プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ギャラクシー街道」

<<   作成日時 : 2016/09/04 09:24   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆(4点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・三谷幸喜
ネタバレあり

三谷幸喜が自ら本を書き映像に移した映画は、これまで世評の悪い作品も割合楽しんできたが、本作に関しては世評にほぼ賛同せざるを得ない。怪作を多発する河崎実のレベルに近い。

今から200年後くらい、銀河系にあるその名もギャラクシー街道は今ではさびれて、そこにある香取慎吾を社長とするハンバーガー店の客もまばら。街道をつぶすかどうか調査に訪れた国土交通省の段田安則、内装屋の遠藤憲一、香取が現在の妻で一緒に働いている綾瀬はるかの前に付き合っていた女優・優香とその夫・梶原善、売春業の客引き・山本耕史とその潜在的客の石丸幹二といった顔ぶれで、彼らが珍なる騒動を繰り返す。

こうした群像劇的設定はいつも通り、例によってパロディー感覚によりこしらえているが、笑えるか笑えないかより、繰り出す要素が上滑りして全く面白味になっていかないのが問題。

登場人物の衣装や造形は「スター・トレック」以下半世紀くらい前にTVでやっていた宇宙ものをもじった感じで、それをベースに、「南部の唄」(1946年)辺りのディズニー映画よろしくアニメの鳥獣たちが実写の人間たちと共演し、「天井桟敷の人々」(1945年)のパントマイム芸人が現れ、三谷が一番尊敬しているらしい映画監督ビリー・ワイルダーの「あなただけ今晩は」(1963年)のヒロインたるイルマと同じ名前の宇宙人娼婦(田村梨花)が「E・T」(1982年)風に指の接触による交接をし、ウルトラマンもどきのスーパー・ヒーローがこけにされ、最後は「惑星ソラリス」(1972年)同様に想念を現実化するギャラクシーの力を紹介して終わる。

それぞれ古い映画に愛着を示しているのは認められるが、結局は出たとこ勝負的にお話を並べているだけで、流れというものがないから面白味に増幅していかないのである。
 ある意味本作と同じ香りがする「あなただけ今晩は」が布石をうまく回収し、伏線を生かしてシチュエーション・コメディーとして抜群の可笑し味を発揮したのには程遠い。策士策に溺れる、と言うしかない。

猿も木から落ちる、とも言う。そう言えば、原人ルーシーは木から落ちて死んだ、とか。進化したから木から落ちる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ギャラクシー街道〜NHK(日本崩壊街道)
公式サイト。三谷幸喜監督・脚本。香取慎吾、綾瀬はるか、小栗旬、優香、西川貴教、遠藤憲一、段田安則、石丸幹二、秋元才加、阿南健治、梶原善、田村梨果、浅野和之、山本耕史、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/09/04 11:10
『ギャラクシー街道』
□作品オフィシャルサイト 「ギャラクシー街道」□監督・脚本 三谷幸喜□キャスト 香取慎吾、綾瀬はるか、小栗 旬、優香、西川貴教       遠藤憲一、小栗 旬、大竹しのぶ、西田敏行■鑑賞日 10月11日(日)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/09/04 15:04
ギャラクシー街道 ★★
劇作家・脚本家として絶大な人気を誇り、次々と話題作を世に送り出してきた三谷幸喜監督による奇想天外なSFコメディー。三谷映画として初めて宇宙空間を舞台に、木星のそばに浮かぶ人工居住区「うず潮」と地球を結ぶスペース幹線道路「ギャラクシー街道」の脇に立つ、こぢ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/09/04 18:07
『ギャラクシー街道』('15初鑑賞76・劇場)
☆☆−−− (10段階評価で 4) 10月24日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:15の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/09/04 20:25

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
タイトルからして1960〜70年代ごろのB級映画を彷彿させますが・・・三谷さんは古い映画のオマージュがお好きなようで、この映画もそうだと思いますが・・・
ちょっとというかかなりいただけないですね。

ところで『ライラの冒険・・・』で気づいたことがあります。
ニコール・キッドマンが飛行船の中でお茶をコップに注ごうとして反対側に飛ばしてしまうのです。
普通ならNGとして消去される場面ですが、そのまま使われているという事はだれも気づかなかったですかね?
ねこのひげ
2016/09/04 18:55
ねこのひげさん、こんにちは。

どの作品もオマージュだらけですね。
脚本家としての映画デビュー作「12人の優しい日本人」からして大パロディーでしたもの。
くだらないのはまだ良いけれど、つまらないのは問題じゃ(笑)

>『ライラの冒険・・・』
「ローマの休日」の時計のように気づきにくいミスもありますけど、このケースは見落とすようなミスではないような・・・
解りません^^;
オカピー
2016/09/04 20:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ギャラクシー街道」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる