プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画評「雪の轍」

<<   作成日時 : 2016/06/03 09:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 4 / コメント 2

☆☆☆☆(8点/10点満点中)
2014年トルコ=ドイツ=フランス合作映画 監督ヌリ・ビルゲ・ジェイラン
ネタバレあり

30年ほど前ちょっとしたトルコ映画ブームがあり、そのきっかけとなったのがユルマズ・ギュネイ監督の「路」であった。それから30年余りしてかの作品と同じパルム・ドール(「路」はグランプリだが、現在のパルム・ドールに相当、現在のグランプリとは違う)を受賞したこのトルコ映画はかなりの高踏派ぶり。基本的にはオーソドックスなドラマ映画であるが、その圧倒的な会話量に辟易する御仁もいらっしゃるにちがいない。

冒頭の風景から舞台はカッパドキアと解るが、岩をくり抜いて作ったホテルを父親から譲り受けて経営、実務を代理人に任せて著述業に勤しんでいる初老男性アイドゥン(ハルク・ビルギネル)が主人公。
 まず、彼の持つ家を借りている一家から家賃が貰えないことから失業中の戸主イスマイル(ネジャト・イスレーシュ)との間でいざこざが起きる。
 彼はコラムの読者からある施設建設の為に寄付の要望を受けるが、小学校建設の為の寄付による支援活動を行っている若い妻ニハル(メリッサ・スーゼン)は同種の話なのに否定的な反応を示し、出戻りの妹ネジラ(デメット・アクバッグ)も同調する。二人の女性は「悪には無抵抗で対応、そうすれば悪者が改心する可能性がある」という意見でもほぼ一致する。

映画は後半、前半でじっくり示されたこれらの要素を組み合わせて展開させるのであるが、ベースはアントン・チェーホフの短編小説「妻」と「善人」らしい。チェーホフをご贔屓の作家としている僕は不本意ながら共に読んでいない。何しろ文学であるか否かを問わず全世界の古典を全て読もうとしているから時間が足りないのだ。
 そうした先入観がなかった故、チェーホフよりしかつめらしい作品の性格から寧ろドストエフスキーを感じると同時に、それだけでなく、主人公を演じているビルギネルがドストエフスキーその人を演じられそうだなあと彼が出てくるたびに内容に関係ないことを考えていた。

さて、上の要素がいかにまとめられているのだろうか?
 価値観の違いで尽く妻と対立しているアイドゥンはイスタンブールに逃げる前に彼女に大金を寄付する。妻はそれを学校の寄付に回さず、かのイスマイルの一家に贈呈する。しかし、彼はそれを火にくべてしまう。
 彼女は夫の指摘した自分の甘さを認識することになるのだが、同時にその大金はもしかしたら彼が考えた最初の施設のための寄付になったかもしれず、彼らの価値観の差が有効に使われたかもしれないお金を灰燼にしてしまった虚しさも少し漂わす。

お金を火に投げ込む行為(ここにおいて妻が悪の立場にある)が、善と悪の対立を基調とする作者ヌリ・ビルゲ・ジェイランの包括的な哲学の一端を端的に或いは象徴的に示し、その点においてドストエフスキーらしいと言うなら、それが残す苦々しさ・虚しさはチェーホフ的と言えるかもしれない。

ドストエフスキーの晩年にロシアと戦ったトルコからこういう映画作家が出てくるのは歴史的皮肉と言うべきか。ちと大袈裟でしたかな。いずれにしてもスケールの大きな作家登場の感あり。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
雪の轍(2014)
DVD5枚借りてきた中の1本。 トルコ映画。 2014年カンヌのパルムドール。 しちめんどくさいカンヌの一番偉い勲章もらった作品。 暗いんだろうなぁ 何分もかけて画面の右端から ... ...続きを見る
映画と暮らす、日々に暮らす。
2016/06/03 12:02
雪の轍
【概略】 カッパドキアで洞窟ホテルのオーナーとして裕福に暮らすアイドゥン。しかし、妻とも出戻りの姉ともうまくいかず、賃借人とはトラブル続きだった。冬になり雪がホテルを覆い尽くすと…。 ドラマ ...続きを見る
いやいやえん
2016/06/03 15:00
雪の轍 ★★★
第67回カンヌ国際映画祭パルムドールを受賞した、現代トルコ映画界をけん引するヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督による人間ドラマ。世界遺産カッパドキアを舞台に、ホテルのオーナーで元舞台俳優の主人公と美しい若妻との生活、出戻りの妹との愛憎、家賃を滞納する聖職者一家... ...続きを見る
パピとママ映画のblog
2016/06/03 20:06
一年遅れのベスト10〜2016年私的ベスト10発表〜
 群馬の山奥に住み、体調も万全とは行かず、WOWOWを中心にした映画鑑賞生活ですので、僕の2016年私的ベスト10は皆様の2015年にほぼ相当する計算でございます。  スタンスとして初鑑賞なら新旧問わず何でも入れることにしていており、その年の状況によってはとんでもない旧作を入れることがあります。昨年はYouTubeでサイレント映画の秀作を幾つか観ましたが、果たして? ...続きを見る
プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]
2017/01/16 09:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ドフトエフスキーかチェーフォフか・・・・
カッパドキアというだけで観てしまいました。
芸術的映画でありますな〜
次はどんな映画を作ってくれるか?
大いなる期待。
ねこのひげ
2016/06/06 10:29
ねこのひげさん、こんにちは。

日本人はこういう高級な論議はできないなあ。
旧作もあるようなので、見られると良いと思います。
オカピー
2016/06/06 20:16

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画評「雪の轍」 プロフェッサー・オカピーの部屋[別館]/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる