プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「JIMI:栄光への軌跡」

<<   作成日時 : 2016/07/15 07:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

☆☆★(5点/10点満点中)
2013年イギリス=アイルランド=アメリカ合作映画 監督ジョン・リドリー
ネタバレあり

1970年9月27歳の若さで死んだ不世出のギタリスト、ジミ・ヘンドリックスがスターダムに上るまでの1年を描いた伝記映画である。

1966年7月ニューヨーク、クラブでブルース・ミュージシャンのバックで演奏していたヘンドリックス(アンドレ・ベンジャミン)は、キース・リチャーズの恋人リンダ・キース(イモジェン・プーツ)により、アニマルズのベーシストであるチャス・チャンドラー(アンドリュー・バックリー)に紹介され、彼のマネージングにより英国へ渡る。
 チャンドラーの指揮の下ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスが結成され、67年5月英国ではほぼ満足できるスタートを切るが、母国アメリカでは全く無視される。その頃から英国に渡った直後からの恋人キャシー・エッチンガム(ヘイリー・アトウェル)との関係もおかしくなってくるが、6月4日のサヴィル・シアターで二日前に発売されたばかりのビートルズの新LP「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」のタイトル曲を披露して大好評を博す。

映画はここで終わるが、ここでの演奏が失敗すればその後のモンタレー・ポップ・フェスティヴァルの出場もなく、その後の大成があったかどうかということがよく示されている。きっとジミ・ヘンのファンにはよく知られたお話なのであろうが、レコードはよく聴いても彼の人生に興味がない僕は全く初めて知る。

映画としてはエピソードの繋いだだけという感が否めず甚だ物足りないものの、彼がジャンルや既成概念という枠を嫌っていたことがよく解り、頷かせるものがある。だから1969年ウッドストックでの「アメリカ国歌」の演奏もあのようになる。

ジミ・ヘンに受話器で殴られたキャシーを助けるのはジョン・レノンとポール・マッカートニーだったらしい(が、全く似ていないので分からなかった)。モンタレーの彼の出場を強く推したのは、英国担当みたいなことをしていたポールであり、ポールも彼のスターへの軌跡を作った功労者の一人と言っても良いのかもしれない。ビートルズ・ファンとしては嬉しい話だ。
 ボブ・ディランへの傾倒は僕の想像以上(映画を見ると66年に発表された「ブロンド・オン・ブロンド」を携えて渡英している)。

ジミ・ヘンを演じていたのはアンドレ・ベンジャミンという人だが、彼のギターを実際に弾いたのはワディー・ワクテル。映画への全面的参与を希望して果たせなかったジミ・ヘンドリックスの著作権利者が認めなかったので、彼の本当の演奏は映画の中では一切聞けないのである。全くバカらしい。

1970年ビートルズが解散、ジャニス・ジョプリンも死んだ。翌年ジム・モリソンも死ぬ。ジミ・ヘンを含むこの3人のJは全員満27歳で死んでいる(69年にブライアン・ジョーンズが死んだのも27歳。彼もJのイニシャルを持つ)。ロックのある時代が終わったのが1970年なのだと思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
最近過去のセレブを扱ったドキュメンタリーが多いなと感じてます。
歌手関連ではエイミー・ワインハウスのドキュメンタリーの最新作の中にありましたね。因みに彼女も27歳で亡くなったそうです。死因は皆さんと同じアレみたいですけど・・・()。

僕も特にジミヘン・ファンではなかったので、思い出すのは「♪紫の煙」と歯で演奏していたパフォーマンスかな。
十瑠
2016/07/15 11:26
>ドキュメンタリーの → ドキュメンタリーが

最近助詞の間違いが多いなぁ。
すんません。
十瑠
2016/07/15 11:29
十瑠さん、こんにちは。

世界的にネタがなく、伝記や実話が目立つ今世紀の映画界です。
俳優より歌手が多いのは、どういう理由なんでしょうかね? やはり麻薬やアルコールの絡み方が尋常でないからでしょうか。音楽自体がプラスαになるというのもあるのかな。

>ジミ・ヘン
「サージェント・ペッパー」も歯で演奏し、背中で演奏していました。これがこのスタイルの初披露だったようです。
後には楽器を燃やすパフォーマンスもありましたね。ELPもやっていましたが、どちらが早いのだろう?

>助詞の間違い
いやいや、こちらも恐ろしい間違いの連続。
今日朝出かける用があって慌てて書いたせいもあって、人名は間違えるわ、ジミが地味になっているわ、で帰宅後こっそり修正しました^^;
オカピー
2016/07/15 21:52
偶然とは思えない不思議な符合でありますね。
彼の演奏を使って欲しかったですね。
ねこのひげ
2016/07/18 17:07
ねこのひげさん、こんにちは。

>不思議な符号
面白いですよねえ。リンカーンとケネディーの様々な符号みたい。

>彼の演奏
著作権料がもらえるのだから、そんなに欲張らなくても良いと思いますがねえ。
いくら上手くても本人でないのは寂しいですよ。
オカピー
2016/07/18 20:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「JIMI:栄光への軌跡」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる