プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「バケモノの子」

<<   作成日時 : 2016/07/25 09:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 7 / コメント 2

☆☆☆★(7点/10点満点中)
2015年日本映画 監督・細田守
ネタバレあり

技量的に言っても細田守監督は宮崎駿の後継者たる資格を持つと思うが、本作など宮崎作品と言われればそのまま信じてしまいたくなるほど共通性がある。

父親と離婚した母親を交通事故死で失った9歳の少年・蓮(声:宮崎あおい)は、専横的な伯父に引き取られるのを嫌って渋谷を彷徨するうちに動物態の化け物が暮らす異空間・渋天街に紛れ込む。そこでは宗師の後継者を決める決戦の日が近づいていて、断然有利と思われている猪王山と共に暴れん坊の熊徹(声:役所広司)が候補に名乗り上げている。少年は自分と同じような孤独を感じさせる熊徹に師事して強くなることを目指す。

やがて少年は、熊徹、その知己たる多々良(声:大泉洋)、僧侶・百秋坊(声:リリー・フランキー)と宗師歴訪の旅に出、色々な強さがあることを知った後、師匠を徹底して真似することで部分的に師匠を超え、ある意味切磋琢磨する関係を築いていく。
 扱いとしては10分にも満たない歴訪のシークエンスが、本作全体の主題を要約している。格闘に強いだけが強さではない。彼が中盤以降17歳になって(声:染谷翔太)、渋谷と渋天街との間を自由に往復できるようになった後、進学校の女子高生・楓(声:広瀬すず)に支援されて勉学に勤しむのも別の強さである。暴力に訴えたいところを抑える(心の闇と戦う)のも強さである。映画は後半クライマックスに近づくに従って肉体的力に頼らない強さが控えめに主張されていく。

細田監督にまだ宮崎監督に及ばないところがあるとしたら、こうした観念(形而上)的な主題に伴って物語まで形而上的と感じられてしまうところだろう。宮崎監督は形而上的主題を徹底した形而下的な解りやすい物語により浮かび上がらせるのが天才的に上手い。逆に言えば、子供向けのように解りやすく作られていても、宮崎アニメは殆どの実写映画より大人っぽいのである。

宮崎アニメの特徴とも言えるのは本歌取りの面白さ(例:「となりのトトロ」←「ピーター・パン」)だが、本作が宮崎アニメを思わせるのは、「西遊記」から本歌取りしている点である。登場人物と性格をばらして換骨奪胎、再構築したのが本作と言えば当たらずと雖も遠からずで、四人が旅に出る中盤のシークエンスは「西遊記」そのもの。隣接する異空間を描いた宮崎アニメ「千と千尋の神隠し」から本歌取りしているような感じもあり、このようにして細田監督は宮崎駿監督の後継者となっていくのだろう。

蓮(れん)=九太が愛読する「白鯨」は我が家にもある講談社の世界文学全集第15巻(下の画像参照)。全てそのままなのが微笑ましい。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(7件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
バケモノの子
熊徹かっこいいよ熊徹(´;ω;`)ブワッ   ...続きを見る
Akira's VOICE
2016/07/25 10:50
バケモノの子〜楓=一郎彦?
ネバーエンディング・ストーリーと何気に似ている 公式サイト。細田守監督。(声)役所広司、宮崎あおい、染谷将太、広瀬すず、大泉洋、リリー・フランキー、津川雅彦、山路和弘、 ... ...続きを見る
佐藤秀の徒然幻視録
2016/07/25 12:52
バケモノの子
【概略】 ある日、バケモノ界に迷い込んだ人間界の少年はバケモノの熊徹と出会う。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった。 アニメーション ...続きを見る
いやいやえん
2016/07/25 14:42
バケモノの子 ★★★.5
『サマーウォーズ』などの細田守が監督を務め、人間界とバケモノ界が存在するパラレルワールドを舞台に孤独な少年とバケモノの交流を描くアニメーション。人間界「渋谷」で一人ぼっちの少年と、バケモノ界「渋天街」で孤独なバケモノ。本来出会うはずのない彼らが繰り広げる... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/07/25 14:43
『バケモノの子』
□作品オフィシャルサイト 「バケモノの子」□監督・脚本 細田 守□キャスト(声の出演) 役所広司、宮浮おい、染谷将太、広瀬すず■鑑賞日 7月17日(金)■劇場  TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 細田監督が『おおかみこど... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2016/07/25 18:58
バケモノの子
気のせいか、細田ワールドが、どんどんジブリ化してるような気さえしますね。 ...続きを見る
のほほん便り
2016/07/26 08:43
『バケモノの子』('15初鑑賞54・劇場)
☆☆☆☆− (10段階評価で 8) 7月11日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 15:40の回を鑑賞。 ...続きを見る
みはいる・BのB
2016/07/26 11:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
このあたりになるとアニメが実写を超えたと言えますね。最近の実写がアニメより稚拙になっているのも悲しいですが・・・
『白鯨』は完訳を読んでビックリしましたがね。児童向けと内容がかなり違ってました。
シロナガスクジラなんてよく知られてなくてマッコウクジラが最大種として書かれてましたね。
ねこのひげ
2016/07/31 06:15
ねこのひげさん、こんにちは。

アメリカ映画も似たようなものですが、実写映画が情けない状態ですよね。
ターゲットが若すぎると言うか。

>『白鯨』完訳
右に同じ。
上の写真は完訳ですが、クジラに関する百科事典の様相で、その残りが子供時代に読んだエイハブらの物語でしたね。
確かにマッコウクジラが最大と書かれていました。
オカピー
2016/07/31 20:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「バケモノの子」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる