プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「わたしに会うまでの1600キロ」

<<   作成日時 : 2016/09/23 08:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 5 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督ジャン=マルク・ヴァレ
ネタバレあり

5か月前に観た「奇跡の2000マイル」というオーストラリア映画と全く同工異曲なので、大分損をしている。

アメリカ西海岸にパシフィック・クレスト・トレイルという4000キロ以上に及ぶ自然歩道があり、その5分の2ほどを1990年代に踏破したシェリル・ストレイドという女性の実話である。

リース・ウィザースプーン扮するシェリルは、その数年前に頼りになり愛する母親(ローラ・ダーン)を失ってから荒んだ人生を送り、麻薬やところ構わぬ青姦、堕胎の末に不和となった夫ポール(トーマス・サドスキ)と離婚、やがて母親が愛した自分を取り戻す苦難の旅に出ようと思い立つ。

旅の描写の間に頻繁に挿入されるフラッシュバックで浮かび上がってくるのはそんなお話で、邦題から想像されるのは自分探しのような内容ながら、勿論一種の自分探しではあるものの、彼女が旅を始めたのは自分に苦行を課すことにより母に対し贖罪をする為であろう。
 ここが同じように実話の映画化であった「奇跡の2000マイル」のヒロインが苦難の待つ旅そのものを楽しもうと始めたのとは大きく異なる。かの作品のヒロインが何故危険な旅に出たのか我々に解りにくかったのに対し、本作のヒロインの心情はかなり明確に映る。こちらのほうが関心を持ちやすく、ドラマ映画として優れた印象を与える。

反面、そのドラマ性を高める手法であるフラッシュバックは、同時に弱点でもあって、余りに多用されるので煩わしい印象を与えかねない。少なくとも僕にはかなりうるさく思われた。

監督は「ダラス・バイヤーズクラブ」のジャン=マルク・ヴァレ。実話の映画化という共通性はあるが、感興と構成の点で少し落ちる。

二番煎じのお茶も、映画としては一応【買い】で、それほどまずくない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わたしに会うまでの1600キロ
「奇跡の2000マイル」と比較するのも一興 公式サイト。原題:Wild。シェリル・ストレイド原作・出演、ジャン=マルク・ヴァレ監督。リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン。邦題の ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/09/23 08:50
わたしに会うまでの1600キロ ★★
『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』などのリース・ウィザースプーンが、1,600キロの距離を3か月かけて1人で歩き通した女性を演じたヒューマンドラマ。第二の人生を歩むために、自然歩道のパシフィック・クレイスト・トレイルに挑んだ実在の女性、シェリル・ストレイドのベストセラーを基に、『ダラス・バイヤーズクラブ』などのジャン=マルク・ヴァレが映画化。『ランブリング・ローズ』などのローラ・ダーンが共演する。美しく壮大な情景、過酷な旅と共につづられるヒロインの人生を体現したリースの演技に圧倒される。 あ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/09/23 16:55
『わたしに会うまでの1600キロ』
□作品オフィシャルサイト 「わたしに会うまでの1600キロ」□監督 ジャン=マルク・バレ□脚本 ニック・ホーンビィ□原作 シェリル・ストレイド□キャスト リース・ウィザースプーン、ローラ・ダーン、トーマス・サドスキー、       ミキール・ハースマン、ギ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/09/23 18:55
「わたしに会うまでの1600キロ」☆為せば成る
我が家では『旅に出て自分探しをする』ことを、「意識高い系」と呼んでいる。(ちなみに息子が) 例えば先日食事に行った店の隣の席のアラフォー3人組が、「私はフランスに行ってぇ、いい人がいたら結婚してぇ〜。」と話している場合、「あ、意識高い系が居る!」とコソコソ言うのだ。 ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/09/24 22:12
神の橋まで〜『わたしに会うまでの1600キロ』
 WILD  シェリル(リース・ウィザースプーン)は最愛の母ボビー(ローラ・ダーン)を亡 くした喪失感から自分自身を傷つけ、自暴自棄に陥っていた。乱交、ドラッグ、 妊娠、堕胎、離婚。そんな彼女は、アメリカ西海岸の自然歩道パシフィック・ク レスト・トレイル(PCT)の1600キロもの道のりを、一人で歩こうと決める。 ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/09/25 06:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分を取り戻す旅というのは大変ですな。
ねこのひげなら途中で確実に挫折しております。
ねこのひげ
2016/09/25 15:05
ねこのひげさん、こんにちは。

正に苦行です。やだやだ。
こつこつやる苦行なら何とかなりそうですが^^
オカピー
2016/09/25 21:54

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「わたしに会うまでの1600キロ」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる