プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「ボヴァリー夫人とパン屋」

<<   作成日時 : 2016/07/06 09:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆☆(6点/10点満点中)
2014年フランス映画 監督アンヌ・フォンテーヌ
ネタバレあり

フローベールの「ボヴァリー夫人」は高校生の時に読んだ文学史上最も重要な小説の一つで、フランスだけでなくアメリカなどでも映画化されてきた。本作は文学者に多大な影響を与えた同作を土台にしたポージー・シモンズのグラフィック・ノベルを女流監督アンヌ・フォンテーヌが映画化したシニカル・コメディー。

パリの出版社を辞めてノルマンディーの自宅に戻り家業のパン屋を引き継いだ中年マルタン(ファブリス・ルキーニ)は「ボヴァリー夫人」を愛読している。そんなある日、隣に小説のヒロイン、エマ・ボヴァリーと似た名前の英国既婚女性ジェマ・ボヴァリー(ジェマ・アータートン)が引っ越して来る。彼女にメロメロになったマルタンは妄想を膨らませていくが、夫チャールズ(ジェースン・フレミング)が不在の間ボヴァリー夫人の相手になるのは自分ではなく法学の勉強に豪勢な洋館にやって来た若者エルヴェ(ニールス・シュナイダー)。
 これを知って小説の展開通りに夫人が死んでしまうのではないかと思うようになった彼は、彼女が使う殺鼠剤や若者を遠ざける。すると今度は昔の恋人パトリック(メル・アイド)が現れるが、こちらに関しては心配無用で彼女自身がなびかない。

ある日マルタンは自分が作ったパンを隣家の前に置く。諦めないパトリックがそのパンを持ってジェマの前に現れる。二人が淫靡な行為をしているところへチャールズが戻り、パトリックを倒す。その間にジェマは倒れて死ぬ。死因はマルタンのパンによる窒息である。死因を知り、パンを贈ったマルタン、パンを食べる彼女に言い寄ったパトリック、パンを吐き出させようとした彼を行為中と勘違いして邪魔したチャールズ三人とも後悔にうち沈み、同病相憐れむ。
 という幕切れがシニカル千万で、事故死とは言え、一種の共犯意識を持つという展開にニヤニヤさせられてしまう。悲劇だけれども、笑えるわけで、これを見せるのが本作の眼目なのではないかと思える傑作ぶり。

しかも、おまけが付いていて、また隣に美人が引っ越してくる。息子の言うには彼女の名はアンナ・カレーニナ。これは父親の文学好きを知っている息子のジョークなのだが、そうとは知らないマルタンは彼女に接近していく。前段が誠に冴えているので、些か屋上屋を架す感じがなくもないが、彼の文学好きという設定が大いに効いた嬉しい幕切れと言うべきだろう。

アンヌ・フォンテーヌらしいエロティックな描出も実はなかなかにコミカルな印象を伴っていて、これまた面白い。さすがはフランス映画といったところで、前半が些かまだるっこく感じたため抑えた採点以上に楽しんだ次第。

偶然にもフローベールの別の代表作「ブヴァールとペキュシェ」を読んでいる。明日読み終わりそう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ボヴァリー夫人とパン屋
【概略】 マルタンの営むパン屋の向かいに、愛読書の「ボヴァリー夫人」さながらのイギリス人夫妻が越してくる。マルタンは奔放な夫人から目が離せなくなり…。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2016/07/06 14:58
映画・ボヴァリー夫人とパン屋
原題 Gemma Bovery2014年 フランス ...続きを見る
読書と映画とガーデニング
2016/07/06 16:22
ボヴァリー夫人とパン屋
原題 GEMMA BOVERY 上映時間 99分 映倫 R15+ 製作国 フランス 監督 アンヌ・フォンテーヌ 出演 ファブリス・ルキーニ/ジェマ・アータートン/ジェイソン・フレミング/ニールス・シュナイダー/ピップ・トレンス/メル・レイド ...続きを見る
to Heart
2016/07/06 16:53
ボヴァリー夫人とパン屋★★★★
フランス文学の古典「ボヴァリー夫人」をモチーフにした、絵本作家ポージー・シモンによるグラフィックノベルを『美しい絵の崩壊』,「ココ・アヴァン・シャネル」のアンヌ・フォンテーヌ監督が映画化。 フランス西部ノルマンディーの小さな村で稼業のパン屋を継ぎながら平凡... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/07/06 20:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いかにもフランス映画らしい作品でありましたね。
やはりその国独特の味わいのある作品を少しでいいから作って欲しいものであります。
ねこのひげ
2016/07/10 16:54
ねこのひげさん、こんにちは。

ドラマはまだ幾分かお国柄が出ますけれど、ジャンル映画は本当に個性がなくなりましたね。日本のサスペンスは相変わらずぐだぐだしているのが多いですけど、カメラのタッチなどは余り個性がなく、つまらない要因。
オカピー
2016/07/10 17:32

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「ボヴァリー夫人とパン屋」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる