プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ジョン・ウィック」

<<   作成日時 : 2016/08/13 08:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 9 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年アメリカ映画 監督チャド・スタエルスキ
ネタバレあり

WOWOWのパンフレットでの扱いが余りにも地味だったので見落とすところだったが、拾い物的なアクションである。星は☆☆☆でも、このタイプの作品でごくシンプルな内容だから、実は相当褒めている。

病気で愛妻を失った元ロシアン・マフィアの殺し屋キアヌー・リーヴズが、親分ミカエル・ニクヴィストの不肖の息子アルフィー・アレンに、彼女が死ぬ時に残してくれた犬を殺され愛車のマスタングを奪われたことから怒り心頭に発し、変な掟のある殺し屋専用のホテルに泊まって、警護を固めるアレンを狙い、仲の良いウィレム・デフォーや美人の殺し屋エイドリアンヌ・パリッキなど親分の派遣する殺し屋連中の攻撃をかわして、復讐に邁進する。

という単純至極なお話で、面倒くさい理屈もないから、きちんとアクションを見せてくれさえすればニコニコ見ることができる。とは言っても、同じ図式のアクションを延々と見せられると途中で退屈してしまうのが落ちだが、本作の場合、ガンファイト、格闘、カーアクション等と手を変え品を変え進行するので、飽きが来にくい。

今回が初メガフォンというチャド・スタエルスキという監督がスタントマン出身なので、アクションをしっかり捉えているのが何より良い。ミディアム・ショットからフルショットのアクションを数秒単位で見せてくれるので、1秒以下のカット割り(でしかもクローズアップ多用)が当たり前でアクションの醍醐味を全く無視する時代にあって、嬉しくならざるを得ないのである。 

お話全体は新味不足で最後も型通りながら、殺し屋御用達のホテルという設定は面白い。

犬は妻の代わりを果たす愛情や思い出のメタファーであるから、主人公が怒るのは当たり前。息子の言うような「たかが犬」ではない。それを親分は解っているが、息子可愛さの為に関係者が大勢死ぬ。考え方によってはシェークスピア的な悲劇である。

龍三と七人の子分たち」の詐欺師と同じへまをするバカ息子。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『ジョン・ウィック』
□作品オフィシャルサイト 「ジョン・ウィック」□監督 チャド・スタエルスキ□脚本 デレク・コルスタッド□キャスト キアヌ・リーブス、ミカエル・ニクビスト、アルフィー・アレン、       ウィレム・デフォー、ディーン・ウィンタース■鑑賞日 10月11日... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/08/13 09:13
ジョン・ウィック〜今もフェイクなキアヌ
公式サイト。アメリカ=カナダ=中国。原題:John Wick。チャド・スタエルスキ監督。キアヌ・リーヴス、ウィレム・デフォー、イアン・マクシェーン、アルフィー・アレン、ブリジット・ ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/08/13 09:55
ジョン・ウィック
マスタングどうなった? ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/08/13 10:49
映画:ジョン・ウィック John Wick  久々にキレキレのキアヌ・リーブス103分
キアヌ・リーブス主演。 元殺し屋が、妻の病死をきっかけに、再びその世界に戻らざる得なくなる フィルム・ノワール。 しばらくパッとしなかったキアヌ・リーブスだが、今作はマトリックスのスタッフも加わり、久々にキレキレのアクション! 無駄は徹底的にそぎ落と... ...続きを見る
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF ...
2016/08/13 19:40
ジョン・ウィック ★★★★★
『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に乗り出していく。メガホンを取るのは、『マトリックス』シリーズなどのスタントを務めてきた... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/08/13 20:21
「ジョン・ウィック」☆ありきたりと思ったら大間違い
『亡き妻の大切な忘れ形見の命を奪われた元殺し屋が、マフィアのボスに復讐を誓う』なんて在り来たりな設定を、今更キアヌ・リーブスでぇ??と思うなかれ。 スピード感溢れる新銃術ガン・フー(ガン+カンフー)と、最高にクールで本当にハードボイルド、興味深い裏社会の掟が新鮮な興味をそそるこの映画、まさかこんなに格好いいとは!! ...続きを見る
ノルウェー暮らし・イン・原宿
2016/08/13 23:05
『ジョン・ウィック』('15初鑑賞74・劇場)
☆☆★−− (10段階評価で 5) 10月17日(土) OSシネマズ ミント神戸 シネマ8にて 15:00の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/08/15 14:42
闇の男/ガン・フー? キアヌ! 〜『ジョン・ウィック』
 JOHN WICK ...続きを見る
真紅のthinkingdays
2016/08/19 12:55
「ジョン・ウィック」
リズムのある作品が好きである。今回は「殺しのリズム」。お約束な復讐劇の設定で、21世紀の世には存在しないような殺しのルールが存在し、しかしなんとまあカッコよかったことか!「キアヌ・リーブス完全復活」である。何から復活したのかはこの際問うまい。いやいやキアヌ・リーブス本当にカッコよかった!ガンファイトのシーンだけでももう一回観たい位だ。あー、息子がキアヌ・リーブスみたいな顔だったらなぁ!しかしもちろん息子はキアヌ・リーブスみたいな顔ではないし、私も男にその生業を捨てさせるようなブリジット・モナハン... ...続きを見る
ここなつ映画レビュー
2016/08/22 12:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
どうも、どの世界でも二世というのは碌でもない奴が多いようですな。
愛する犬を殺されて復讐するという話は小説にもありまして、アンドリュー・ヴァクスという小説家の私立探偵バークシリーズがありますが、現在は絶版のようであります。
詩情豊でよい小説なんでありますがね。
ねこのひげ
2016/08/14 11:34
ねこのひげさん、こんにちは。

残念ながら作品の質とヒットは一致しませんねえ。
オカピー
2016/08/14 22:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ジョン・ウィック」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる