プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「マックィーンの絶対の危機」

<<   作成日時 : 2016/09/20 08:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 4

☆☆★(5点/10点満点中)
1958年アメリカ映画 監督アーヴィン・S・イァワース
ネタバレあり

スティーヴ・マックィーンが売り出す前に出演したSFホラー。
 日本では彼が「大脱走」(1963年)などで売れっ子になった後1965年に漸く公開され、1970年代になるとよくTVに登場してその時に少なくとも一度は観た。1988年リメイク「ブロブ」が日本でも公開され、その時少しだけこちらのオリジナルも話題になったような気がする。

モノクロ映画と記憶していたが、カラーだった。昔の映画ではこういうケースが結構ある。

高校生のマックィーンが恋人アネタ・オルソーと車でデートしている最中、近くに隕石のようなものが落ち、急行した先で粘着物に覆われた老人を発見、医院に運び込む。粘着物は老人を消化して巨大化、看護婦や医師まで消化してしまう。目撃したマックィーンの証言を誰も信じないうちに彼の父親の倉庫、食堂、映画館が次々と襲われ、ここに至って警察も本気になる。そしてマックィーンが閉じ込められた食堂で火を消すために使った消火器が効果を発揮し、弱点を掴む。

大がかりなセットも特撮もない、いかにもロー・バジェット(低予算)な作品だが、CGが発達して何でも見せてしまう現在の作品にない婉曲的な見せ方に却って面白味がある。
 例えば、序盤彼が現場を再チェックするために戻ろうとすると不良たちが絡んできてお話が一向に進まないのは尺稼ぎであることが見え見えながら、これにより観客がじりじりする効果があるので、退屈だけど面白い(笑)と言うべし。
 幕切れはこの時代の侵略SFの定石で、他愛ないものにより人類は救われる。

この幕切れを見ると、本作の10か月くらい後に公開される「大怪獣ガメラ」(1965年)と関連付けたくなる人もいるかもしれない。

半世紀前SF映画は継子扱いだった。良くも悪しくも今やSF映画が映画界を引っ張る。隔世の感あり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガメラ:映画の中のガメラたち 2016/09
 本日四本目の更新です。一本目「 第5週のフィギュア情報 」はこちら。 二本目「 第5週の小ねた 」にはこちらより。 三本目「 9月中・下旬の画像情報 」は、こちらから。 ...続きを見る
ガメラ医師のBlog
2016/10/01 19:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これはテレビで何回も観ました。
けっこうおもしろかったですね。
ねこのひげ
2016/09/25 15:13
ねこのひげさん、こんにちは。

全く大した作品ではないですけれど、他愛無いのが良いです。
モノクロと思っていたのにカラーでした。
オカピー
2016/09/25 21:39
オカピーさん、こんばんは。
珍しい作品をアップされてましたね。まるで、用心棒さんの記事のようです。
私はB級感満載で嫌いな作品ではないです。
特にマックィーンの青春期が、「アメリカン・グラフィティ」、「理由なき反抗」や「バック・トゥザ・フーチャー」でタイム・スリップした1950年代ロックン・ロールのアメリカの青春が感じられて楽しかったと記憶しています。

>今やSF映画が映画界を・・・
50年代もブームはあったのでしょうけれどカルト映画としての体系だったように思います。60年代半ばから「ミクロの決死圏」トリュフォーやゴダールが「華氏451」や「アルファヴィル」が下地をつくったのかな?とも思っています(やっぱ、ヌーベルバーグは凄いですよ(笑))。70年代初期の「アンドロメダ・・・」、「猿の惑星」「2001年宇宙の旅」、マイケル・クライトン、フィリップ・K・ディックなんかが映像化できるようになって全盛期の「スターウォーズ」や「未知との遭遇」あたりで市民権を得たんでしょうね。
こんなのがアップされていました。
      ⇓
https://www.youtube.com/watch?v=kvaJ7Y1Bsjo

では、また。
トム(Tom5k)
URL
2016/09/26 22:33
トムさん、こんにちは。

>用心棒さん
のように熱烈に書くことはできませんけれど、この手の映画は見る機会さえあればもっと取り上げたいのですが、なかなかやってくれないのですよねえ。
最近では、同じ時代の「ボディスナッチャー/恐怖の街」も書いています。

>「理由なき反抗」
SF版といったところでしたね。

>市民権
僕は一応「猿の惑星」と「2001年宇宙の旅」が発表された1968年をSFが市民権を得た年と考えていますが、それからSFは静かに推移しますので、「スター・ウォーズ」「未知との遭遇」の出た1977年と言って間違いないのかも。
それをリアル・タイムで知っている僕はじじいです(笑)

>「華氏451」「アルファヴィル」
二人ともジャンル映画に興味を覚えている人々が多いですから、早めに目を付けたのでしょうね。
同じ頃イタリア映画にもちらほらありますが、概ねエド・ウッドみたいな感じで、本格的なヌーヴェルヴァーグに遠い感じ。「ヌーヴェルヴァーグ畏るべし」ですか^^
オカピー
2016/09/27 21:37

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「マックィーンの絶対の危機」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる