だったけれど、岡田准一のかっこよさと、榮倉奈々の可愛さ。福士蒼汰、栗山千明、土屋太鳳が目の保養で、ヒール役を頑張って演じてた、松坂桃李が、なかなかに奮闘してたかな?可愛い恋も、少しだけ前進してたのが御愛嬌。お約束の、頭ポンポンもあり、軽く見られるエンタメとしては、マルだった… かも。    (解説... ...続きを見る
のほほん便り
2016/10/25 10:56

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
有川浩さんの小説は発想というかひねり方が面白いですね。
ご本人は自衛隊もえだそうです。
ねこのひげ
2016/10/16 20:27
ねこのひげさん、こんにちは。

映画のメッセージは原作とは少し違うかもしれません。
しかし、これからの自衛隊員、大変だなあ。
オカピー
2016/10/16 22:35

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「図書館戦争 THE LAST MISSION」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる