プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「グラスホッパー」

<<   作成日時 : 2016/09/24 08:57   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・滝本智行
ネタバレあり

人気作家・伊坂幸太郎の同名小説を瀧本智行監督が映画化したミステリー・サスペンス。伊坂文士の映画化作品はクリーンヒットの作品が多いので、これまた期待して観る。

渋谷のスクランブル交差点で麻薬を服用した男が車を暴走させて多数の死傷者を出す。
 この事件で妻・波留を失った中学教師・生田斗真が、拾った紙に書かれた内容に促されて、痩身薬を売る会社を調べる為に入社する。経営者は若い女性・菜々緒で、紙の内容通り、裏には麻薬売買を支配するヤクザの存在がある。親分は会長・石橋蓮司で、ジュニアの金児兼史に指示を出してのさばっている。かの会社の売る痩身薬も実は麻薬である。
 そんな一味を調査していた記者を自殺に見せかけて殺すのが自殺屋・浅野忠信だが、一味は「知りすぎている」と殺人エージェント村上淳にその殺害を依頼する。実行犯は若い山田涼介である。
 そんな折、会長の息子が押し屋・吉岡秀隆に押されて殺されるという事件が起き、生田元教諭が犯人を追いかけることになるが、寧ろ自分の代わりに復讐の一端を担ってくれたと気づき、何もしないで会社へ戻る。しかるに、いつの間にか彼がジュニア殺しを依頼したことになっていて窮地に立つ。

【Yahoo!映画】では原作を読んでいる人を中心に酷評が目立つものの、あそこは原作ものというだけで酷評されると思っていれば間違いないので余り参考にならない。

面白いかつまらないかで言えば、面白い部類である。吉岡秀隆が出てきた辺から何となく【必殺】系の背景が予想されてくるが、実はその通りでインチキ会社に監禁されてしまう自称・主人公の教え子たる頭の弱い美人・佐津川愛美が後半意外な活躍をして楽しめる。また、ややこしい関係にある殺し屋たちが主人公に絡んで来ないのが作劇的に不満を覚えさせながらも、魑魅魍魎が跋扈する無国籍的な犯罪映画ムードを醸成する効果は出ている。それが目的かどうか僕には保証できませんが。

信用している瀧本監督の進行ぶりは初期の頃と変わらず端正で、カメラも落ち着きがあって良い。大部分の洋画でアクション場面になるや否や必要以上にカメラが揺れまくるのとは大違いで、好感が持てるわけである。

展開には変てこな部分が少なくないが、その割に素直に観られる方ではないかと感じる。

40年前に「イナゴの日」というアメリカ映画がありましたねえ。ホラーではなくてドラマですよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
グラスホッパー
あさりじゃダメなんですか?(蓮舫風に ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/09/24 10:30
グラスホッパー〜本当のテーマは監視社会?
MOZUとの偶然過ぎる類似性 公式サイト。伊坂幸太郎原作、瀧本智行監督。生田斗真、浅野忠信、山田涼介、麻生久美子、波瑠、菜々緒、村上淳、宇崎竜童、吉岡秀隆、石橋蓮司、佐津川 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/09/24 10:32
グラスホッパー ★★★★
人気作家・伊坂幸太郎のベストセラー小説を、『人間失格』などの生田斗真主演で映画化したサスペンス。恋人を殺害した犯人への復讐(ふくしゅう)に燃える元教師、人の心を操り自殺に追い込む殺し屋、その命を狙うナイフ使いの殺し屋の運命が、それぞれの思惑を抱えながら... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/09/24 12:19
グラスホッパー
上映時間 119分 映倫 PG12 原作 伊坂幸太郎 脚本 青島武 監督 瀧本智行 音楽 稲本響 出演 生田斗真/浅野忠信/麻生久美子/山田涼介/波瑠/菜々緒/佐津川愛美/金児憲史/山崎ハコ/村上淳/宇崎竜童/吉岡秀隆/石橋蓮司 ハロウィンの夜。渋谷のスクランブル交差点に一台の暴走... ...続きを見る
to Heart
2016/09/24 19:42
『グラスホッパー』
□作品オフィシャルサイト 「グラスホッパー」□監督 瀧本智行□脚本 青島 武□原作 伊坂幸太郎□キャスト 生田斗真、浅野忠信、山田涼介、菜々緒、吉岡秀隆       石橋蓮司、 麻生久美子、波瑠、村上 淳■鑑賞日 11月14日(土)■劇場  TOHOシネマズ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/09/25 00:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
伊坂幸太郎さんの作品は欧米ぽいですね。
その分、読みやすく感じております。
映画も悪くはないですよね。
ねこのひげ
2016/09/25 14:16
ねこのひげさん、こんにちは。

巻き込まれ型のような構成が多い感じがします。
いずれの映画版も十分面白いですよ。
オカピー
2016/09/25 21:57

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「グラスホッパー」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる