プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「夫婦フーフー日記」

<<   作成日時 : 2016/07/08 09:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

☆☆★(5点/10点満点中)
2014年日本映画 監督・前田弘二
ネタバレあり

ブログ・ペンネーム川崎フーフ(本名・清水浩司氏とその細君の共同ペンネーム)のブログを映画化したドラマ。

友達関係17年だった佐々木蔵之介と永作博美が漸く結婚、妊娠が判明した途端に細君が直腸がんと診断され、子供を産んだ後凡そ1年半の結婚生活で彼女はこの世の人でなくなる。

原作はその間の闘病記ということになるが、それだけでは映画としていかにも知恵がないので、林民夫と共同で脚本を書いている監督・前田弘二は、夫君がブログの小説化に躍起になっているところへ細君の幽霊が現れ、「あれが事実と違う」「これがないのはおかしい」などと難癖を付けるという第三者的に自分たちを見つめる趣向を加える。

こうしたやりとりのうちに自覚のできた主人公は音楽記者として勤務する会社を辞めて実家のある岩手に戻り、本格的にライターの仕事をすることにする。

解釈上は幽霊ではなく、精神的に自立しきれない夫君の見る幻想と考えるべきだが、ライト・コメディーなのでその辺は余り深く追求しなくても良いだろう。

ただ、前述通り、基本となるお話が映画として観るには平凡、そこへ幾らアングルをつけてみても限度があり、さほど楽しめないまま終わる。どちらかと言えば共感できる主人公の立場であるが、それだけで良い映画と褒めるほど僕は甘くない。飄々とした感じは悪からず、死病映画を重くしなかったのは一応の殊勲と言うべし。

余り書くことのない映画でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夫婦フーフー日記
ハンバーガーのぱくつき=生きたい 公式サイト。川崎フーフ原作、前田弘二監督。佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗、梅沢昌代、大石吾朗、吉本選江、宇野祥平 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/07/08 10:35
夫婦フーフー日記 ★★★
妊娠直後の妻に悪性腫瘍が見つかった夫婦の育児と闘病生活をつづる実在のブログから生まれた「がんフーフー日記」を実写映画化。映画化に際し大胆な設定が加えられ、育児と仕事に孤軍奮闘するダンナの前に死んだはずのヨメが現れ、二人で共に歩んできた日々に思いをめぐらせ... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/07/08 17:09
『夫婦フーフー日記』
□作品オフィシャルサイト 「夫婦フーフー日記」 □監督 前田弘二□脚本 林民夫、前田弘二□原作 川崎フーフ□キャスト 佐々木蔵之介、永作博美、佐藤仁美、高橋周平、並樹史朗■鑑賞日 5月31日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 出会って17年目にしてようやく結婚したコウタ(ダンナ:佐々木蔵之介)と ユーコ(ヨメ:永作博美)。 入籍直後に子供を宿したが、その後ヨメが直腸癌に。 夫婦の一大事を、自分のブログで報告するダンナ。 それは夫婦の闘病記... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/07/08 18:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、ブログなどが映画化されるケースが多々ありますね。
現実に起きた話だから面白おかしくするわけにはいかないので幽霊を登場させたんでしょうけど・・・それでもね。
ねこのひげ
2016/07/10 16:50
ねこのひげさん、こんにちは。

まあ、ケータイ小説の親戚みたいなものでしょう。
幽霊はアングルですけれど、土台に限度があるので、そう面白くならなかった、というのが僕の印象でした。
オカピー
2016/07/10 17:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「夫婦フーフー日記」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる