プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「トランスポーター イグニション」

<<   作成日時 : 2016/09/27 08:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆(4点/10点満点中)
2015年フランス=中国=ベルギー合作映画 監督カミーユ・ドラマーレ
ネタバレあり

“リブート”と告知されているが、007風に解釈すれば、実質的に主演俳優をジェイスン・ステイサムから若手エド・スクレインに代えたシリーズ第4作。

中身を知ることなく何でも届けることをモットーとする特殊輸送屋のフランク(スクレイン)が、ロアン・シャバノル率いる売春婦四人組に同じ名前の父親(レイ・スティーヴンスン)を人質に取られ、彼女たちを運ぶことになる。人間が荷物という正に特殊な依頼で、彼女たちの目的は自分たちを苦しめる売春業カルテルの親分ラシャ・ブコビッチをやっつけること。よく解らないうちに親子は彼女たちを全面的にバックアップする役目を負ってしまう。

金髪のかつらを被って同じ格好をした四人の売春婦たちが出てくる辺りなかなか面白いが、彼女たちの作戦自体は終わってみれば単純な割に余りすっきりせずそれほど面白くない。元スパイ・エージェントらしい父親が二度も誘拐されるのも間が抜けている。一度目は愛嬌でも二度目はいけない。

見せ場は勿論カー・アクションだが、コートダジュールを舞台にした警察とのチェースはコンピューターによる細工が相当混じっている感じ(CGの意にあらず)であるし、「ワイルド・スピード」の最後の2、3作の荒唐無稽さと比べると物足りない印象を覚える。

最近のアクションで殆ど例外なく使われるマンガのコマのようなカット割り自体がそもそも僕は好きではないのだが、嫌いと言えども巧拙は感じるわけで、残念ながら本作の監督カミーユ・ドラマーレはそう上手いとは思われない。

リブートにしても何にしても、柳の下の何とやらに、おじさんは食傷気味でござるよ。悪党が決まってロシア人若しくはスラブ系というのも芸がないのではありませんかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「トランスポーター イグニション」☆引継ぎは業務形態のみ
中身を見ずに名前も名乗らず、時間を守ってしっかりお届け。 海外では確かに普段はあり得ないけれど、日本ならどの宅配でも当然のこと(名前は名乗るけど・笑) クールで美しい高級車を自在に乗りこなし、パリッと綺麗なスーツを来て、スマートに仕事をこなす、いざとなればアクションもすごいし、脱いだら腹筋も見事。 そんなポーター男子はなぜイグニッションしたのか?? ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/09/27 11:54
トランスポーター イグニション
【概略】 プロの運び屋・フランクは、美女・アンナからの依頼を受ける。父親を人質に取られ、強制的にアンナの計画に参加させられたフランクは、愛車のアウディで走り出すが…。 アクション ...続きを見る
いやいやえん
2016/09/27 16:22
トランスポーター イグニション ★★★
『トランスポーター』シリーズの主役を務めてきたジェイソン・ステイサムに代わり、新星エド・スクラインを主演に迎えたアクションドラマ。フランスの鬼才リュック・ベッソンが製作と脚本を担当し、スリリングな天才運び屋の仕事に肉迫する。メガホンを取るのは『フルスロ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/09/27 20:38
15-272「トランスポーター イグニション」(フランス)
帰ってくれたら、キミは素敵なのに  謎の美女アンナの依頼を受け時間通りに到着したフランク。ところが、そこにアンナの他にも2人の美女が乗り込んでくる。  約束が違うと、依頼を断ろうとするフランクだったが、アンナはスマホの映像を見せフランクの父を誘拐したことを告げる。こうしてフランクは、父の命と引き換えにアンナたちの計画に協力させられてしまう。  それは、彼女たちを奴隷のように扱っていた巨大犯罪組織への復讐というものだったが。(「allcinema」より) ...続きを見る
CINECHANが観た映画について
2016/10/02 01:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
『スタートレック』もまた新作が開されるようで・・・
リプートだのリメイクなどと、安易に走るのは・・・驚くような新作を見せて欲しいものです。
ねこのひげ
2016/10/02 18:37
ねこのひげさん、こんにちは。

アイデアの枯渇だけでなく、「柳」型が増えたのでしょう。基本的に映画業界はそれでやって来ましたけど、昨今の無気力ぶりは目も当てられない感じ。
オカピー
2016/10/02 20:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「トランスポーター イグニション」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる